TOP>ニュース > 犬の「秋バテ」にご用心!症状や知っておきたい体調管理のポイントまとめ

  • ニュース

犬の「秋バテ」にご用心!症状や知っておきたい体調管理のポイントまとめ

犬の「秋バテ」にご用心!症状や知っておきたい体調管理のポイントまとめ

落ち葉の上でたたずむ大型犬

夏の暑さもようやく和らぎ過ごしやすくなった今の季節、意外と多いのが「秋バテ」です。

実は犬にも秋バテといわれる症状があり、多くの飼い主さんが注意するであろう夏バテと違って、見落としがちという危険性があります。

今回は、そんな犬の秋バテについて、主な症状や原因、対処法をまとめてご紹介します。

犬の秋バテとは?

落ち葉の上で寝ている犬

暑さが続いて食欲が低下したり、熱中症になってしまうのが夏バテ。そして、過ごしやすい気候になってきた頃に起こるのが秋バテです。

秋バテの主な要因は、夏の疲れが残り体力が低下しているときに訪れる、秋特有の気候といわれます。

朝昼晩の激しい寒暖差に体がついていかず、長雨や台風による気圧の変化で自律神経が乱れ、犬も秋バテを起こしてしまうことがあるのです。

比較的体調不良が目に見えやすい夏バテに比べると、「なんとなくだるそう」「お散歩に行っても疲れやすくなった」など軽めの症状に見えることも多いです。

ただし、秋バテはずるずると後を引いてしまいがちなので、放置しているうちに下痢や嘔吐が続くようになったり、免疫力が落ちて別の病気を引き起こしてしまうことも!

愛犬の様子をしっかり観察して、たかが秋バテと侮らず必要であれば動物病院へ連れて行くなど早めの対処をしてあげたいものです。

食欲不振や下痢…犬の秋バテの主な症状

タオルにくるまる犬

犬が秋バテになってしまったときに起こる主な症状をまとめました。

①食欲がない

気温が落ち着く秋は、夏に落ちていた食欲が戻る犬がいる一方で、秋バテによる食欲不振の症状が出てしまう犬もいます。

いつものご飯をよく残す、大好きなおやつに反応しないなどの場合は要注意です。

秋バテ中は胃腸が本調子ではないため、胸やけや胃もたれを起こしていることもあります。

あまりご飯を食べない日が続くと体重や免疫力も落ちてしまうので、特に抵抗力の弱い老犬の場合は早めに対処してあげましょう。

②元気がない、だるそう

なんとなく元気がない日が続いたり、動くのが億劫そう、名前を呼んでも来ない、やたらとよく寝る、などの場合も、秋バテの可能性があります。

普段は散歩好きなワンコなのに、あまり歩きたがらないというのであれば、自律神経のバランスが崩れたことで体がだるいせいかもしれません。

③下痢や嘔吐をする

消化機能の低下は、犬・人共通の秋バテの主な症状です。

胃もたれや胸やけが悪化すると嘔吐してしまうこともあるので、愛犬が食事のたびに吐いたり、胃液を吐いたりしている場合は早めに動物病院へ連れて行きましょう。

腸の不調から下痢や軟便、もしくは便秘になってしまうこともあるため、排泄物のチェックも欠かさないようにしましょう。

秋バテが室内犬に多いと言われるのはなぜ?

毛布に寝ている2匹の犬

秋バテの原因の一つである「気温」ですが、一般的に犬にとっての快適な室内温度は22℃前後といわれています。(※)

室内犬の場合、夏の間は一日中エアコンがついた適温の部屋で過ごしていたという子が多いでしょう。

しかし秋になり、人間にとって心地よい気候になりはじめると、エアコンをつけることがなくなります。今までほぼ一日中適温で過ごしていた犬の体にとっては、それが思いのほか体の負担になってしまうことがあるのです。

この時期の天気予報を見ていると、最低気温と最高気温の差が15℃近くある地域もあり、朝晩は寒いのに昼間は汗ばむ暑さになることもあります。さらに、日ごとに気候がコロコロ変わるので、今日は夏日、明日は冬並みの寒さ…なんて週もありますよね。

もともと犬は体温調節が苦手な動物ですが、快適な室温にすっかり慣れてしまった室内犬にとっては、余計に秋の温度差は体へのストレスが大きくなってしまうのです。

※犬種や年齢によっても異なります

愛犬が秋バテになってしまった時の対処法

「秋バテかな?」と感じたら、早めに対処してあげるのが悪化させないポイントです。愛犬が秋バテになってしまった時にできる対処法をまとめました。

①しっかり水分補給させる

暑い時期には積極的に水を飲んでいたワンコも、秋になるとあまり飲まなくなることがあります。

食欲が低下している犬やシニア犬の場合は余計に、脱水症状を起こさないためにも水分補給はしっかりさせましょう。

普通にウォーターボウルを置いていても飲んでくれないのであれば、何度かスポイトなどを使って口元に持っていくと飲む習慣をつけてくれることがあります。他に、水に肉を茹でたゆで汁やウェットフードの汁を混ぜて味と匂いをつける、犬用スープや犬用ミルクを飲ませる、などの方法も有効です。

食欲がある子の場合は、ドライフードに肉のゆで汁を混ぜたり、1食ウェットフードにするなど食事から水分も一緒に取り入れる方法が良いでしょう。

②できるだけ寒暖差を少なくする

床の上のバスマットの上で寝ているチワワ

朝昼晩の寒暖差をできるだけ緩和させてあげることで、体の負担を減らすことに繋がります。

特に秋の夜は思った以上に寒いことがあるので、寝床に毛布を用意したり、洋服に抵抗のないワンコであれば夜は服を着せるなども有効です。

反対に、昼間は驚くほど気温が上がる日もあるため、飼い主さんが出かける前には天気予報をチェックして留守番中の暑さ対策をしてあげておいてください。

必要であれば秋でもエアコンをつけて、できる限り犬にとっての適温を保つようにしてあげましょう。

③散歩や遊びで運動させる

景色の良い場所を散歩している犬と飼い主

散歩や遊ぶ元気があるのであれば、適度な運動は自律神経を整える作用があるのでおすすめです。運動による食欲増進やストレス解消も期待できるので、秋バテに効果的といえます。

いきなり運動量を増やすのではなく、夏に減らした散歩時間を少しづつ元に戻すなどして、愛犬の体力回復をサポートしましょう。

④食事は無理をさせない

秋バテ中は消化機能が弱っているため、食欲がないからといって無理に量を食べさせたのでは逆効果です。消化不良を起こして嘔吐や下痢をしてしまう恐れもあるので、焦らず、少しずつ食事量を回復させていきましょう。

いつものフードを食べてくれない場合、たんぱく質が豊富なササミなど、愛犬の嗜好性が高くて栄養のあるものを与えてみてください。犬が食べられる野菜や果物などは、水分補給にもなるので試してみると良いでしょう。

ただし、おやつなどばかりを食べさせていると栄養が偏ってしまうので注意しましょう。

愛犬の秋バテ予防のためにできること

ブラッシングされている長毛犬

秋バテになってしまったときの対処法は、そのまま秋バテ予防の対策としても有効です。

  • マメに水分補給をさせる
  • 室内の寒暖差を少なくする
  • しっかり運動をさせる
  • 栄養のあるものを適量食べさせる

 

その他に、秋バテによる免疫機能の低下と空気の乾燥が相まって、皮膚病を引き起こしてしまうことがあります。

秋は換毛期のため抜け毛が多いので、いつもより丁寧に愛犬をブラッシングをして、できるだけ皮膚を清潔に保ち皮膚病を予防しましょう。

秋は犬も体調管理に気をつけよう

紅葉の中を散歩する犬

秋は心地良い気候ですが、一方で不安定な天気や気圧によって体調を崩してしまいがちな季節です。

人間でも、この時期はいつもだるさや頭痛に悩まされているという方も少なくないでしょう。

季節の変わり目である秋は、犬も人も、いつも以上に体調管理に気をつけたいものですね。

文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

意外すぎる!?ハイエナは犬と猫、どっちの仲間? (11.29)

  • ニュース

愛犬がわざと粗相…やめさせるために今すぐできる対処法って? (11.29)

  • ニュース

毎月定期的にお届け!ドッグウェアのサブスク「HAPPY DOGGY CLOSET」 (11.28)

  • ニュース

【獣医さんが勧める愛犬トレーニング】今日からやろう!愛犬のトイレトレーニング (11.28)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る