TOP>ニュース > 「ポメラニアン」をもっと知ろう!性格と特徴、生い立ちに迫る

  • ニュース

「ポメラニアン」をもっと知ろう!性格と特徴、生い立ちに迫る

人気の小型犬ポメラニアンのこと、あなたはどこまで知ってる?

現在、日本では多くのワンちゃんが飼育されているところだが、住宅事情の兼ね合いもあり、小型犬を飼うという世帯は少なくない。大型の犬を飼うにはちょっと部屋が狭いけど、小型犬なら問題が少ないと考える飼い主さんが多いというわけだ。実際、日本のアパート、マンションや戸建てって手狭なものばかりだから。

さらに中高年以降の方がワンちゃんを飼いたいと考えた場合、身体の大きさから来る手間を考えると、大型犬より小型犬を飼う方が良いと考えるケースもある。

また、小型犬は大型犬より寿命が長い傾向があるため、「どうせ一緒に暮らすなら、1日でも長く居て欲しい」という思いから小型犬をパートナーに選ぶ方もいるところ。チワワにミニチュアダックスフンドなど、小型犬もバリエーションは多岐にわたるものだが、根強い人気を持つという意味ではポメラニアンは昔からシェアを確立している。

今回はこのポメラニアンの性格や、原産地、SNSでの人気の高まりなどについての話をしていきたい。

SNSでも人気のポメラニアン、飼いやすい性格も特徴の一つ!

愛くるしいルックスが特徴のポメラニアンは、非常に活発な性格をしており、元気いっぱいなワンちゃん。毛色のバリエーションも豊富なので、好みのカラーのポメラニアンを選ぶ楽しみもあるし、ペットショップでも目にする頻度が高いので、結果的に多くの飼い主に見初められやすい。

性格が明るいので、体調不良の時などは早期に判別がつきやすいのも特徴。目に見えて大人しいときには「何かある」と感じることができるので、初期の初期で病変などを飼い主も察知しやすいのはありがたい。そう考えると、ポメラニアンは犬との生活を経験したことがない人にもお薦めのワンちゃんと言えるのかもしれない。

ただし、その性格はただ明るいだけというわけではない。主婦の友社が発行する「人気室内犬の選び方飼い方」という書籍に、その性格面についての注意書きがあるので、引用させていただく。

“感覚が鋭く、神経質な犬も多いので、家庭環境によってはむだぼえが多くなるかもしれません。体が小さいからといって赤ちゃん扱いせず、成犬に対しては、りっぱな犬格を持った大人として扱うことがたいせつです。”

と、このように、見た目はいつまでも愛らしいものの、大きくなった個体に対してはいつまでも赤ちゃん扱いしないことも大事と説いている。特に犬の場合は、どの品種であってもここがルーズだと問題行動を起こす犬にさせやすくなるので、ポメラニアンもまた、きっちりと成犬は成犬として扱うことが大事と考えていい。

ポメラニアンはドイツ生まれ。元々はもっと大きかった!?

そんなポメラニアンは、ドイツ原産の犬種である。ドイツとポーランドの国境近くで牧羊犬として活躍していたスピッツを改良したのがポメラニアンの祖先と言われている。

スピッツもまあまあ体が小さいが、中型犬の部類になる。その中型犬を何代もかけて徐々に小型犬のサイズに定着させたのが、ポメラニアン。

誕生直後から人気はあったようで、17世紀ごろにはイギリスにも持ち込まれ、王族が盛んに飼育したと記録されている。この頃はまだペットショップなどもなかっただろうが、市場に並ぶ生体の中にポメラニアンの姿はなく、高貴な身分の人たちだけで、その可愛さを独占していたのである。初代インド皇帝のヴィクトリア女王もまた、ポメラニアンを愛玩したという。

ヴィクトリア女王自体が古くから愛犬家として名を残しているワンちゃんフリークなので、彼女も恐らくポメラニアンの魅力には骨抜きにされたに違いない。もっとも、当時のポメラニアンはまだ現在のそれに比べて体は大きかったとされているので、今の超小型犬とも呼ばれるポメラニアンを女王がもしも目撃したときのリアクションが気になる。

柴犬カットで個性を演出!SNSでも人気の犬種がポメラニアン

ポメラニアンは、現在SNSなどを通して魅力を多くの人に発信するようになっている。飼い主さんが自宅のポメラニアンの動画や画像を盛んにアップするので、その可愛さにやられて「ポメラニアンと暮らしたい!」と思うようになった人も、きっといるのだろう。

中にはその長い毛足をカットでアレンジし、柴犬風のカットをした様子を投稿する飼い主さんもいる。ポメラニアンの短い手足に柴犬カットは親和性が高く、まるでマメシバのように見えることから、カットの際に同じような注文をつける飼い主さんもいるとかいないとか。と言うか、筆者の知人が実際に飼っているポメラニアンを柴犬カットしていたので、結構参考にしている人はいるようだ。

もっとも、柴犬風のカットの維持が結構大変なのか、いつの間にか元通りになっていたけど……(笑)。

性格も良く、ペットショップでも見かけることの多い人気の小型犬。それがポメラニアン!

ポメラニアンは、現在においては非常にポピュラーで、散歩している様子を見かけることも多く、ペットショップに陳列されていることも少なくない。それだけこの犬種が日本人にとっては欠かせない存在になってきたということなんだろう。

大きな飼育スペースも不要なサイズで性格もクセがなく、小型犬なので日本の住環境にも即した、私たち日本人にも飼いやすい犬。それがポメラニアンだと考えてもいいだろう。

文/松本ミゾレ

【参考】
主婦の友社「人気室内犬の選び方飼い方」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬と食べたい♪さつまいもの簡単レシピ&栄養素や注意点まとめ (9.19)

  • ニュース

いまさらだけど、どうして犬の鼻は冷たく濡れているの? (9.18)

  • ニュース

バーガーキングからドッグフード付きのセット「BOWWOW KING」が登場! (9.18)

  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る