TOP>ニュース > 愛犬の熱中症を予防して涼しく過ごすコツ、熱中症の原因・症状・対策を解説 

  • ニュース

愛犬の熱中症を予防して涼しく過ごすコツ、熱中症の原因・症状・対策を解説 

万全な熱中症対策で夏を乗り越えよう

犬は人間よりも暑さが苦手な生き物です。人間には汗を出すための汗腺が全身の皮膚にありますが、犬の汗腺は肉球と鼻のわずかな部分にしかなく、体温を下げるのが難しいためです。汗腺から汗を出すほかに体温を下げるためには、舌を出して呼吸することで熱を発散するしかありません。

フレンチブルドッグやシーズー、パグ、ペキニーズといった短鼻種や、寒い地方が原産の犬種は身体の作りが暑さに対応していないため、暑さを避けるための配慮がより必要になります。

老犬や子犬、肥満の子もまた、暑さが苦手です。この記事では、愛犬が夏を元気に快適に過ごせるためのコツとともに、熱中症の原因や症状、対策を解説します。

犬は暑さと湿度に弱い

犬は肉球と鼻にある汗腺のほか、舌を出してハッハッと息をするパンティングと呼ばれる行動で熱を蒸発して体内の熱を発散します。身体の面積に対して、熱を発散できる部分が少ないため熱が発散するのが難しく、犬は暑さに弱いのです。

フレンチブルドッグやシーズー、パグ、ペキニーズといった鼻ペチャの短頭種では、舌の表面や口の中の面積が小さく喉が狭いため、パンティングで熱を逃すことがさらに苦手です。これらの犬種はまた、興奮しやすい性質があるため体温が上がりやすい特徴があります。短頭種の飼い主さんは特に、夏の暑さには気をつけてあげてください。

湿度の高さもまた、犬にとってはつらいものです。蒸し暑くなるとパンディングで体内の熱を蒸発させ体温を下げようとしますが、湿度が高いと熱の蒸発がうまく行かなくなるためです。

湿度の高い日にはエアコンや除湿機をかけて、湿気を下げるだけでも過ごしやすくなります。

室内の暑さ対策

愛犬にとって最適な室内の温度は、人間にとって快適な温度とほぼ同じと言われています。ただ人間にも個人差があるように、犬種や被毛の長さなどによって快適に過ごせる気温はそれぞれです。

また冷たい空気は床に近い部分にたまりやすく、人間よりも床に近い位置で行動する愛犬にとっては、低すぎることもあります。愛犬の様子を見て、調整してあげてください。

外出時にはエアコンをつけっぱなしにするのが安心です。ただし停電に備えて窓を開けて風が通るようにしておく、扇風機を併用する、カーテンや植物を育てて直射日光を遮る工夫をするなど、エアコンが止まっても室内の気温が上がりすぎないよう工夫してみてください。

夏場は特に新鮮な水を欠かさないようにしましょう。おやつに氷を与えたり、水入れに氷を入れる、水を入れた湯たんぽを凍らせて体を冷やせるようにしてあげてもいいですね。

市販の暑さ対策グッズでは放熱効果が高く、熱伝導率が高いアルミプレートやジェルタイプの冷却マット、ひんやりした素材感を生かした大理石タイプなどがあります。

サマーカット

毛が長い長毛種は夏の間、サマーカットで過ごしましょう。毛を短くすることで、熱を逃しやすくなります。

ただし犬の毛には、直射日光や虫などから体を守る役割があります。地肌が見えるような極端な刈り方をすると、愛犬の負担になりかねません。ご自宅でサマーカットをする際は全体的に被毛を短めにした上で、お腹や脇の下、足の付け根を短くすると通気性が良くなります。

初めてサマーカットにするときは、トリマーさんに相談してみるといいでしょう。

暑い季節に長い被毛をそのままにしておくと、通気性が悪く体感温度が上がるだけでなく、熱がこもることで皮膚にトラブルが起こることもあります。

お散歩

暑い時期のお散歩にも注意が必要です。夏のお散歩は基本的に早朝と夜に切り替えましょう。犬は人間よりも地面に近く、コンクリートやアスファルトからの照り返しを強く受けますし、太陽に照らされた地表は50℃を超える熱さになることもあります。

お散歩に出る前には、手で地面に触れて、長時間触っていても大丈夫な温度であることを確かめてください。地面の熱で、愛犬の肉球が痛むのを防ぐためです。

お散歩のときには、コンクリートやアスファルトよりも草や土の上を歩くのがおすすめです。昼間であれば、できるだけ日陰の多い道を選びましょう。

足の短いダックス系や小型犬は、より地面に近いので特に配慮が必要です。暑い季節のお散歩では、保冷ベストを使うのもよいのではないでしょうか。

室内のドッグランも増えてきていますので、暑さが厳しい時期には検討してもいいですね。また、時には海や川で遊ぶのも楽しいものです。ご家庭の事情が許せば、プールでの水遊びも喜んでくれるでしょう。

熱中症の原因・症状・対策

熱中症は、体が暑さに対応できなくなり体温の調整ができず、体内の水分や塩分のバランスが崩れた状態をまとめて呼ぶ言い方です。熱中症には、日射病や熱射病などが含まれます。

熱中症の原因となるのは、次のような環境です。

・暑い部屋や車内でのお留守番

・暑い日中の散歩やお出かけ

・過剰な運動

・日光のあたる屋外での飼育

・ドライヤーの熱風

熱中症では、次のような症状がみられます。

・食欲不振

・フラフラする

・大量のよだれ

・けいれん

・荒い、あえぐような呼吸

・体温が上がる(耳が通常より熱い)

・意識がなくなるか、あっても目を動かすだけ

・下痢や失禁、嘔吐、血便

熱中症の応急処置は下のとおりです。まずは体温を下げましょう。

・愛犬を涼しい場所に移す

・体に水をかける

・可能であれば少しずつ水を飲ませる(人間用のスポーツドリンクを2倍に薄めたものも可)

・扇風機やうちわで風を送る

*氷水は冷たすぎて血管が急に縮んで危険なので、NGです。

熱中症の応急処置が済んだら、獣医に診てもらいましょう。

最後に…

夏の最高気温が上がり、場所によっては35℃の真夏日どころか38℃を超える猛暑日が増えてきました。人間にとってはもちろん、全身を毛におおわれた犬たちにとっての夏はさらに厳しいものです。

日常的にはエアコンや扇風機、サマーカットなど記事内でご紹介したような工夫で、また時々は海や川での水遊びを楽しみながら、飼い主さんともども元気に夏を乗り切れるよう願っています。

文/森野みどり

参考:
ペットの熱中症について知る|愛玩動物救命士養成講座

梅雨が明けました|名古屋市獣医師会

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「自分を犬だと思ってない犬」が、鏡に映る自分を見た時の表情がこちら! (9.22)

  • ニュース

HUNTERからこだわりのペットアイテムがリリース! (9.20)

  • ニュース

癒し効果抜群!?女性社員100%で愛される男の子犬「まるちゃん」 (9.20)

  • ニュース

愛犬と食べたい♪さつまいもの簡単レシピ&栄養素や注意点まとめ (9.19)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る