TOP>ニュース > 愛犬の夏バテ防止対策まとめ!食事レシピや使えるグッズを紹介

  • ニュース

愛犬の夏バテ防止対策まとめ!食事レシピや使えるグッズを紹介

愛犬の夏バテ防止対策まとめ!食事レシピや使えるグッズを紹介

残暑が厳しいこの季節。夏の疲れが溜まり、犬でも「夏バテ」をしてしまうことがあります。

今回の記事では、犬の夏バテ防止のためにすぐできる食事対策や、便利な暑さ対策グッズをまとめました。

愛犬が夏バテになってしまったときの変化や症状についてもご紹介しているので参考にしてください。

犬も夏バテするの?

ダラダラしているパグ

犬はもともと体温調節が得意ではないといわれる動物で、犬種や年齢によって暑さにとても弱い子もいます。

犬には足裏の肉球だけに汗をかく機能がありますが、体温調節にはほとんど影響していないといわれています。

彼らは人と違い体温が上がっても体から汗をかくことはなく、代わりに舌を出して「ハァハァ」と呼吸することで熱を発散しているのです。

そんなわけで高温多湿な日本の夏は犬にとっては厳しい季節なのですが、さらに散歩の時はアスファルトからの照り返しで一層体感気温が上がってしまうというリスクもあります。

暑い日が続く今時期、愛犬の元気がなくなったり、食欲が落ちている、下痢気味などの症状が現れたらそれは夏バテをしてしまっているサインかもしれません。

犬の夏バテ防止対策① 食事を工夫する

犬のドライフード

犬の夏バテ予防法として、まず食事から工夫してみるのがおすすめです。

ポイントは

  • 水分摂取量を増やす
  • 食べやすいご飯にする

の2点!

人間と同じで水分補給は夏バテ予防にとても大切です。

普段より水飲みボウルを増やす、お散歩のときも途中で水分補給をする、などは実行されている飼い主さんも多いかと思いますが、積極的に水を飲まないワンコの場合はさらに一工夫してあげましょう。

犬用のミルクやスポーツドリンクを与える、水にプレーンヨーグルトの「ホエイ」や、肉のゆで汁を少し混ぜるなどをすると、食いつきがよくなることがあります。

きゅうりとトマト

きゅうりやトマト、スイカなど野菜や果物から水分摂取させてあげるのもおすすめです。

また、夏バテ気味で食欲不振のワンコには、とにかく食べやすいご飯を意識してあげましょう。

ウェットフードを食べさせてみる、いつものフードにおやつなど嗜好性の高いトッピングをプラスしてみる、ドライフードに肉のゆで汁をかけてみる、犬用スープをかけてみる、などの方法があります。

ただし、あまりカロリーの高いものばかりあげすぎると逆に胃腸の負担になってしまったり、栄養バランスが崩れてしまう恐れもあります。肥満の原因や、嗜好性の高い食事に慣れてどんどん贅沢になっていってしまう(!)可能性もあるので調整しながらあげてくださいね。

犬の夏バテ防止におすすめの手作りご飯レシピ

「飲む点滴!甘酒と桃のデザートスープ」

「飲む点滴!甘酒と桃のデザートスープ」

ノンアルコールの甘酒を使ったおしゃれな冷製スープ。甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価が高く、ワンコの夏バテ予防にも注目されている食材です。

■レシピはこちら

飲む点滴!甘酒と桃のデザートスープ【女子力でヘルシーごはん】

「枝豆と豆乳のゼリー」

「枝豆と豆乳のゼリー」

暑い日でもツルンっと食べられるので夏バテ予防にも最適。優しい味のゼリーです。

■レシピはこちら

【わんこの手作りごはん】枝豆と豆乳のゼリー

「トマトのカップライス」

「トマトのカップライス」

写真映え抜群、ダイエットにもぴったりのトマトとカッテージチーズを使った夏バテ防止メニューです。

■レシピはこちら

トマトのカップライス【Dr.古江×高月管理栄養士の女子力で簡単ペットごはん】

「焼きアジの冷やしぶっかけうどん」

「焼きアジの冷やしぶっかけうどん」

アジの香ばしさが食欲をそそる、夏の水分補給におすすめのレシピです。

■レシピはこちら

ワンコも食べられる!焼きアジの冷やしぶっかけうどん

犬の夏バテ防止対策② 暑さ対策グッズを取り入れる

夏のお散歩をしているゴールデンレトリーバー

食事の次に実践してもらいたいのが、室温調整 + ペット用の暑さ対策グッズを取り入れることです。

夏は愛犬のためにエアコンと扇風機をフル稼働!なんて飼い主さんも多いかと思いますが、犬にとって快適な温度は21~25℃くらいなので、エアコンの設定温度は25~28℃くらいにするのが良いでしょう。

しかし犬種の違いや個体差(好み)もあるため、エアコンと併せてひんやりマットなどのグッズを用意しておくことで、自分で快適な環境に調整しやすくなります。

また、最近は犬が身に付けられる冷感ウェアもたくさん販売されているので、お散歩のときにはぜひ活用してみてください。

人気の犬の暑さ対策グッズ

  • 接触冷感マット、ベッド
  • 大理石マット
  • アルミプレート
  • 保冷剤付きネッククーラー、バンダナ
  • 濡らして使うクールベスト など

愛犬が夏バテかも?主な症状やサイン

夏バテ気味の犬

犬の夏バテのサインとして現れることが多いのが以下のような症状です。

  • 食欲不振になる
  • 元気がなくなる
  • よく寝る、すぐ横になる
  • 散歩に出たがらなくなる
  • 下痢、便秘、嘔吐など胃腸の不調

このなかでも特に分かりやすいのが、食欲不振です。暑くなってからいつも食べていたご飯を食べなくなった、よくご飯を残すようになったという子は、夏バテを疑ってみましょう。

そんなに遊んでいないのにすぐ寝るようになったり、動くのがだるそうな場合も、夏バテで体力を消耗してしまっている恐れがあります。

夏バテによって消化器官が弱っている犬は胃腸に不調が出やすいので、下痢や軟便、便秘や嘔吐などの症状が起こることもあります。

さらに、水分補給が足りていないと脱水症状を引き起こしてしまうこともあるので注意しましょう。

また、同じく暑さが原因で起こる不調に「熱中症」がありますが、こちらは夏バテとは違って急激に体調の悪化が見られるのが特徴です。

呼吸が荒い、よだれ出るなどの症状の他、酷いときには立てなくなったり、けいれんや血便、血尿などを起こし命に関わることもあります。

愛犬に熱中症の症状が見られた場合はすぐに動物病院へ連れて行きましょう!

※これらの症状は夏バテや熱中症だけに限ったものではなく、何か他の病気である可能性もあります。心配な場合は自己判断せずに獣医師さんに相談しましょう。

愛犬が夏バテしてしまったときの対処法

床で寝ているコーギー

愛犬に夏バテの症状が出ていても「暑いから今は仕方ない」といってそのままにしておくと、暑さが和らいでからも体調不良が続いてしまうことがあります。

栄養不足で免疫力が低下したり、持病を持っている犬の場合悪化してしまうなどの恐れもあります。

愛犬の夏バテのサインに気が付き、前述した「夏バテ防止対策」をしていなかった場合は、まず食事対策を実行してください。十分な水と食事で栄養を摂らせてやり、体力回復に繋げましょう。

数日経っても食欲が回復しない、下痢が続く、工夫しても水を飲まないなどの場合は、夏バテだと侮らずに一度動物病院に連れて行くことをおすすめします。

病院で水分補給の点滴をしてもらうと元気が回復することもありますし、獣医さんに夏バテ対策のアドバイスをもらえるメリットもあります。

もし夏バテから脱水症状を起こしてしまっている場合、事態は深刻なので、できるだけ早急に病院へ連れて行ってくださいね。

外を見ているミニチュアダックスフンド

ちなみに、愛犬が脱水気味かどうか調べるには、首の後ろの皮膚をつまんでみる方法が簡単です。つまんで手を放してすぐに戻れば問題ないですが、つまんだ形のまま戻らなかったり戻るのに時間がかかるような場合は脱水症状を起こしている可能性が高いです。

他にも、おしっこの回数が極端に少ないような場合にも脱水症状を疑いましょう。

犬も夏バテに注意しよう

日本犬やポメラニアン、ゴールデンレトリーバー、シベリアンハスキーなどのダブルコートの犬は、特に暑さに弱く、夏バテにもなりやすいといわれています。

体力のない仔犬や老犬も要注意で、特に老犬は体の水分量も減ってしまうため、健康な成犬以上に水分補給を心がけてあげましょう。

人にとっても犬にとってもしんどい暑さが続く季節、夏バテ予防や暑さ対策をしっかりとして元気に乗り越えてくださいね。

文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

  • ニュース

こぐまみたいにコロコロ丸い、ポメラニアン3姉妹から目が離せない! (9.14)

こぐまカットのポメラニアン3姉妹8
  • ニュース

もうおもちゃに飽きたの?わがままペットに試したい二大対処法 (9.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る