TOP>ニュース > ご主人の命を2度救った新潟の忠犬「タマ公」を知ってる?

  • ニュース

ご主人の命を2度救った新潟の忠犬「タマ公」を知ってる?

君は忠犬タマ公を知っているか!

2007年の3月。当時僕は遠距離恋愛中だった彼女の住まいの近くにアパートを借りるため、わざわざ宮崎から新潟まで引っ越した。若いって単純なのだ。

このとき、新幹線やら在来線を乗り継いでJR新潟駅に到着したが、構内で気になるものを発見した。それが「忠犬タマ公の像」という、ワンちゃんのブロンズ像だった。

「いろんな忠犬がいるんだなぁ~」みたいなことを考えながら引っ越し先に向かったんだけど、それからも新潟駅を利用するたびに、タマ公の前を通ると何となくその存在が気になっていた。で、あるとき図書館でタマ公関連の情報を調べたこともあった。

結論から言えばこのワンちゃん、めちゃくちゃ忠犬だった。

雪崩から飼い主を救う偉大なるタマ公

時は1930年代。新潟県の中蒲原郡にある川内村に、吉太郎という猟師がいた。山深く、冬になれば分厚い雪で覆われる川内村での狩りの苦労は並大抵なものではなかった。

その吉太郎の仕事の頼れる相棒が、タマ公だった。タマ公はメスの柴犬で吉太郎の狩りを日々サポートする優秀な存在だったようだ。

1934年の2月5日。吉太郎とタマ公は、同じ猟師の小泉何某と共に山に入った。が、運の悪いことに、この2人と1頭が雪崩に巻き込まれてしまう。

あっという間に雪に埋もれてしまった吉太郎。小泉もどこに埋まったか知れない。あとはもう死を待つばかり……といった状況で、吉太郎が耳にしたのは、タマ公が雪を掘る音だった。

吉太郎は大声でタマ公に自分が埋まっている位置を知らせ、やがてとうとうタマ公は吉太郎を掘り起こしたのである。タマ公の前脚は血塗れになっていたという。

残念ながら小泉は命を落としてしまったが、ここにタマ公の忠犬としての最初の功績が誕生した。

二度目の雪崩も、タマ公が大活躍!

タマ公の活躍は、これで終わりではない。最初の雪崩遭遇から2年も経たない1936年の1月10日。吉太郎はまたも雪崩に遭遇してしまう。

今度も吉太郎は村の仲間数人と谷へ狩りに出掛けたが、そこで雪崩に巻き込まれてしまう。そして今度は、タマ公も雪崩に巻き込まれてしまったのである。

ところが、吉太郎が今度こそ死を覚悟していると、タマ公の吠え声が聞こえるではないか。身のこなしが素早かったのか、それとも体が軽かったためか。タマ公は雪に埋もれることなく無事だったのである。

最初の雪崩のときと同じく、吉太郎も声を上げてタマ公の救助を待つ。そうこうしているうちに、二度目の救助が成功。タマ公は今度も吉太郎の命を救ったのであった。

おわりに

二度に渡って吉太郎を救ったタマ公は、これで名実ともに忠犬としての名を知られることとなる。当時の新潟県知事からも表彰されたとあるので、よほど大きなニュースになったと思われる。

タマ公はその後も何年か生き、1940年に11歳で生涯を終えている。当時にしてはこれは割と長生きをした部類なので、吉太郎の愛情を一身に受けて可愛がられていたに違いない。

タマ公の功績が話題になって以来、有志によってその銅像が建立されるということが何度か続いている。現在、新潟県内にも数カ所。それから新潟県五泉市と神奈川県横須賀市が災害時相互応援協定を締結している縁もあり、2016年には横須賀にもタマ公像が贈られている。

文/松本ミゾレ

【画像引用元】
にいがた観光ナビ 忠犬タマ公像
https://niigata-kankou.or.jp/spot/5672

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

  • ニュース

こぐまみたいにコロコロ丸い、ポメラニアン3姉妹から目が離せない! (9.14)

こぐまカットのポメラニアン3姉妹8
  • ニュース

もうおもちゃに飽きたの?わがままペットに試したい二大対処法 (9.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る