TOP>ニュース > 祖父が施設に入るきっかけになった「犬棄て事件」

  • ニュース

祖父が施設に入るきっかけになった「犬棄て事件」

虹の橋を渡る日まで

田舎暮らしの祖父が施設に入った、と母から連絡があった。ずっと可愛がってもらっていた祖父だから、施設に会いに行くついでに母方の実家に寄ってみた。いまだに矍鑠(かくしゃく)としている祖母に、祖父が施設に入るまでの経過を聞いた。原因は犬にあった。

実家にはゴンという犬がいるのだが、なんと祖父はゴンを裏山に棄てに行き、迷子になってしまったのだ。

その日、祖父の姿が見えないと心配していた祖母が、庭に出てみると犬小屋にいるはずのゴンがいない。夕方になっても、祖父とゴンが帰って来ない。心配になって交番に行こうとしたところ、ゴンだけがひとりで帰って来た。

「ゴン、おじいちゃんは一緒じゃなかったの?」と聞いたところで、ゴンが答えてくれる訳もなく、夜になっても帰らない祖父を探して、町内のみんなで近隣を見回ったそうだ。

夜更けになって、祖父は裏山にある祠の階段で見つかった。発見直後も要領を得ない受け答えをしていたが、祖母が粘り強く聞き出すと、「犬を棄てに山に入った」と言う。

ゴンを可愛がっていた祖母の怒りは凄まじかった。さらに、棄てに行ったはずのゴンの方が、先にさっさと帰って来た件が、ご近所で笑い話になってしまい、正気に戻った祖父は激しく落ち込んだそうだ。

それなのに、祖父はその後、二度もゴンを棄てに行った。その都度、みんなで探し回ることになり、相当な迷惑をかけたという。ちなみに、ゴンは二度とも祖父より先に、家に帰って来ていた。

これはもう認知症に違いないと、祖母は確信したらしい。財布が無くなったり、上着を忘れてくるなど、小さな失敗はあったが、犬を棄てに行ったのが決定打になった。祖父は自ら「施設に入る」と言い出して、さっさと決めてしまったそうだ。

「三度も棄てられちゃったのよ、この子」と祖母はゴンの頭をなでていたけれど、「一人だとやっぱり寂しい。ゴンを見送って、家が片付いたら、一緒のとこに入るつもりよ」と言っている。

「おじいちゃん、どうして自分が可愛がっていた犬を棄てに行ったのかなあ」。祖母に聞いたら、何となく思い当たる節があるという。

祖母は祖父が犬に対してトラウマがあったというのだ。

「なんだか犬がいると家庭にもめごとが起きるようになる、犬はいない方が良いって、頭の底にあったみたいなのよね」と、祖母は甘えるゴンを切なそうになでている。

「昭和の時代はね、野犬狩りがあって、野良犬が捕獲されてたのよ。子供が噛まれたら危険だってね。

そんな野良犬の一匹がうちの物置きで子犬を生んじゃったの。それをあなたのお母さんがせがんて飼ったんだけど、当時、まだ健在だった舅であなたのひいおじいちゃんが『犬なんて飼うもんじゃねえ』って怒っちゃって、何度も何度も繰り返しもめたのよ。それがトラウマなんじゃないかなぁって思うの」と祖母は寂しそうだった。

祖父は「犬さえいなくなれば、家族が平安に暮らせる」と考えた。その記憶が今になって蘇ってきて、ゴンを棄ててしまった。

「犬好きで、実際ゴンをかわいがっていたのに、心の底では『犬は家族にとってじゃまなものだ』、という考えが、頭のどこかにあったのよ。でも、この前、施設に行ったら、ゴンに悪いことしたなあなんて言うの。自分が何をしてしまったのか、わかってるみたいなのよね」と涙ぐんでいた。

「おばあちゃん、大丈夫だよ。ゴンは山に連れていかれて、たっぷり遊んで、散歩してもらったとしか思っていないよ」と、慰めた。

祖母が「そうよね、ゴンはおじいちゃんよりよっぽど賢いわよね」なんて話しかけると、ゴンは、自分が話題の主になっているのがわかって、シッポの振りをさらに加速させて、ご機嫌だった。得意げなゴンが、なぜかシュワちゃんになって「アイウイルビーバック」と言っているような気がした。

(文/木村圭司、編集/柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼い主も大満足!リビングに置きたいオシャレな爪とぎ4選 (7.25)

  • ニュース

犬の牙が人に向けられない不思議な奇跡 (7.25)

  • ニュース

おもちゃくわえた時のお口の膨らみが好き。 (7.24)

  • ニュース

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する! (7.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る