TOP>ニュース > 嗜好性より安全!ペットのおもちゃ、事故防止のポイントは口に入るかどうか

  • ニュース

嗜好性より安全!ペットのおもちゃ、事故防止のポイントは口に入るかどうか

嗜好性より安全を重視したおもちゃ選びを!

昨今、ペット用のおもちゃの種類はさまざまである。ワンちゃん用にいくら噛んでも型崩れしない丈夫な素材で出来たぬいぐるみも市販されているし、猫ちゃん用に本物のレザーや羽毛を使った猫じゃらしもラインナップされている。

おもちゃはペットごとに好みが異なるが、嗜好性に合ったものを買いあたえると本当に喜んでくれるもので、そうなるとやっぱり飼い主としては嬉しい。せっかく買ってきたのに見向きもされなかったおもちゃ、我が家には山のようにあるから余計に……。

ただ、いくら喜んでくれても、おもちゃ自体がちょっとリスクを抱えていると、さすがにあたえることを躊躇する場合もある。ここで言うそのリスクとは、壊れやすい部品があったり、サイズが小さくてうっかり口に入ってしまうなどのことを指す。

口に入るおもちゃは、危ない!?

先日、子猫を保護した友人から順調に成長する猫の画像をしょっちゅう送り付けられている。目を細めてついつい眺めてしまうんだけど、一点気になるポイントがあり、注意を促してしまった。

その気になるポイントというのが、子猫の口にも入れようと思えば入るほど小さなおもちゃの存在だった。

動物というのは、口に入るものはとりあえず口に入れてしまう。人間だって乳幼児の頃は、手あたり次第とりあえず口にものを入れてしまう。同じことは犬や猫にも言えること。

実際僕も以前、飼い猫が市販の小さめのねずみのおもちゃに夢中になって遊んだ折、勢い余って飲み込もうとしていたのを寸前で止めたことがあった。しかもそのおもちゃ、目や鼻が押しピン状で留められているもので、ちょっと力を入れると取れてしまう。すると今度はその目や鼻を口に入れるリスクも生じるわけで、お気に入りではあったが危ないと判断し、撤去してしまった。

おもちゃの誤飲は決してよそ事ではない!

そもそも口に入るサイズのおもちゃは誤飲の危険があることはペットの飼い主さんたちにはよく知られていますが、どうしても市販されてるおもちゃには小さなものもある。また、おもちゃが壊れてしまって、それを構成していた部品がポロっと取れたときも誤飲リスクを招く。

埼玉動物医療センター・総合医療科がホームページ上で公開しているブログページに「よくあること・・・誤飲」とエントリーされた記事がある。引用の元一部を紹介させていただくが、ここに誤飲リスクを招くものの一覧が記されている。

“異物として誤飲しやすいもの

ボール(テニスボール・ピンポン玉など)

おもちゃ(ぬいぐるみの綿・口に入る大きさのものはなんでも)

たね類(梅干しの種・果物の種など)・食べ物(果物・お菓子・ワンちゃん用ガムなど)

串付きのやきとり

日常のもの(タオル・靴下・ボタン・アクセサリーなど)

ひも・リボン(特にネコちゃんに多いです。)・その他”

数々の誤飲を招くものが挙げられているが、その中にやはり「口に入る大きさのものはなんでも」という記述がある。実際これまで、口に入ったがために誤飲してしまったペットの話を聞いたことは筆者も何度かある。おもちゃの誤飲は他人事ではないと考えておいたほうがいい。

誤飲を防ぐおもちゃ選びやメンテナンスは大事!

口に入ることで誤飲リスクを招くのであれば、ペットにあたえるおもちゃは出来るだけ大きいものを選ぶ必要がある、ということになる。しかし、おもちゃ自体のサイズが十分大きくても、小さなパーツが接着されていたりピン留めされていてばいざという時に外れてしまうこともある。それで誤飲という事態を生じさせるのはまずいので、不安ならそういうパーツはペットにあたえる前に取り除いておくべきだ。

それから、丈夫なおもちゃも遊んでいるうちに傷んでくるもの。メンテナンスを定期的に行い、壊れたり、欠けたりしていないか確認することや、適切な時期の買い替えもまた大事になるはずだ。壊れたままの状態で遊ばせることは、おもちゃを販売しているメーカーも想定していないわけだし。

文/松本ミゾレ

【参考】
埼玉動物医療センター 総合医療科「よくあること・・・誤飲」
http://www.samec.jp/blog/2016/10/post-121.php

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る