TOP>ニュース > ペットのマイクロチップ登録努力義務化!ネット申請なら費用たったの300円って知ってた?

  • ニュース

ペットのマイクロチップ登録努力義務化!ネット申請なら費用たったの300円って知ってた?

ペットのマイクロチップの装着は法改正で努力義務となった!

令和2年6月1日に、改正動物愛護管理法が正式に交付となり、これによって動物虐待に関しては従来よりも重い刑事罰が適用されることとなった。

その詳細な内容についてはこれまで何度かこちらでも紹介してきたところだが、本改正にあたっては他にも見るべきポイントは少なくない。

中でも一般の飼い主さんたちにとっては注目すべき部分だったのが、マイクロチップだ。犬猫の所有者は、自分のペットにマイクロチップの装着をするよう努めるものとするという、マイクロチップの装着に関しての努力義務が盛り込まれることとなった。

これによって「うちもそろそろ」とペットにマイクロチップを装着させたという方も少なくないはず。我が家の場合は既に飼い猫みんなチップを登録・装着しているが、今回その後押しともなる報道がなされていた。

ペットの犬猫、登録はネット経由だと300円でOK!

環境省は9月24日に、ペットの犬猫へのマイクロチップの装着に関して、飼い主が納める必要がある情報登録手数料の金額を発表した。

時事通信社が「ペットの犬猫、登録に300円 マイクロチップ装着義務化で 環境省」という記事を同日に配信しているが、これによるとインターネットで登録申請する場合は300円。書類申請の場合は従来通りの1000円と紹介されていた。

マイクロチップの登録費用は、装着費用とはまた異なるもののネットでの申請のほうが安く済むということで、特に複数の犬猫と暮らす飼い主さんには負担が従来より少なくなったことは嬉しいポイントだろう。これまではマイクロチップを装着させていなかったという方にも、この機会に装着について検討をしていただければと思う。

なにせマイクロチップは個体識別にはかなり有効。本記事にその有用性が記載されているので、引用させていただく。

“マイクロチップは直径2ミリ、長さ8~12ミリの円筒形。固有の15桁の番号を記録し、注射で犬や猫の体に埋め込む。専用の機器をかざして番号を読み取ると、飼い主の氏名や連絡先などが分かる。”

と上記されているとおり、もしも脱走や災害時に離れ離れとなってしまった場合など、たとえ首輪がなくても識別することで飼い主が分かるというのが最大のメリットになる。その便利なチップの登録料がネット経由ならたった300円で済むというのは、災害大国日本でペットと暮らす場私たちにとっては大変助かる形になる。

マイクロチップの装着費用は別途掛かるので注意は必要

前述したマイクロチップの費用についてはあくまでも登録に関する部分だけで、この登録したチップをペットに装着させる場合は当然また別途費用が掛かることになる。ただし、マイクロチップは装着すれば30年は識別が可能で、身体への悪影響もほとんどない。いざとなったときにこれがあることで飼い主と再会できる可能性は一気に高まるし、ペット保険によってはマイクロチップを装着しているペット向けの割引制度なども導入されている。

先々のことを考えれば、せいぜい数千円程度のマイクロチップ装着費用は決して高くはないはず。さらに、自治体によってはマイクロチップの装着推進事業を行っているケースもある。

この事業は犬猫のマイクロチップ装着費用の一部を自治体が負担してくれるというもの。全ての市町村が取り組んでいるわけではないものの、もしもお住まいの地域がこういった取り組みを行っている場合は、利用しない手はないだろう。

マイクロチップがあるお陰で得られるメリットは、大きい!

どうしても、ペットの身体にチップを埋め込むのは心配になってしまうもの。しかもマイクロチップって結構大きいし、身体に装着させるための器具の針も太いので飼い主としては心配になってしまう。

が、実際には痛みもほとんどなく、先ほども書いたように向こう30年は識別に使えるものなので、ペットにしては一生自分のもしものときに、飼い主の連絡先が分かるという大事な命綱として機能する。万が一、飼い主と離れ離れになっても、マイクロチップがあったお陰で再び一緒に暮らせるようになったという事例は既に世界中で報告されている。

インターネットで登録申請をすれば、登録費用はたった300円。その300円を安いと思うか、それとも惜しいと思うかは人それぞれだけど、僕は断然オススメしたい。

文/松本ミゾレ

【参考】
時事通信社「ペットの犬猫、登録に300円 マイクロチップ装着義務化で―環境省」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021092401047&g=soc

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

脱走した愛犬が、翌朝たくさんの“生き物”を連れて帰ってきた話… (10.18)

  • ニュース

犬の「秋バテ」にご用心!症状や知っておきたい体調管理のポイントまとめ (10.17)

落ち葉の上で寝ている犬
  • ニュース

「エクリプスクロスPHEV」で行く初秋のTHE DOGDEPT GARDEN HOTEL軽... (10.16)

[PR]
  • ニュース

現役の獣医師が書いた!犬愛にあふれた飼育書「いぬ大全304」 (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る