TOP>ニュース > 暑さに弱い犬種にとって日本の夏はつらい!猛暑を乗り切る3つのお助けグッズ

  • ニュース

暑さに弱い犬種にとって日本の夏はつらい!猛暑を乗り切る3つのお助けグッズ

高温多湿の日本の夏に弱い犬種たち…

いよいよ本格的な夏が始まった。日本の夏は高温多湿。先日、近所のカレー屋さんに行ったら、ネパール人の従業員が「暑い。国に帰りたいけどコロナでダメヨ」と愚痴っていた。いわく、日本の夏は暑いし湿気も多いし、本当に嫌になるんだとか。

日本の夏に苦戦しているのは、何もネパール人の従業員だけじゃない。日本の風土とは全然違う環境からやってきたいくつかの犬種も、毎年四苦八苦している。

たとえばグレート・ピレニーズ。元々高山帯で生活していた犬種のワンちゃんなので、当然高温多湿に慣れていない。被毛もふわふわで量が多く、日本の夏の湿気がこもりがち。そのため、屋外飼育はもってのほかということになる。

また、パグやブルドッグなどの短頭種も夏場の熱さに弱いことで知られている。短頭種は鼻が低く鼻腔も小さい。そのため熱くなったときの犬によく見られる、“呼気で熱を外に逃がす”という行動をやろうとしても、効率が悪くなってしまう。こうして熱が体内に留まりがちとなり、熱中症リスクを高めてしまう。

最近は年々と夏が厳しい暑さに見舞われるようになったが、そうなってくると犬種関係なく、ワンちゃんに熱中症の危機が及びがち。なので、その暑さを乗り切るために、普段から備えておくべきアイテムについて、ちょっと書いていきたい。

保冷ベストがあれば、夏場のお散歩がより安心に

保冷ジェルなどが満たされたベストを着用する人を、たまに見かける。主に工事現場などで働いている人が身に着けているんだけど、あれの犬用バージョンも何年も前から市場に出ている。犬に着せることで、身体に触れる面はひんやりと冷やしてくれることから、夏場のお散歩には欠かせないアイテムとなりつつある。

夏場の朝方、または夜間にアスファルトがある程度冷えた状態でお散歩に出かけるという飼い主さんが大半ではあるが、暑さに弱い犬種の場合、それだけじゃ不安という方もいるはず。そういう時に犬用の保冷ベストを装備させてあげれば、きっと心強いことだろう。

先日、日暮れからほどない時間帯に家の前で、飼い主さんは空調服、その愛犬は保冷ベストで万全に防備を固めてお散歩をしている光景を見かけた。あそこまでしっかり暑さ対策をしていれば、ワンちゃんの負担も減るだろう。

素焼きのお皿で水を飲んでもらおう!

直射日光を避けた場所で素焼きの器に水を入れておくと、結構な時間が経過してもまだ冷たいままだ。これは多孔性の粘土で作られた素焼きの器に水を注いでも、蒸発の際に器の外側にしみ出して少しずつ消えていくために生じる効果だという。ちょっとずつ染み出して蒸発するということは、器そのものも水が染みわたっていくということで、結果的に器全体が冷えるという形になり、残っている中の水もぬるくなりにくい。

この効果は大昔の人類も発見していたため、多孔性粘土で作った器は世界中の遺跡から出土している。現代においても素焼きの器は廃れていないところであるが、ペット用の水飲み皿にも素焼きのものはある。

暑い時期にはちょっとでも冷たい水を飲ませたくなる飼い主さんは多いはず。そういうときは、素焼きのお皿を買ってきて、そこに水を満たしておくといい。

犬はあまり極端に冷えた水よりも、ある程度ぬるい水のほうを好むが、素焼きの皿なら犬が敬遠するほど冷えたりもしない。

何より冷房!電気代はケチらず!

そして最後のお助けグッズだけど、これはもう冷房である。暑さに弱い犬種にとって、日本の夏を過ごすというのは、これはもう大変な苦労を強いられているもの。だからこそ、せめて室内では快適に過ごしてもらうほかない。

しっかりと畳数に見合った性能のエアコンを設置し、除湿設定でフル稼働させておくことで、愛犬は暑さも感じず、ストレスのかからない生活を送れる。夏の間、ずっと稼働させててもお釣りが来るぐらいには大事な要素なので、電気代のことは気にしないでおきたい。お金はかかるが、それを嫌がるんじゃそもそも暑さに弱い犬種をなぜ飼育してるの? ということになるし。

おわりに

こういう話をしているといつも脳裏に浮かぶのが、以前バイトしていた先で知り合ったおじさんの話だ。このおじさん、当時既に40代だったんだけども、自分の父親がグレート・ピレニーズを飼っていたが、夏場もベランダに出していたと話していた。

「俺は可哀想だと思ったんだけど」と、あくまでも傍観者っぽく喋っていたが、ベランダに出すのが可哀想以前に、この犬に夏場のその対応は虐待である。すかさず「それはあんまりだ」と返したんだけど、結果的にその犬はある夏の朝、ベランダで息絶えていたそうだ。

そりゃそうである。これが暑さに強い犬だろうと耐えきれるかどうか。ましてベランダには、エアコンの室外機だってあったという話だから、本当に酷い。

熱に弱い犬種を飼育する上では、飼い主の知識が必須。知識もないのに迎えても、意図せず虐待してしまうだけだ。可哀想な結末を避けるには、一に知識、二に知識、三、四がなくて五に獣医師など専門家の指示を仰ぐ。これしかない。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼い主も大満足!リビングに置きたいオシャレな爪とぎ4選 (7.25)

  • ニュース

犬の牙が人に向けられない不思議な奇跡 (7.25)

  • ニュース

おもちゃくわえた時のお口の膨らみが好き。 (7.24)

  • ニュース

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する! (7.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る