TOP>ニュース > 犬におやつは不要?獣医さんが教える「正しいおやつの与え方、守って欲しい2つのこと」【兵藤哲夫の徒然日記】

  • ニュース

犬におやつは不要?獣医さんが教える「正しいおやつの与え方、守って欲しい2つのこと」【兵藤哲夫の徒然日記】

獣医さんが教える「正しいおやつの与え方、守って欲しい2つのこと」【兵藤哲夫の徒然日記】

基本的に、食事をきちっと与えていれば、犬におやつは不要です。獣医さんの中には飼い主さんへ「おやつ厳禁」と言っている人も多く、私も心の底ではおやつは与えないで欲しいと思っています。

おやつのメリットとデメリット

思ってはいるものの、現実的に、おやつのメリットもたくさんあります。ワンちゃんとの愛情や絆が深まります。食欲が落ちた時に、大好きな食べ物があるのと無いのとでは、大きく違います。

しつけをする場合も、ごほうびがあると学習するスピードが異なる子が多いようです(すべてのワンコがそうではありません)。

一方、おやつのデメリットはカロリーオーバー、すなわち肥満です。肥満を軽く見てはいけません、糖尿病、尿路結石、循環器や呼吸器の病気、免疫力の低下、骨・関節疾患の原因となることがわかっています。

特に体重が増えると関節や骨の特定の部分に負担がかかり、関節炎など痛みを伴う病気につながります。そして、これらの病気は治りにくく、生活の質に大きなダメージを与えます。

さらにおやつは必要な栄養素が含まれていないものがほとんどです。おやつばかり食べていると特定の栄養素が不足してそれが原因となる病気になってしまうこともあります。

逆に糖質や脂質など愛犬にとってあまり摂取して欲しくない栄養素が含まれている点も、おやつのデメリットです。

正しいおやつを正しい量だけ与える

飼い主さんはこうしたメリット・デメリットをきちんと押さえた上で、おやつを正しく与えてあげてください(もちろん、無理をしておやつを与える必要は全くありません)。

また、特定の病気をもっていて、かかりつけの獣医さんからおやつ厳禁と言われた場合は与えないようにしてください。

「おやつが大嫌いなワンコ」はまずいません。みんなおやつが大好きです。大好きな物をくれる飼い主さんはもっと好きになるでしょう。おやつを頭から全部否定してしまうのではなく、うちの子に合った正しい与え方でおやつを活用して欲しいのです。

守って!その1)うちの子に合った分量を知る

一日に必要なカロリーは子犬が多く老犬は少なくなります。さらに、一日にどれぐらいの運動量があるかでも、一日に必要なカロリーは異なります。一番簡単なのは、かかりつけのホームドクターにうちの子が必要な一日のカロリー量を教えてもらうことでしょう。

だいたい5歳以上の成犬で、体重が10キロで600キロカロリー前後が、標準の必要カロリー量です。

寒い屋外で体力を使う使役犬として作られた犬種は、脂肪を蓄えやすい体質をもっています。摂取量を標準カロリー以内におさめていても、肥満しやすい犬種もあります。疑問に思ったらぜひかかりつけの先生と相談してみてください。

痩せている子や成長期ならばおやつでカロリーオーバーしても問題はありません。肥満の子あるいは肥満しやすい子が問題なのです。

おやつでカロリーオーバーしないだけの「おやつの分量」を知って、与えなければいけません。

普段の食事で食べているカロリーを計算すると、おやつとして食べられる分は意外と少ないと理解していただけると思います。

守って!その2)おやつは信頼できる商品とメーカーを選ぶ

信頼できるおやつを飼い主さんがきちんと選んで与えてください。信頼というのは、①おやつそのものの質が高く安全で信頼できること、②メーカーなど生産者が信頼できる会社であることの、2つの信頼が必要です。

①では原料表示を見て、食品添加物や化学物質などの表示があるかどうかを調べてみてください。「無添加」とか「自然派」とパッケージに書かれていても、本当に内容物が信頼できるものかどうかは、意外とわからないものです。

ありがたいことに最近はSNSなどでこうしたペットの食品原料に関する表示の解説がたくさん紹介されています。飼い主さんにもよくわからない、心配な原料が入っていたら、ネットで検索してみると安心ですね。

おやつで歯周病にならないように、できれば水分が少なく、歯に付きにくい素材のおやつがおすすめです。

②の信頼できるメーカーというと、国産が良いと言われますが、私自身は「原産国がどこか」ではなく、「信頼できる会社かどうか」が問題です。

万が一、問題が発生した時、相談窓口があるなど、きちんとした対応ができる会社であれば良いでしょう。

最近は企業のウェブサイトも充実しているので、うちの子が食べているおやつのメーカーのサイトを検索して、信頼できる会社の製品かどうかを確かめてみてください。

お部屋で過ごす機会が増えた今こそ、おやつについて見直す良いチャンスです。

正しいおやつを正しい量だけ与えていれば、健康に悪い影響を与えることなく、飼い主さんとワンコの愛情はますます深まることでしょう。心配になったらかかりつけのホームドクターや看護師さんに、ぜひおやつの相談をしてみてください。

兵藤動物病院 兵藤哲夫
麻布大学獣医学科卒業後、1963年横浜市にて兵藤動物病院を開設。ヒョウドウアニマルケア代表として公益社団法人日本動物福祉協会理事、横浜市獣医師会理事などを歴任。TBSラジオこども電話相談室の回答者などをつとめた。

文・編集/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬と食べたい♪さつまいもの簡単レシピ&栄養素や注意点まとめ (9.19)

  • ニュース

いまさらだけど、どうして犬の鼻は冷たく濡れているの? (9.18)

  • ニュース

バーガーキングからドッグフード付きのセット「BOWWOW KING」が登場! (9.18)

  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る