TOP>ニュース > 現役の獣医師が書いた!犬愛にあふれた飼育書「いぬ大全304」

  • ニュース

現役の獣医師が書いた!犬愛にあふれた飼育書「いぬ大全304」

犬種別で悩みを解決!いぬ大全304【ブックナビ】

「愛犬の幸せと健康は飼い主さんが9割」という帯の文字が胸に突き刺さる、犬愛にあふれた飼育書が登場しました。現役の獣医師・藤井康一先生が書いた「いぬ大全304」です。

藤井先生のTwitterをフォローしている犬の飼い主さんは多いでしょう。毎日掲載されているペットに関するアドバイスに、たくさんの気づきを与えてくれます。

新刊書は小型犬から大型犬まで、犬種別の悩みも解説してくれるという、かゆいところに手が届きすぎる一冊となりました。犬の飼い主さんはもちろん、これから飼いたいと思っている人も、昔飼っていて新しい情報を手に入れたい人も、ぜひ手に取って欲しい内容です。

飼い主さんの目線で書かれているからわかりやすい!

特に著者が現役の獣医師なので、病気や不調のサインが具体的で、あくまでも飼い主さん目線なのが特徴です。たとえば、「犬と危険」の章では単に観葉植物が犬にとって危険であるという説明だけでなく、花瓶の水も危険であると書かれています。具体的に指摘されるとハッとする人は多いのではないでしょうか。

また、「犬とくらし」の章で、犬には鎖骨がないため、前足付け根、人間でいう肩の位置を酷使しがちです、と紹介されています。きっとこれまでの飼育書だったら、単に「頸椎ヘルニアに注意しましょう」という文章だけ表現されていたでしょう。

藤井先生はなぜ頸椎ヘルニアになりがちなのかを、人間との骨の違いで説明してくれた上、「たとえば、飼い主さんを見上げる動作、飛び下りや飛び上がりのときもそうですね。こりが首の筋肉にも影響し、犬には頸椎ヘルニアになる子が多いです」と、どういう状態が犬にとって辛いのか、わかりやすく説明してくれました。犬愛にあふれていて、嬉しくなってしまいます。

分かりやすいだけでなく、とても親切なのもこの本の特徴のひとつです。「おやつは別腹にしない!総摂取カロリーの10%以内に抑えてください」という見出しの内容では、飼い主さんの本音「わかっちゃいるけど、やめられない~」の声が聞こえてきます。

藤井先生はそうした飼い主さんの本音を受け止めてくれて、「大切なのはおやつの特別感。ちぎって少量にできるジャーキーやチーズを」と具体的にどうすればよいかの指針を与えてくれるのです。

解決方法をきちんと提示してくれるから安心

犬の飼育書を読んでいると、「それは分かったけど、じゃあどうすればいいの?」「具体的に、他の方法は無いの?」といつも不満に感じてしまいます。

ありがちなのが、「獣医さんに相談してみましょう」で、私は「獣医さんに相談できるなら、本なんて買ってないってば」と本をぶん投げたくなったことが、これまで何回もありました。藤井先生はそうした迷える飼い主さんに、具体的な方法を提示して、優しい手を差し伸べてくれました。

他にも飼い主さんならば「そうだったのか」と激しく膝を打つ場面がたくさん。「駆除剤は犬が届かない場所へ。ホウ酸団子のニオイを犬は好みます」「(愛犬が入院したら)できるかぎり毎日、お見舞いに来てください。飼い主さんとの触れ合いで治癒能力があがります」と、見出しを紹介するだけで、他の飼育書とちょっと違う犬愛を感じられるはずです。

優しいイラストも豊富で、手に取って好きな項目をパラパラ眺めるだけでも楽しい本です。愛犬家の皆さんにはこの秋ぜひお薦めしたい一冊です。

今回、ペットゥモローの犬の飼い主さんへ著者の藤井先生からコメントをいただきましたのでご紹介しましょう!

犬たちと楽しく幸せな生活を長続きさせるために

ペットゥモローの皆さん、こんにちは、獣医師の藤井康一です。

犬と幸せな生活を楽しんでいますか? 私は犬たちに触れて、見つめて、抱きしめて、一緒に行動をして、毎日コミュニケーションをとることで、自分自身も健康で幸せな生活ができることをとても喜びに感じます。

私の仕事は、犬が病院に来院したときに、それぞれの子が困った顔、辛い顔、気持ちの悪い顔、痛い顔、怯えている顔、うれしい顔(治療が済んだ後は)をしてくれますが、その表情や症状を読み取って理解して、その悩みや辛さを取り除いてあげられるように、毎日診療をすることです。

飼い主さんの悩みの多くは何となく変なのは分かるけど、何が原因なのか?もしくは問題は理解しているが、どう対処したらよいのか分からないというものです。診察の時は、我々獣医師が犬の代弁者になり、飼い主に犬の気持ちや状態を伝えて、必要なら検査や治療をするということです。

拙著「いぬ大全304」はそんな悩みを少しでも早く解決できるように、そして無償の愛をいつもくれる犬たちと楽しく幸せな生活を長続きさせるために執筆させていただきました。どうぞよろしくお願いします。

著者紹介

藤井 康一:藤井動物病院院長、獣医師、獣医学修士、博士(学術)、経営管理修士
1988年に獣医師免許取得、藤井動物病院での勤務を開始。1990年より3年間、米国ペンシルバニア大学獣医学校留学後、1997年より藤井動物病院院長に就任。2011年にツイッターを開始。多くの飼い主さんに「こんなことに注意をしてもらえれば」という現役獣医師ならではの最新情報を発信したところ、「困っていたときに役立った」と評判に。フォロワーは7万人超える(2021年8月現在)。著書に「家ねこ大全285 (KADOKAWA)

(文/柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬を乗せている自動車の掃除方法を大紹介 (12.7)

  • ニュース

食いしん坊な愛犬、どうすればダイエットに成功できる? (12.7)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る