TOP>ニュース > 犬にとって危険な食べものとは?毒になる食べもの・注意が必要な食べものと症状・対処法を紹介!

  • ニュース

犬にとって危険な食べものとは?毒になる食べもの・注意が必要な食べものと症状・対処法を紹介!

「ちょっと待って!」愛犬に食べ物を分け与える前に確認を

家族の一員として暮らしていると、おいしいものを愛犬と分け合いたいのは自然な感情ではないでしょうか。けれど人間にとって身近な食べものが、犬にとっては命にかかわるほど危険なことがあります。

大切な愛犬が健やかに過ごせるように、犬にとって危険な食べものをチェックしておきましょう。またテーブルの上やキッチンなど愛犬の届く場所に、犬にとって危険な食べものを放置しないよう気をつけたいですね。

この記事では、愛犬にとって特に危険な食べものと気をつけたい食べもの、また危険なものを食べてしまったときの症状や対処法についてご紹介します。

特に危険な食べもの

人間にとってごく身近な食べもののうち、犬にとって危険な食べものは次のとおりです。犬にとって毒になる成分や症状とともに、確認してみてください。

【野菜・果物】

・玉ねぎ、長ねぎ、ニンニク、にら

ねぎ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分は、赤血球を壊し血尿や下痢、嘔吐を起こす可能性があります。加熱しても毒性は消えません。

・じゃがいもの芽

じゃがいもの芽は、犬の腹痛や低血圧を引き起こします。

・ぶどう、レーズン

ぶどうやレーズンの皮には強い毒が含まれ、腎不全の原因となります。

・いちじく

いちじくに含まれるィシンとソラレンが下痢や嘔吐、皮膚の赤みやかゆみなどの原因となります。

・銀杏

銀杏に含まれるメチルビリドキシンがビタミン6の働きを阻害し、下痢や嘔吐、不整脈、けいれん、めまい、意識混濁を起こします。

【嗜好品など】

・チョコレート、ココア

チョコレートやココアの原料であるカカオにテオプロミンが含まれ、下痢や嘔吐の原因となります。

・マカデミアナッツ

マカデミアナッツで中毒症状が出るため、マカダミアナッツ中毒という病名があります。ただ、マカデミアナッツのどの成分が原因なのかは現在のところわかっていません。

・キシリトール

キシリトールは、ガムや歯磨き粉などに使われる人工の甘味料です。急性の低血糖に陥ります。

・香辛料

香辛料は食材に辛みや香り、味付けをするための調味料の一つです。生姜やわさび、こしょう、とうがらし、ターメリックなど多数あり、胃腸炎や内臓障害を起こします。

・緑茶、抹茶、コーヒー、紅茶

緑茶、抹茶、コーヒー、紅茶に含まれるカフェインが下痢や嘔吐のもとになります。特に空腹時の緑茶や抹茶は危険とされます。

・アルコール

犬の体内にはアルコールを分解する成分がありませんので、少量でも危険です。

・鶏や魚の骨

鶏や魚の骨は消化器官に刺さりやすく、ケガにつながります。また歯が折れる原因にもなります。

注意が必要な食べもの

犬に与える際に注意が必要な食べものは、次のとおりです。

【野菜・果物】

・アボカド

・ほうれん草

・とまと、なすの芽と葉

・あんず、梅、すもも、桃の種

・レモン、グレープフルーツ、すだち

【肉・魚介類】

・いか、するめ、たこ、生魚

・かに、えび(甲殻類)

・生の豚肉

・ハム、ソーセージ、ちくわ

・大量のレバー

【その他】

・コーヒー、紅茶、カフェイン入りのドリンク

・人間用のお菓子

・人間用の牛乳

・塩

・煮干し、海苔

・生たまご

危険なものを食べたときの症状

危険な食べものを食べてしまったときに現れる症状には、次のようなものがあります。症状が出るのは、食べてからすぐの場合と、数時間後のケースがあります。

元気がなくなる、食欲減退、せき、呼吸が浅くなる、口から泡を吐く、大量のよだれ、血を吐く、嘔吐、失禁、下痢、血尿、腹痛、貧血、けいれん発作、発熱、不整脈、筋肉の震え、立ち上がれない、筋力低下、運動失調、不整脈、内出血、意識の混濁、心臓発作、呼吸困難

危険なものを食べた可能性があるときは、愛犬の様子を普段よりしっかり観察してください。

危険なものを食べたときの対応

危険な食べものを食べてしまったら、すぐに吐かせたり薬を飲ませたくなるかもしれません。けれど、まずは獣医師や専門家のアドバイスを求めましょう。間違った応急処置をすると、命の危険があります。

「いつ食べたのか」、「食べたものの種類」、「食べた量」をできるだけ詳しく確認して動物病院に行きましょう。パッケージがあれば、食べた物の詳細を把握するのに役立ちますので持参します。

また嘔吐物や便の写真を撮ったり、実物を紙に包むなどして持参すると正確な診断につながるでしょう。

病院では、状況に応じた処置が行われます。食べてしまってから時間が経っていなければ、食べたものを吐かせる処置が行わる可能性があります。また毒素を吸着する活性炭などの物質を投与する場合もあります。血液検査の結果、点滴をすることもあるでしょう。

吐けなかったり、大量に食べてしまっていたら食べたものによって胃洗浄や摘出処置を受ける可能性があります。

病院での処置が終わったあと数日間は、いつもより注意して愛犬の様子を観察しましょう。

最後に…

おいしい食べものを分け合う行為は愛情表現のひとつです。好きな食べものは愛犬と一緒に楽しみたいですよね。ヨーグルトやパンのほか、バナナやスイカ、イチゴ、サクランボなどの果物や、茹でたトウモロコシやサツマイモといった野菜は獣医さんに相談し、量に気をつけて皮や種を取ってあげれば愛犬も共に楽しめます。

危険なものを避けながら、愛犬と飼い主さんが一緒に食べられるお気に入りの食べものが見つかるといいですね。

文/森野みどり

参考:
犬・猫に危険な食べ物や中毒について知る|愛玩動物救命士養成講座

飼い主のためのペットフード・ガイドライン|環境省自然環境局総務課動物愛護管理室

犬のキシリトール中毒に注意!!|埼玉県獣医師会

ブドウ摂取後に急性腎不全を発症して死亡した犬の 1 例|日本小動物獣医学会誌

チョコレート中毒|あいむ動物病院

犬と猫の中毒|山田動物病院

犬が喀血したときの症状や原因、対処法|きよかわ動物病院

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

  • ニュース

こぐまみたいにコロコロ丸い、ポメラニアン3姉妹から目が離せない! (9.14)

こぐまカットのポメラニアン3姉妹8
  • ニュース

もうおもちゃに飽きたの?わがままペットに試したい二大対処法 (9.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る