TOP>ニュース > ペットの命にも関わる大切なこと。真夏の“わんこと行くクルマ旅”の準備&注意ポイント

  • ニュース

ペットの命にも関わる大切なこと。真夏の“わんこと行くクルマ旅”の準備&注意ポイント

出発から帰宅まで快適な旅に!

2021年夏。今年も万全の対策を施しつつ、愛犬との夏休み、わんこと行くクルマ旅にお出かけする愛犬家も少なくないはず。しかし、犬は暑さと湿気が苦手。暑さにやられ、脱水症状、熱中症になったとすれば、命の危険にさらされることさえあるのです。わが家のラブラドールレトリーバーも、以前、夏のドライブ旅行で、想定外の暑さから体調を崩し、膵炎になって、帰路、そのまま入院したこともあるぐらいです。

そこで、夏の暑さに負けないわんこと行くクルマ旅を実践するための、愛犬とのドライブ旅行歴25年以上の、わが家が行っているノウハウをお伝えしたいと思います。

まずは、涼しい時間帯に移動する、が鉄則です。つまり、出発は早朝がベスト。PETomorrowの前回わんこと行くクルマ旅で訪れた那須高原のDOG LOVER’S VILLA Leafのような、朝8時からチェックインできる目的地、愛犬同伴専門のリゾートホテル、ヴィラであれば、高原の涼しい時間帯にダイレクトに入れ、愛犬の暑さによる負担をかけません。

とはいえ、一般的な愛犬同伴専門リゾートホテル、コテージなどのチェックイン時間は午後3時。それまでどう涼しく過ごすかが、愛犬ファーストなドライブプラニングの決め手になるでしょう。

当然、長距離移動では、飼い主、愛犬の休憩がてら、高速道路のSA/PAに寄ることになりますが、その際も、ドッグランや緑地になるべく近いところにクルマを止め、灼熱のアスファルト路面を歩かせる距離を最小限にしてあげるか、あるいは小中型犬なら抱っこ、カートでの移動がベストです。何しろ、真夏の直射日光が照りつけたアスファルト路面の温度は60度以上になることもあるのです。肉球、火傷してしまいますよね・・・。

滞在先のチェックイン時間までの過ごし方も、真夏のわんこと行くクルマ旅では愛犬のための特別な配慮が必要です。そもそも目的地は、比較的涼しく湿気のない高地、避暑地とすべきですが、それでも最近は異常気象で暑さは避けられません。観光スポットは水遊びができる水辺や、木陰で過ごせるような場所を選びましょう。

もちろん、ランチスポットとして、エアコンの効いた店内(または涼しいテラス席)に入れる飲食店を探しておきましょう(予約ができればベスト)。クールダウンするのに最適です(飼い主も!!)。ホテルによっては、チェックイン時間前でもドッグランの利用ができ、エアコンの効いたロビーフロアで休憩(お水のサービスも)させてもらえるところもあるので、要確認ですね。

さて、ここからは、わが家が夏のわんこと行くクルマ旅で持っていく、鉄板アイテムの紹介です。まずは、愛犬の水分補給のためのペット水筒と、車内に置いておいても水がこぼれにくい、蓋に返しが付いた水飲み皿です。

ちなみに、車内のエアコンの温度設定は、犬の快適温度と言われている22-23度が理想。もちろんそれは、前席のことではなく、犬のベストな乗車場所である後席(ミニバンなら2/3列目席)の温度ということになります。クルマの装備としては、後席エアコン吹き出し口は、真夏のわんこと行くクルマ旅では必須で、後席部分のリヤサイドウインドーに直射日光を和らげてくれるロールブラインドが付いていれば理想的。ついていない場合は、吸盤などで張り付けられるサンシェードを利用するといいでしょう。車内温度の上昇をおだやかにしてくれる効果があります。

とはいえ、後席の車内温度が何度かなんて、エアコン吹き出し口のすぐ近くの前席に乗っている限り、分かるはずもありません。そこでわが家では、前席で後席の車内温度を確認できる、セイワのW852電圧サーモ電波クロック+USBというアイテムを前席にセット。後席部分までコードで引くことができるセンサーによって、後席部分の実際の車内温度が確認できるという外・内温度計付きのアイテムを重宝しています。

また、移動中の休憩時、現地に着いてからのお散歩や遊びタイムには、DOG DEPTの防蚊、UVカット機能に加え、クール加工が施されたドッグウエアを着用させるか、保冷剤が入るクールバンダナやクールネックを使うようにしています。わが家のジャックラッセルのララいわく、かなり快適だそうですよ。

DOG DEPT2021年夏物のクールウエアは、お揃いで飼い主用のクールマスクもあるんですよ!!

と、ここまでやれば完璧、と思うのは大間違い。犬は汗をかかないため、人間のように暑さをどう感じているか、飼い主側からは分かりにくいものです。ですから、こまめに愛犬の様子をチェックしてあげることが不可欠。口を開けてハアハアと息をする「パンティング」をしていたら、熱中症の心配をする必要があり、すぐに体を冷やす(保冷バッグに詰めたいタオルを用意しておきましょう)、お水を飲ます、風通しのいい日陰やエアコンの効いた屋内に避難させるなどの対応が必要です。

今年の夏は、南房総や軽井沢に、新しい愛犬同伴専門のヴィラやリゾートホテルが続々オープン。わが家もわんこと行くクルマ旅の準備を、夏対策をして、しっかりと進めているところです。


準備
OKわん!!

写真/青山尚暉・雪岡直樹

DOG DEPT https://www.dogdept.com/

セイワ W852 https://www.seiwa-c.co.jp/products/w852/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼い主も大満足!リビングに置きたいオシャレな爪とぎ4選 (7.25)

  • ニュース

犬の牙が人に向けられない不思議な奇跡 (7.25)

  • ニュース

おもちゃくわえた時のお口の膨らみが好き。 (7.24)

  • ニュース

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する! (7.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る