TOP>ニュース > 間もなく猛暑到来!愛犬のお散歩時には地面の暑さにご注意を…

  • ニュース

間もなく猛暑到来!愛犬のお散歩時には地面の暑さにご注意を…

日本の夏は、暑い!犬たちだって暑い!

間もなく、本格的な夏がやってくる。僕は日本の夏は大好きだけど、高温多湿の季節でもあるので、ちょっと油断するとすぐに体調を悪くしてしまう。毎年調子に乗って夏バテになってしまうので、今年はちゃんと帽子をかぶって外出しようと決意している。

夏がしんどいのは人だけではなく、動物たちにも当てはまる。熱中症、熱射病リスクが跳ね上がるこれからの季節は、くれぐれも最悪の事態に直面しないように注意しなければならない。

特に愛犬家の方々にとっては、ワンちゃんのお散歩の際にはかなりの注意が必要となる。毎年のことだけど、夏場の日中のお散歩は厳禁なのだ。

アスファルト付近は60℃近い高温!とてもワンちゃんには耐えられない…

日本の歩道、車道のほとんどは、アスファルトによって丁寧に舗装されている。このアスファルト、夏場は日差しを受けると表面温度が60℃以上にも達する。

当然そんな中で愛犬のお散歩なんて悠長に出来るものではない。肉球が火傷を負ってしまうし、人間よりも体高の低い犬は、人以上に下からむせ返る熱気を体全体に浴びながら進むことになる。こんなことをしていれば、タダでは済まないのも当然。熱中症になってしまうのも時間の問題だ。

肉球の火傷に、熱中症。夏の日中は、お散歩なんてとてもじゃないがこれら恐ろしい事態が待ち構えているので、到底不可能だということをおぼえておきたい。たとえ愛犬が外に出たがっていても、日暮れまでは我慢してもらうのが愛情ということだ。

肉球火傷は犬自身にもつらく長引く痛みをあたえてしまうし、立っている間は常に地面に接している関係から根治もしにくい。熱中症の場合は命を奪うことにもつながりかねない。そもそも夏場の日中はお散歩厳禁と考えておこう。

夏場でもお散歩は不可欠!日暮れ、早朝が適している時間帯

ワンちゃんにとってはお散歩はとても大切な日課。それは通年で変わらない。真夏の場合でも当然愛犬のお散歩は必須なんだけど、前述のように日中はもってのほか。安全にお散歩させるためには、日没から早朝にかけての時間に行うのがマストとなる。

夜になってしまえばアスファルトの熱もだいぶ下がるし、早朝であればやはり熱中症の心配も、火傷のリスクもない。そのうえで、念のために散歩に行く直前に飼い主さんが地面に掌を当てて、熱くないか確認すればもう完璧だ。

日中を避けてのお散歩の際は、愛犬に反射材つきのハーネスや首輪などを身に着けてもらうと、事故防止にもつながりやすい。

おわりに

それにしても、日本は本当に夏場が灼熱の蒸し風呂地獄のようになってしまって久しい。特に都市部はその傾向が高く、ヒートアイランド化もどんどん進んでいる。

僕が子供の頃のことを思い返してみると、夏はまあ確かに暑かったものの、アスファルトの上に大量のハンミョウという虫がいた。ハンミョウは虹色の綺麗な甲虫で、道路の上をふわふわ飛んでは着地し、飛んでは着地する変な虫だった。僕はこの虫が大好きで、よく歩道にうつぶせになって観察していた。

しかし、その当時あんまりアスファルトが滅茶苦茶熱かったという記憶もなければ火傷もしていないのである。全然我慢出来る程度の熱さだったのだ。ハンミョウだって平気でアスファルトの上で数分じっとしていたし。

その横では、近所のおじさんが犬を連れてうろうろしていたものだ。僕は都市部の生まれではないんだけど、とにかく30年も前は夏場もまだシャレで済む暑さで済んでいた。

でも、もうずいぶん夏場のアスファルトの上でハンミョウを見なくなった。ハンミョウ自体は今も河原や空き地にいるため、これはアスファルトを避けるようになったということだろう。それだけ熱いのだ。

話が犬から虫にズレたけども、とにかく現代の夏は、日中の犬の散歩は適さないということなのである。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る