TOP>ニュース > 阪神大震災直後、寝たきりの犬の介護を経験した話

  • ニュース

阪神大震災直後、寝たきりの犬の介護を経験した話

親戚の家事代行のために震災前の神戸へ。目的地には横たわる犬も

僕は現在37歳になるが、実は子供の頃の記憶がかなり残っている。多分宮崎の田舎育ちだったので娯楽が少なく、結果的に日々の出来事をたくさん忘れずに済んだんだろう。

そんな僕が4つか5つぐらいの頃、神戸に住んでいる遠い親戚宅から祖母にSOSが届いた。その家の奥さんが病気療養をすることとなり、その間の家の仕事を祖母にお手伝いさんのような形で代行してほしいという、そんなお願いだった。

人がいい祖母は二つ返事で了承したが、僕の母親はシングルマザーだったので日中は家にいない。必然、普段は祖母が世話をしてくれていたので、一つの条件として「孫も同行させる」を祖母は提示した。

これが受け入れられて僕は、まだ阪神大震災が起きる数年ほど前の神戸に、1か月か2か月ほど滞在することとなった。

最初にその親戚の家に入ったときの記憶は鮮明だ。玄関に入ったらすぐに、動物を飼っている世帯特有の匂いが鼻を突いた。

リビングに入ると、そこには90センチぐらいの水槽の中に、グリーンイグアナが鎮座していた。そしてその水槽のすぐ近くには大きなダンボールがあって、その中に犬が入っていた。

この犬は、入院中の奥さんが結婚前から大事にしていた大型犬だったが皮膚の病気にかかっており、寝たきり。ところどころから血が染みていて、ここから“あまりいい気分はしない匂い”が漂っていた。突然の他人の来訪にも犬はほとんどリアクションをしていなかったので、多分相当しんどかったんだろう。

大きな家の大きな犬の看病!

祖母はこの家の主であり僕からすれば叔父にあたる人から犬の具合について色々と聞かされていたが、僕は皮膚病ということしかおぼえていない。その病気のために身体のあちこちの毛が抜け落ちて、元々年寄りだったこともあって床ずれがいくつも出来ていて、そこから血が染みて酷いにおいがしていたのだ。そのため、少々窮屈だがダンボールの中にいてもらっていたということだったのである。

動物病院に連れていくにも負担が大きい病状とサイズだったので、もっぱら獣医さんの往診が頼りになっていたが、日中は叔父も仕事に出向いているため、その間の掃除や食事の用意、犬の世話を祖母が担うこととなった。僕はと言えばその広い家の中で好きに遊んで回っていただけなので、ほとんど役に立たないばかり。ただ、叔父には僕より少し年上の娘がいたが、本当は男の子がほしかったみたいで、割と大事にしてもらえた。

犬の床ずれの原因はずっと同じ姿勢で横たわっていることが大きな原因だったので、祖母が世話をすることになって毎日数時間おきに寝るときの姿勢を変えてあげるようになってからは、次第に状態もマシになった。同時に嫌な臭いもさほど気にならないレベルになってきた。

犬は短い距離なら散歩もできるまでに回復!

神戸滞在中、獣医さんの往診も頻繁にあったし、今思うとペット保険なんてなかった時代だから、毎月の治療費は相当なものだったんだろう。親戚が祖母を呼び寄せたのも、半分は家の世話を奥さんの代わりにしてもらうため。もう半分は多分犬が心配だったからに違いない。とにかく床ずれ問題を解消させたことで、犬はある程度元気を取り戻し、一時期は疥癬のような毛の抜け落ち方をしていた部位も、毛は相変わらず生えていなかったが、皮膚はツヤツヤするようになった。

そこである日曜日、その犬を叔父が抱きかかえて車に乗せ、一緒に近場の公園まで散歩をすることにした。犬は相変わらず歩くことはなかったものの、車から降ろすと自分の脚で立って見せていた。このとき叔父が物凄く驚いていたのが印象深い。

ちなみにこの公園の砂場にはやけにミミズがいて、家にいるイグアナの餌にするためにたくさん捕まえた記憶もある。

さらに犬が回復していくと、祖母はお節介からか犬を「リハビリ」と称して歩く練習までさせるようになり、実際に数メートル程度は歩けるようになった。これは叔父もかなり驚いて、8ミリビデオカメラでその様子を撮影までしていた。

元気を取り戻しつつある犬に新しい家族が…

そうこうしているうちに、僕と祖母の滞在時間も残りわずかになっていた。入院していた叔父の奥さんも無事に退院し、祖母の掃除の行き届いていない部分に小言をつぶやく程度には回復していたし、犬も奥さんの帰宅で相当元気を取り戻していた。

そんなあるとき、冗談みたいにベタに「書斎!」って感じで蝶の標本が多数飾られてる叔父の書斎の壁から、猫の声がするようになった。綺麗な家だったので最初は躊躇したみたいだが、叔父は意を決して工具で書斎の壁を破壊した。するとそこには、子猫が3頭。全部キジトラで、もう母猫が見当たらないため、叔父は奥さんの反対を押し切ってこの猫たちを飼うことにした。

喜んだのは件の快方に向かっていた犬だった。自分のくつろいでいるリビングにいきなり子猫がやってきたので、よろよろと起き上がって匂いを嗅いで、舐めてあげたりしていた。そしてその猫たちと一緒に食事をしたり、子猫を抱きかかえるようにして眠る姿も見せるようになった。僕も子猫を抱っこしたかったが、なんと猫アレルギー持ちだということがこのときに発覚して、接近禁止令が出てしまった(今もアレルギーはあるが、無理やり猫と暮らしている)!

あいにくそのあたりで僕と祖母は宮崎に戻ることとなったが、犬はそれから震災の直前までは生きていたそうだ。

飼い主の愛情と獣医のこまめな往診、日中の頻繁な世話、それから新しい家族。こういう要素が積み重なると、犬は頑張って立ち上がろうとするものなんだなぁと、子供ながらに思ったものである。

考えてみれば動物は自分の病状に悲観することはないのかもしれない。どんな状態でも懸命に生きようとする。それを周りがサポートすれば、たとえ床ずれで酷い匂いを出すような状態の犬でも、年相応レベルには回復するのだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬の病気予防にも。獣医師監修トイプードル専用手作りごはん「うちのトイプー」販売開始 (10.18)

  • ニュース

脱走した愛犬が、翌朝たくさんの“生き物”を連れて帰ってきた話… (10.18)

  • ニュース

犬の「秋バテ」にご用心!症状や知っておきたい体調管理のポイントまとめ (10.17)

落ち葉の上で寝ている犬
  • ニュース

「エクリプスクロスPHEV」で行く初秋のTHE DOGDEPT GARDEN HOTEL軽... (10.16)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る