TOP>ニュース > 犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が…

  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が…

動物好きな文豪も多い中、芥川は…

近代の文豪たちの中には、動物好きだったという記録が残っている者が少なくない。たとえば室生犀星は無類の猫好きとして知られており、実際に彼が愛猫と戯れる写真がかなり残されている。その写真の中には、寒い冬の日に、飼い猫と一緒に火鉢にあたって暖をとる姿も確認できており、彼が本当に自分の子供のように猫を想っていたことが窺える。

また、夏目漱石は知人から子犬を引き取って飼育しており、ヘクトーと名付けて子供たちと一緒に育てていたという。あまり体が丈夫ではなかった漱石が床に臥せがちになると同時に、ヘクトーも弱っていき、最期は漱石が読んだ句を書いた墓標があつらわれた、とある。

それから三島由紀夫は生前猫を愛玩してやまなかったという話もあり、実際に猫とのツーショット写真まで保存されている。このように、犬や猫は昔から多くの人が愛したように、気難しい人の多い文豪ですら魅了していったのである。

しかし例外もある。やはり著名な文豪の芥川龍之介は、大の犬嫌いだった。

芥川龍之介は犬嫌いだった

『蜘蛛の糸』や『地獄変』などで知られる芥川龍之介は、今現在も多くのファンを抱える不朽の小説家だ。1927年に35歳で亡くなるまで、多数の作品を残している。主に短編小説を遺してきた人物であるが、見た目の神経質そうなルックスそのままに、なかなか性質的には気難しいタイプだったようだ。

その芥川龍之介が犬を嫌っていた話は、ファンには割と知られていることでもある。特に他所で飼われている犬を嫌ったという話が残っており、理由は「怖いから」だったそうだ。どうしてそこまで嫌うようになったのか。ここにはちゃんとした理由があって、どうやら子供の頃にいじめっ子の家で飼っている犬に散々な目に遭ったためだという。子供の頃のトラウマのせいで、犬を怖がるようになったというわけだ。

ちなみに芥川自身、存命中は2頭ほど犬を自分の家でも面倒を見ていたことを本人が認めているところだが、それでもやっぱり犬嫌いのイメージのほうが現代に多く伝わっている。そのため文豪が登場する某漫画作品でも、芥川龍之介モチーフのキャラクターは犬嫌い」と設定されている。

犬嫌いだったけど、犬が登場する作品も上梓していた芥川

一方でどういう風の吹き回しかは分からないものの、芥川自身も自分の作品として犬が登場する小説を書き上げてもいる。それが『犬と笛』だ。本小説には3頭の犬が登場するが、犬嫌いな芥川がわざわざメインタイトルにもその名を冠した作品を作るなんて、やっぱり天才の考えることは私たちには理解できない。

ただ、『犬と笛』は児童文学なので、もしかすると子供向けに、彼らが喜びそうな題材で、親しみやすい動物でもある犬をキャスティングしたのかも……。

芥川は晩年になると死生観というものを見つめ直すようになり、作風にも変化が見られるようになる。さらに何度か自死を試みるようになったり、2度ほど自分そっくりな何かを外出中に目撃したと話すようになるなど、精神的な不安定さが増すことに。

と同時に、その時期になると嫌っていた犬に対してもさほど怯えるようなこともなくなったとされている。何かこう、芥川の心の中で犬が怖いとか、もうそういうことが些細なもになったのでは? という推測をしたくなってしまうところである。

この変化って極端な話、現世のことで色々と手一杯になって「ああもう楽になりたい」って思ってるような人を、今更怖がらせたりおどかしても効果が薄いって話なんだろう。

芥川は最終的に服毒自殺でこの世に別れを告げることとなったが、亡くなる4年ほど前にもまた児童文学として『白』という小説を書き上げている。『白』は白い犬が主人公の話で、今でも書籍として出版されているため手に取りやすく、しかも内容は児童向けながら大人が読んでも感動してしまう出来栄え。

亡くなる4年前なので、この時芥川が犬を怖がらなくなっていたかどうかは不明。今でも気軽に入手可能な『白』を読みながら、執筆当時の芥川の心に想いを馳せるのもいいかもしれない。

もし「『白』を読みたいが近場に置いてない!」という方がいらっしゃれば、先着1名限定ではあるものの、僕の持っている『白』をお貸ししよう。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬の病気予防にも。獣医師監修トイプードル専用手作りごはん「うちのトイプー」販売開始 (10.18)

  • ニュース

脱走した愛犬が、翌朝たくさんの“生き物”を連れて帰ってきた話… (10.18)

  • ニュース

犬の「秋バテ」にご用心!症状や知っておきたい体調管理のポイントまとめ (10.17)

落ち葉の上で寝ている犬
  • ニュース

「エクリプスクロスPHEV」で行く初秋のTHE DOGDEPT GARDEN HOTEL軽... (10.16)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る