TOP>ニュース > 愛犬の避妊・去勢手術はする?タイミングやメリット・デメリット、費用、手術の流れを解説!

  • ニュース

愛犬の避妊・去勢手術はする?タイミングやメリット・デメリット、費用、手術の流れを解説!

不妊手術のタイミングとメリット、デメリットとは

愛犬を迎えたら、不妊手術(女の子であれば避妊、男の子なら去勢)を受けさせるかどうか気になるのではないでしょうか。不妊手術をすると、望まない妊娠を防げるだけでなく、愛犬と飼い主さん両方のストレスを軽減し、将来的な病気の可能性をなくしたり、低くする効果があります。

ただし、不妊手術で生殖機能を取り除いてしまえば、元に戻すことはできません。また、手術には全身麻酔が必要なため、リスクがあるのも事実です。

この記事では、不妊手術のタイミングやメリット・デメリット、手術の流れと費用をご紹介します。愛犬と飼い主さんにとって、理想的な選択をするための一助になれば幸いです。

不妊手術のタイミング

はじめに、不妊手術に適したタイミングをご紹介します。

諸説ありますが、避妊手術のタイミングは、初めてのヒート(生理)を迎える前が良いと言われています。ヒートを経験する前に避妊手術を受けると、乳腺腫瘍の確率が下がるからです。犬のヒートは年2回です。避妊手術による乳腺腫瘍を防げる確率は、ヒートの経験が増えるたびに低下する、との研究結果が発表されています。

ヒートを迎える時期は、体のサイズや犬種によって異なるものの、小型犬で生後半年前後、大型犬になると10ヶ月ごろです。

手術を受けると決めたら、愛犬が全身麻酔に耐えられるサイズに成長して、体調が良い時を選びましょう。犬も若い方が回復力があるため、手術をするのであれば早い方がメリットがあります。また、5歳をすぎるとホルモン系の疾患が出てくる可能性がありますので、避妊手術は5歳までを目処とする考え方もあります。

次に、去勢手術のタイミングを紹介します。

去勢手術のタイミングは、体の大きさや犬種によって個体差があるものの、性的に成熟する生後6ヶ月から10ヶ月が目安です。

犬の男の子は、男性ホルモンの分泌が始まるとマーキング行動(片足を上げて排尿する行為)をするので、これが習慣化する前に去勢するといった考え方もあります。

また小型犬では、乳歯が自然に抜けない場合があります。去勢手術では全身麻酔を使いますので、愛犬の負担を減らすために同じタイミングで乳歯の抜歯を考えても良いでしょう。

不妊手術のメリット

不妊手術のメリットと効果にはどのようなものがあるでしょうか。

避妊手術のメリットは次の6つです。

・婦人科系の病気が予防できる、または可能性が下がる

・望まない妊娠が避けられる

・偽妊娠が避けられる

・ヒートによる出血がなくなり、体や部屋を汚すことがなくなる

・生理によるストレスがなくなり、穏やかになる

・発情期に大きな声で吠えるといった問題行動がなくなる

婦人科系の病気としては、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症、卵胞嚢腫などがあります。乳腺腫瘍の予防には、初めてのヒートの前の手術が最も効果が高いとされています。

偽妊娠は、ホルモンバランスの変化により、妊娠していないのに、妊娠しているような、食欲減退やつわりが起きることです。

避妊手術を受けるメリットは、病気にかかる可能性が低くなり、また不要なストレスが減ることと言えます。

去勢手術をするメリットには4つあります。

・生殖器に関わる病気の予防になる

・望まない繁殖を防ぐ

・発情によるストレスが減る

・マーキングやマウンティング行動、遠吠え、ケンカが抑えられる、または減る

生殖器に関わる病気は、前立腺疾患、精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどです。

避妊手術を受けていない発情期のメスが近くにいる時に感じる、去勢していないオスのストレスは強く、脱走したり攻撃的な行動が見られることもあります。

去勢手術のメリットは、病気の可能性を減らし、愛犬にとっても飼い主さんにとっても、ストレスを除くこととです。

不妊手術のデメリット

次に、不妊手術のデメリットを見てみましょう。デメリットは、避妊と去勢に共通です。

・全身麻酔のリスクがある

・生殖機能を取り除くことにより基礎代謝エネルギーが下がるため、太りやすくなる

・手術後の痛みによるストレスと、感染症のリスクがある

・ドッグショーに出られなくなる

・臆病でシャイな性格がより強くなる可能性がある

・毛並みや毛質、毛の色が変わる可能性がある

不妊手術は、全身麻酔で行われるため、麻酔のリスクがあることは否定できませんし、手術に伴う感染症のリスクもあります。また、手術後の痛みやストレスも小さくはないでしょう。

ドッグショーは、繁殖のための犬を対象とするので、不妊手術を受けると出場資格がなくなります。ドッグショーを考えている場合には、不妊手術は受けられません。

不妊手術により生殖器官を取り除くと、ホルモンバランスの変化により、性格や体質に影響があることも考えられるでしょう。ただし、現在の獣医学界では、病気の予防の観点から、デメリットよりもメリットが多いと考えられています。

不妊手術の流れ

手術の前には、愛犬の体調が良好なことをしっかり確認します。いつもと違った様子はないか、食欲があるか、下痢や嘔吐がないか確認しましょう。手術当日は、飲食をしないよう指示を受けることが多いです。これは、麻酔の際に、食べ物などが気管に入るのを防ぐためです。

手術の流れは次のようになります。

1.検査
全身麻酔の前に、問診と聴診、触診のほか、愛犬の年齢や状態に応じて血液検査、レントゲン、心エコーを行います。

2.麻酔、手術
避妊手術は、お腹にメスをいれる開腹手術です。子宮と卵巣、もしくはどちらかのみを摘出します。手術は1-2時間で終わりますが、術後は1泊することになるでしょう。

去勢手術は、開腹手術ではなく陰嚢または陰嚢近くの皮膚を切って2つの睾丸を取り出します。手術は1時間ほどで終わり、日帰りできる場合もあるでしょう。

3.手術後のチェック
手術後は、愛犬が傷口をなめて感染したり、散歩の際に傷に汚れがつかないよう、エリザベスカラーを巻いたり、手術後用の服を着せて過ごします。

抜糸は1週間から10日後になります。この間、普段と変わらない生活ができますが、激しい運動はしないように気をつけましょう。

不妊手術の費用

最後に、不妊手術にかかる費用をご紹介しましょう。費用は、愛犬のサイズや、動物病院によって差があります。体が大きくなると費用が高くなり、避妊手術の方が去勢手術よりも高くなります。

不妊手術に必要な費用は、全身麻酔料をはじめ、手術の技術料、手術室使用料、手術用具滅菌料、診察料、検査代、手術道具代、入院費などです。トータルでいくらになるか、事前に確かめておくと安心です。

また、自治体によっては犬の不妊手術に助成金が出るケースがあります。お住まいの自治体や動物病院に問い合わせてみてください。

・避妊手術の費用
避妊手術の費用は、3万円-5万円です。避妊手術では、1泊入院となりますので、入院費用が余分にかかります。また、開腹手術で去勢手術よりも複雑なため、手術代もより高額です。

・去勢手術の費用
去勢手術の費用は、2万円-3万円です。避妊手術よりも短時間で比較的、簡単な手術であること、日帰りできることから、避妊手術よりも費用がおさえられます。

まとめ

大事な愛犬に麻酔をかけ、体にメスが入ることを考えると、不妊手術を迷う方も多いでしょう。手術にはメリットがあるとは言え、デメリットもあり、簡単に決められる問題ではありません。

愛犬と飼い主さんにとってベストな選択をして、長く幸せに暮らせることを願っています。

文/森野みどり

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

介助犬として柴犬が国内初認定!パートナーに夢と笑顔を与える柴犬「瑠奈」 (10.23)

  • ニュース

やっぱり、愛犬に保険は必要?ペット保険の基本と仕組み、注意点を解説 (10.22)

  • ニュース

子猫・子犬のためのギフトBoxがもらえる「ロイヤルカナンStart of Lifeキャンペ... (10.21)

  • ニュース

“わんこと行くクルマ旅”特別編 三菱デリカD:5で行く秋の軽井沢 (10.21)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る