TOP>ニュース > 星の降る夜にやってきた奇跡の犬のこと

  • ニュース

星の降る夜にやってきた奇跡の犬のこと

虹の橋を渡る日まで

今年はペルセウス座流星群の当たり年だったらしい。孫が生まれたばかりだというのに観測に行く気満々だった兄は、「嫁と娘に怒られて行けなかったよー、残念だったわー」と電話をかけてきた。ちょくちょくこうやって他愛の無い電話をよこしてくる兄はお人好しで、女性に騙されかけたこともある。それを未然に防いだのが当時の我が家の愛犬、「星から来た犬」のコスモだった。

カール・セーガンの「コスモス」が話題になり、スペースシャトルの初飛行もあった頃だったから、もう40年以上も昔のこと。ペルセウス座流星群の夜、その犬は我が家にやってきた。

当時高校生で天文部だった兄は、顧問に連れられ流星群の観測に出かけていた。明け方になって戻った兄が、申し訳なさそうに仔犬を差し出したのを憶えている。

「観測中に気が付いたら足下にいたんだよー」と言う。突然現れた犬に首輪は無く、周りに民家も無い。部員たちから、「可哀相な捨て犬だから、お前が面倒見ろ」と押しつけられたらしい。

星が降る夜に来たからと「コスモ」と名付けられた仔犬は、見た目は普通の雑種犬だったが、抜群に賢い子だった。家族全員にとって初めての犬で、とまどう家族の心配をよそに、あっと言う間に慣れて、すぐに我が家の一員となった。

コスモは不思議な犬だった。散歩中によく他の犬に吠える子と出くわしても、コスモが鼻先を向けると、おとなしくなってしまう。犬を触りたがるやんちゃな子供も、コスモの前ではお行儀良くなってしまった。

そういえば、コスモはいつも私たちをじっと見ていた。まるで人を観察するかのように。そして、人だけでなく夜空を観るのも大好きだった。特に月の無い夜空は、星がよく見渡せた。縁側で兄と一緒に、一晩中、星を観ていたこともあった。

そんな不思議な行動から、コスモは星から来た犬だと密かに思っていた。兄に「うちら家族を観察して、いろいろ星に報告してる、宇宙犬じゃないかな」と言ったことがある。兄は「そうかもねー」と笑っていた。

進学、就職、結婚と、私も兄も実家を離れてしまったが、帰るたびにコスモの不思議なエピソードを両親から聞かされた。

いつもはおとなしいコスモが、玄関に向かって吠えていることがあった。滅多に鳴かない子だったので、何か来ているのかとドアを開けても誰もいない。郵便配達や宅配便の人にはノーリアクションだったので、母は不思議に思ったらしい。

後日、お隣さんから、怪しげな訪問販売と思しき男が、我が家の門に手をかけた瞬間、コスモの吠える声が響いて、その男はさっさと退散していった、との目撃情報を聞かされた。

「おそらく他に吠えた時も、何か良くない輩が我が家に近づいていたんでしょ。ホントにコスモは立派な守り神ね」と母は誇らしげだった。

他にも、かかってきた電話に吠えまくって、オレオレ詐欺を防いだ話とか、天井に向かって吠えて、屋根裏で漏電しかかっていたのを知らせたとか、いろいろあったが、やはり極めつけは、兄の結婚詐欺事件だった。

兄が連れて来た彼女に、コスモがやたらと吠えまくって、家に入れさせなかった。母が怪しみ、調べたところ、その女性が既婚者で、結婚詐欺の常習犯だったことがわかったのだ(兄よ女を見る目が無い)。

とにかくコスモはよく我が家と家族を守ってくれていた。いや、もしかすると、自分の使命のため大事な観察対象を守ろうとしていたのかもしれない。

ミレニアムの年、夜空に彗星が観測されだした頃、コスモは虹の橋を渡った。

いや、星に還っていった、というべきだろうか。臨終の床に私たちは付き添っていたが、コスモは窓から見える星空をずっと見つめていた。たくさんの星が美しく瞬(またた)いていた。

あれから20年以上も経ち、兄も私も孫がいる歳になってしまった。兄は相変わらず星が大好きで、いつか孫たちを連れて観測に行きたいと言う。コスモがいなくなってからずっと、流星群の観測に行くたびに、「犬が足下に落ちていないかなー」と探してしまうらしい。

「流星群が来る度に、星と共に使命を帯びた犬たちが、この地球のどこかに降臨している」と言ったら、兄は相変わらず「そうかもねー」と電話の向こうで笑ってくれた。

(文/木村圭司、編集/柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

2021年の「動物愛護週間」はインスタライブやオンラインでの施設見学会、健康・しつけ相談を... (9.27)

  • ニュース

犬よりも「人間のヒゲ」のほうが汚い…? (9.26)

  • ニュース

一匹の猫に何個の「リターボックス」が必要になる? (9.25)

  • ニュース

「自分を犬だと思ってない犬」が、鏡に映る自分を見た時の表情がこちら! (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る