TOP>ニュース > 愛犬が白内障などで目が見えにくくなったら、散歩中はどう気をつけるべき?

  • ニュース

愛犬が白内障などで目が見えにくくなったら、散歩中はどう気をつけるべき?

愛犬の目のトラブル、それだけペット高齢化が当たり前になったことの証か

先日、友人とLINEで近況報告をしていたとき、彼の愛犬が徐々に緑内障になりつつあるという話をしていた。緑内障に白内障。ワンちゃんの目のトラブルというのは、今はそこまで珍しくないように思える。

その理由は簡単で、フードも良質なものが出回り、犬の飼育ノウハウも徹底されて、なおかつワクチン接種も普及したことから長寿命になったことに起因するところだろう。昔は白内障が始まる前に天国に行く犬が多かったが、今は元気で長生きし、人と同じようにいくつかの疾患、痴呆などとも付き合いながら一生を終えるペットは随分増えてきた。

なのでまずは、加齢に伴う症状を見せるようになるまで一緒に生きてくれたことに、飼い主としては感謝するしかない。その上で、目の悪くなった愛犬の今後。たとえば日々のお散歩などにも、これまで以上の配慮をしていきたい。

犬の緑内障は眼圧が高くなることで発症することが多い

本題に入る前に、まず簡単にワンちゃんの目の病気について触れておきたい。まずは冒頭で友人の飼い犬に症状が見られるようになった、緑内障。

西東社が発行する「愛犬 病気の知識と健康」という書籍には原因として房水が増え、眼圧が高くなって起こると説明がある。この部分についての記述を、引用させていただきたい。

“本来、房水と呼ばれる液体で潤っている前眼房では、房水のつくられる量と排斥される量のバランスが保たれ、眼圧は一定の状態をキープしています。この房水の排出量が減少して前眼房に房水が増えすぎると、眼圧が高くなってしまいます。遺伝や犬種による先天性のケースや眼内の炎症、外傷、腫瘍、水晶体の異常などが、その原因と考えられます。”

このように、房水の量が増えてしまって眼圧が上昇していき、結果視神経の障害が起きて視野の狭まりが認められるというのが緑内障の原因ということになる。記述にあるように、先天的に緑内障になりやすい犬種があり、柴犬やビーグルなどがその一例として知られている。

犬の白内障の原因は加齢…

続いて、白内障について。白内障は主に加齢に伴って顕在化する症状として愛犬家にも認知されているが、同著の白内障の項目についても、以下にその原因についての記載を引用させていただく。

“内科疾患の一症状としてあらわれる白内障や先天性白内障もありますが、老化による白内障が最も多くみられます。7歳未満で発祥するという場合には、糖尿病などの内科的疾患が原因となっていることがあります。また、先天性の白内障もあります。7歳以上になって徐々にあらわれてきた場合は、老化によるものです。”

と、このようにやはり加齢に伴って犬の白内障は進行する事例が多いことが説明されている。単純に悲しむべき病気と言うよりも「白内障になるまで長生きしてくれてありがとう」と、飼い主さん各位も症状が出てきた愛犬に対して、前向きに接することが大事だろう。まして犬は人の気持ちを敏感に察するため、精神的な負担を掛けないためにも。

目の見えにくいワンちゃんとのお散歩中は、人通りの多い場所・時間帯を避けよう!

目が見えにくくなることで生じる日常生活のデメリットは、実際に自分がその立場にならないと分からないもの。なのでもしも愛犬が緑内障や白内障といった症状をきたすようになったら、できる限り愛犬の立場になって色んなことを考えていく必要がある。室内に尖ったものを置かないとか、タンスのカドに緩衝材を取り付けるなどして、怪我をしにくい環境を構築するのがまず一つ。

もう一つは、ワンちゃんにとっては日課と言える散歩。これをより安全にこなすことも大事になる。

たとえば交通量が多い場所や時間帯を避けるなどが、誰でもすぐに実践できる対処法となる。人の往来。車の行き来が多いと、目が見えにくくなっているワンちゃんにとっては何かとストレスもかかるお散歩になってしまう。それに咄嗟の時に人とぶつかったり、蹴られてしまうことなども想定される。

こういうことを避けるために、人がいない時間帯、もしくは人があまり行き来しない場所での、ゆったりとしたお散歩を愛犬に提供してあげるのがいい。少しでもリスクを排除したお散歩コースを見つけてあげることで、愛犬ものんびり、じっくりお散歩を楽しんでくれるはずだ。

ワンちゃんの平均寿命は、年々伸びる傾向にある。これからはペットの高齢化についての情報も、もっとインターネットで共有される時代になるはず。目の見えにくくなった愛犬の身の回りのお世話に行き詰まることがあったら、同じようなワンちゃんと暮らす他の飼い主さんのやっている対処法を参考にするのもいいかもしれない。

文/松本ミゾレ

【参考】
西東社 「愛犬 病気の知識と健康」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

2021年の「動物愛護週間」はインスタライブやオンラインでの施設見学会、健康・しつけ相談を... (9.27)

  • ニュース

犬よりも「人間のヒゲ」のほうが汚い…? (9.26)

  • ニュース

一匹の猫に何個の「リターボックス」が必要になる? (9.25)

  • ニュース

「自分を犬だと思ってない犬」が、鏡に映る自分を見た時の表情がこちら! (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る