TOP>ニュース > 隕石のかけらに当たった母犬から生まれた魔犬「禍斗」

  • ニュース

隕石のかけらに当たった母犬から生まれた魔犬「禍斗」

昔の人の発想力は凄い!とんでもない出自を持って生まれる魔犬

僕は趣味で、妖怪の話や古い神話を暇さえあれば読み倒している。そういう話の中には、犬や猫が登場するものが結構多いんだけど、中には「どういう発想でそんなことになったんだよ」と笑ってしまうようなこともある。

今日紹介する禍斗(かと)もまた、その一例だ。禍斗とは中国にかつて存在した小さな村に伝わる伝承上の怪物で、犬の姿をしている。見た目はもう完璧に普通の犬なんだけども、その中身はまさに怪獣で、なんと口から火炎を吐くと言われていた。

禍斗はどこから来たのか。言い伝えによれば、そもそもは普通の犬から生まれたという。しかし、誕生の直前に母犬に隕石のかけらが直撃し、そのせいで母体の中の子犬の1頭に異変が生じた。そうして出産を経てこの世に姿を見せたのが禍斗であり、その毛色はツヤのある黒だったという。

隕石のかけらに直撃して耐えちゃうって時点で、母犬も既に怪物っぽい気がするんだけども、まあ神話とか伝承ってそういうおかしな節もあるので、あんまり気にしないようにしたい。

火を食い、火を排せつする!禍斗は困った奴だった!

すくすく成長した禍斗は、やがて火炎を吐くようになるのはさっき説明したとおりだが、彼の場合火炎を吐くだけでなく、火炎そのものを食うこともあったという。まるで昭和のガメラである。

で、食べたら出す物は出すわけで、普通ならうんちを排せつするんだけど、禍斗の場合は炎を帯びたうんちをしたのだという。もし禍斗が飼い犬だったら、その飼い主は本当に苦労が多かったに違いない。なにせ散歩のたびに火炎を吐かないように注意しなきゃダメだし、うんちをしてもいちいち燃え盛ってるから、水も携帯してないといけない。

さらに禍斗は自分の出したうんちにも炎が宿っているものだから、それを食べようとすることもあったという。うんちを食べちゃうワンちゃんってたまにいるけど、禍斗もそういう性格を持っていたということになる。それもそれで困るところだ。

また、禍斗は通常の犬の餌には興味も見せず、燃え盛る炎を見ると飛び込んで食らったとあるため、火事の際にも消火活動の邪魔になったと思われる。これじゃあ近所から「まったくあそこの犬は」と嫌われるのは間違いないこと。餌代は掛からないのが唯一のメリットか。

禍斗にはきっと飼い主なんかいなかっただろうけど、もしいたら大変な苦労人だったのは間違いない。

おわりに

禍斗の出自、習性についてはここまでに書いた程度のことしか分かっていない。元々実在の動物ってわけでもないのでそれは当たり前なんだけど、そもそも古来、中国では火災は小さな集落にとってはコミュニティの存亡の危機をも招きかねないものだったはず。その火災を象徴するような禍斗というのは、マジで恐ろしい悪魔みたいなものだったと認知されていた可能性がある。

口から火炎を吐き出す怪物は古今東西数多くいるものだけど、メジャーな犬という動物にその属性を背負わせて恐れるというのは、特別な意味を持つようにも感じられる。つまり、それだけ昔は火災がありふれた、しかし恐ろしい災いだったということを意味しているのかもしれない……ということだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼い主も大満足!リビングに置きたいオシャレな爪とぎ4選 (7.25)

  • ニュース

犬の牙が人に向けられない不思議な奇跡 (7.25)

  • ニュース

おもちゃくわえた時のお口の膨らみが好き。 (7.24)

  • ニュース

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する! (7.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る