TOP>ニュース > リアルな実体験!保護猫カフェから猫を迎え入れてみて感じた「良さ」

  • ニュース

リアルな実体験!保護猫カフェから猫を迎え入れてみて感じた「良さ」

悲しむ猫を減らすことに繋がる

近ごろは動物愛護の精神が広まりつつあり、保護猫カフェから猫を迎える人も増えてきています。実は筆者も、保護猫カフェから猫を譲っていただいたひとり。

今回は自身の経験談を通し、保護猫カフェから猫をもらい受けてよかったと感じたことや驚いたことなどをお伝えします。

愛猫レオンは保護猫カフェ出身

我が家で一番やんちゃなレオンは、保護猫カフェ出身。

まだキャットフードも食べられないほど幼い頃、レオンは保健所に収容され、殺処分寸前に。その小さなSOSに耳を傾けてくれたのが、「こねこカフェサンクチュアリ」さん。オーナーさんは今も数多くの猫を救い、命のバトンを繋げています。

レオンに出会ったのは、今から4年ほど前のこと。

当時、筆者はボランティア団体から譲り受けた茶トラの子猫を亡くし、悲しみに暮れていました。ちゃんと大きくしてあげたかった。もっと一緒に過ごしたかった。そんな想いがどんどん募っていき、いつしかもう一度茶トラの子を暮らしたいと考えるように。

そこで、何度か訪れたことがあった「こねこカフェサンクチュアリ」さんに足を運びました。すると、お店にはお菓子の包み紙で遊ぶ生後4ヶ月の茶トラが。

この子と一緒に暮らしたい。そう思い、里親に立候補。審査を経て、トライアルをすることになりました。

保護猫カフェから猫を譲り受けてよかった&驚いたこと

①トライアル期間がありがたい

先住猫との相性を確かめたり、本当に一緒に暮らせるのかと改めて考えたりするためにも、トライアル期間は大切。

実際、我が家では先住猫2匹の相性があまりよくなかったため、レオンを迎え入れることに少し不安がありました。しかし、レオンはお店で他の猫たちと関わっていたからか、我が家の一匹狼的な先住猫たちと割と早く仲良くなってくれ、安堵。

自らお尻のにおいを嗅がせて自己紹介したり、顎の下に頭を入れ込んで「舐めて」と催促したりと飼い主もびっくりな社交性で先住猫たちの心を掴んでいきました。

すでに共に暮らしている子と新しく迎え入れる子、両方の心をケアできる。そんなメリットがトライアル期間にはあるのです。

②相談ができるので心強い

もちろん、お店にもよるかと思いますが、個人的には保護猫カフェから猫を譲り受けるとオーナーさんやスタッフさんに相談できることが心強く感じました。我が家の場合は自宅にレオンを連れてきてくれた際、オーナーさんが実際に対面させてくれ、不安が和らぎました。

日々、たくさんの命と真摯に向き合い続けているオーナーさんはたちはいわば、猫育てのプロ。そんな心強い味方に猫との暮らし方を聞けるのは、ありがたいことだと思います。

③譲渡費が猫助けに繋がる

お店によっては猫を譲り受ける際、譲渡費を払うこともあるのですが、この費用は次の命やお店にいる猫たちを助けるために役立てられます。これはペットショップではなく、保護猫カフェから迎え入れるからこそできる、猫助け。

自分と縁のあった猫だけでなく、自宅に迎え入れることができなかった子の命も紡ぐことができる、この幸せのループは悲しい思いをする猫を減らすことにも繋がっていきます。

いま、全国各地の保護猫カフェは厳しい状態。コロナの影響でお店を維持し続けることが難しくなっています。しかし、保護猫を迎え入れるという、ようやく根付き始めた文化はなくしてはならないもの。

これを機に、小さな命を守り続けている人たちが窮地に立たされ続けないよう、自分にできる支援法を考えていきたいものです。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼い主も大満足!リビングに置きたいオシャレな爪とぎ4選 (7.25)

  • ニュース

犬の牙が人に向けられない不思議な奇跡 (7.25)

  • ニュース

おもちゃくわえた時のお口の膨らみが好き。 (7.24)

  • ニュース

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する! (7.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る