TOP>ニュース > 【ペットを捨てることは犯罪!】今一度見返しておきたい、ペット遺棄の罪の重さ

  • ニュース

【ペットを捨てることは犯罪!】今一度見返しておきたい、ペット遺棄の罪の重さ

世界的に進む、「ペット遺棄は許せない犯罪」の機運

7月31日に、BIGLOBEニュースが「置き去りにした飼い主の車を必死に追う犬、新しい家族のもとで幸せに(米)<動画あり>」という記事を配信している。ニューヨークタイムスなどが報じた配信記事を翻訳して紹介したものだが、その記事で観ることの出来た動画に、胸を痛ませない人は少なかったはず。

アメリカ・テキサス州エルパソ郡の路上で、ある飼い主が車から飼い犬のシベリアン・ハスキーを下車させ、そのまま発進。路上に置き去りにされたハスキーが必死で飼い主の車を追うという。何ともつらい光景が収録された映像が公開された。

その映像が証拠となり、遺棄をした飼い主、ルイス・アントニオ・カンポス(Luis Antonio Campos、68)が逮捕されている。

この動画、誰がどうして撮影していたのか。配信された記事では、以下のような説明がなされている。

“近くで子犬を保護していた地元の動物保護団体のスタッフであるジョイ・ドミンゲスさん(Joy Dominguez)が動画におさめていた。そこには車から降ろされたシベリアン・ハスキーが、リードを取り外す10代と見られる男性の顔を自分が捨てられるとも知らず無邪気に見上げている様子が捉えられている。男性が車に乗り込むと、無情にも運転席にいたルイスはそのまま車を走らせてシベリアン・ハスキーを置き去りにした。シベリアン・ハスキーは走り去る車の後を必死に追いかけたが、その距離は広がるばかりだった。ジョイさんは犬を保護し、すぐにエルパソ郡保安官事務所に通報した。”

この悪行をおさめた映像はジョイさんの手でSNSでも拡散され、日本も含む世界中の人々が目にすることとなった。

犯人のルイスが車を運転し、協力者の10代らしき男性がハスキーを車から降ろし、リードを外して遺棄し、素早く車で逃走したというのがこの事件の顛末。それをそっくりそのまま撮影されているのだから、悪いことは出来ないものだ。

ルイスはその後拘置所に勾留され、最長1年の収監、もしくは最大4000ドルの罰金が科せられることとなる。肝心の遺棄されたハスキーだが、その後救助され、動物保護団体を経由して現在は里親さん一家に引き取られている。

ペットの遺棄を犯罪とし認定し、刑事罰が適用されるのは、何もアメリカだけの話ではない。日本でだって、やはりその対象となる。

日本の動物愛護法も、ペットの遺棄を犯罪とみなし、懲役もしくは罰金を科す

ペットを遺棄する理由は人によってさまざまだろう。だがどんな理由があろうと、動物愛護法下ではそれは犯罪と認知される。

AC JAPANは昨年、支援団体である日本動物愛護協会の主導によって「犯罪者のセリフ」と題されたペット遺棄についての啓発キャンペーンを行っていた。テレビでご覧になった方も多いと思うが、やわらかなタッチのイラストで表現された、犬を遺棄する母子の母親の方が「親切な人に見つけてもらってね」と、まさに捨てられた犬に語り掛けるシーン。

これは映像と、実態が遺棄であるというギャップから、かなり印象的なCMキャンペーンとしての機能を発揮していた。どんな理由はあっても遺棄は遺棄。そしてそれは犯罪であるということを、明確に伝える力を持つ広告だった。

我が国では今年6月19日より、改正動物愛護管理法が施行となっている。動物愛護法自体は以前から存在したが、これをさらに掘り下げたものと考えてもよい。たとえば生後56日以内の犬猫の販売の制限が掛けられたり、動物取扱責任者の専任要件もさらに厳格化されることとなった。

さらに遺棄についても法律が一部改正となり、この犯罪に対してはより厳しい罰則が設けられるようになっている。東京都動物愛護相談センターがホームページ上で公開している、「改正動物愛護管理法について」に詳しい説明がなされているので、引用させていただきたい。

“動物虐待に対する罰則の引き上げ(殺傷:懲役5年又は罰金500万円、虐待・遺棄:懲役1年又は罰金100万円)”

従来、動物への殺傷の場合は懲役が最大2年、罰金は200万円と規定されていたが、今後は懲役5年、罰金500万円が条件と改定された。遺棄や虐待についても、元々は罰金が最大100万円までで、懲役刑が設けられていなかったが、ここが改定となっている。

動物を捨てる、虐待をする。こういった行為は明確な社会悪、犯罪であるため、法律をもとにより厳しく追及するという時代になってきたというわけだ。いかなる理由があろうと、遺棄、虐待は倫理に反する行為であるため、罰則の強化は当然といえば当然である。

動物愛護法で規定される罰則も、これではまだ軽いという意見が高まれば、さらに改定される可能性もあるが、まずはこの法律で数年様子見となる。

おわりに

筆者も今年、暑い中段ボールに詰められ、捨てられていた猫の母子を発見し警察に通報し、地元の地域猫団体の人にも連絡をしたということがあった。遺棄はまだ日の高いうちから堂々と行われていたので、遺棄する人にとっては、それが犯罪であるという意識はまだまだ強くないのかもしれない。

が、動物愛護法が改定された直後ということもあってか、警察の対応も迅速で十分なものだった。捜査の関係上詳細は伏すが、現場検証もしっかり行っていたし、私たち動物を愛する人たちが、最低限納得の出来る結果にはなっている。なんというか「ああ、やっぱり犯罪って、本気で捜査されると隠せないんだな。色々と」と思える顛末ではあった。

もちろん遺棄された猫たちもみな無事だ。

それにしてもあれだけテレビCMで「遺棄は犯罪である」ということを印象付けるキャンペーンが行われていたというのに、それでも捨てる人は簡単に動物を遺棄してしまう。そういう意識を変えるために必要ものが、罰則の強化しかないのが現状というのは実に歯がゆい。「こういうことは、やめようね」と説明するだけで分かってくれれば、それが一番なのに。

文/松本ミゾレ

【参考】
BIGLOBEニュース
置き去りにした飼い主の車を必死に追う犬、新しい家族のもとで幸せに(米)<動画あり>
https://news.biglobe.ne.jp/international/0731/tec_210731_9811542609.html

東京都動物愛護相談センター
改正動物愛護管理法について
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/douso/kaisei/kaiseiaigohou.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

  • ニュース

こぐまみたいにコロコロ丸い、ポメラニアン3姉妹から目が離せない! (9.14)

こぐまカットのポメラニアン3姉妹8
  • ニュース

もうおもちゃに飽きたの?わがままペットに試したい二大対処法 (9.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る