TOP>ニュース > 世界は猫が支配?笑撃の猫だらけホラー「ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット」

  • ニュース

世界は猫が支配?笑撃の猫だらけホラー「ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット」

Amazonで、100個以上の評価で★5つの新作猫コミック発見!

ネットで猫コミックを見かけるとポチしている私にAmazonが先月すすめてきたのが、5月10日に出版された「ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット」という作品でした。


▲「ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット」(原作:ホークマン/作画:メカルーツ/マッグガーデン刊)

表紙を見ると、劇画系の絵柄です。劇画系の絵柄はその画力の高さゆえに、猫がリアルすぎて可愛くない確率が高いので、一抹の不安を感じました(素人っぽいシンプルな画風のほうが、意外に猫のかわいさを的確にとらえていることも多いですよね)。

またこのタイトルは、ホラー映画マニアの間では伝説となっているゾンビ映画「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」のもじり。ということは、猫をゾンビに置き換えたホラー作品・・・? 気色悪いゾンビのような猫がたくさん出てくるのでは…? 不安になってAmazonのレビューを見ると、これが絶賛ばかり。

「ゾンビだと地獄絵図と化しますが、猫なので天国です(笑)」

「ページをめくるたび、どのコマも猫でいっぱい。天国が広がっています」

「猫が可愛すぎておどろおどろしさがないです」

「いちいち登場人物が猫にやさしく、強面のおっさんが優しく猫に包まれながら猫になっていく姿は涙なしには語れない」

「猫好きを根こそぎファンにしようと企む悪の漫画。2巻はいつになるんですか!ノルウェージャンをもっと出してください!」

ますます気になって、さっそく取り寄せて読んでみました。

リアルなホラー感と、アホほどの猫愛に、腹筋崩壊

舞台は、近未来。人間を猫に変えてしまうN・Nウイルスによりパンデミック(広範囲におよぶ流行病)が発生したどこかの国。そのウイルスに感染した猫に襲われると人間は、次々と猫になってしまいます。

主人公は、過去の記憶を失い、迷い込んだ猫カフェで猫の世話をしている超猫好き。出てくる登場人物は基本的に猫好きですので、猫への暴力シーンは一切なく、猫好きも安心して読めます。また猫の描写も細やかで、猫飼いがキュンキュンするかわいらしい動きや表情が随所に出てきます。

警察や軍隊が市民に避難をよびかけても、「猫ちゃんカワイイ♡」と全く危機感がないので、お手上げ。誰もがかわいい猫を傷つけたくないし、痛い思いをさせて嫌われたくないので、威嚇作戦もぬるいことこのうえなし。リアルな恐怖と緊張感に満ちているのに、伝わってくるのは(バカバカしいほどの)猫愛。そのギャップに、腹筋崩壊の大爆笑の連続。


▲トゲの上をそろそろ歩く猫の描写の細かさに、猫愛を感じます

いったい、作者は読者を怖がらせたいのでしょうか、なごませたいのでしょうか。混乱している私が、その狙いの奥深さを感じたのは、誰よりも深く大きな猫愛の持ち主として描かれている猫カフェオーナーのガクさんが、猫の群れに襲われるシーン。

ゾンビの大群に襲われる恐怖シーンとは違い、襲われるガクさんも微笑んでいますし、襲う猫も笑顔なのです。


▲自分を襲う猫たちを、笑顔で受け止めるガクさん。背景には、わが子である猫を抱く聖母のイメージが…


▲襲う猫たちも、とびっきりの笑顔…。

このシーンを見て、私はこのコミックの狙いがうっすらわかったような気がしました。大好きなガクさんを襲う猫たちが満面の笑顔なのは、愛する人間を自分たちの世界に招きいれることができ、同じ猫として生きていける歓喜をあらわしているのでは? ガクさんも、猫たちのその気持ちを理解しているから、笑顔で受け止めようとしているのでは?

果たしてこの推測は当たっているのか。原作を担当されているホークマンさんと、作画を担当されているメカルーツさんにお話をうかがいました。

「体内にため込んだ“猫欲”が爆発して生まれた作品」(ホークマンさん)

――まず、お二人のプロフィールを教えてください。

ホークマンさん: 普通の高校卒業してそのあと漫画の専門学校いって上京して出版社を色々いって今の担当さんに拾われて色んな漫画賞投稿して前作の「配信勇者」を連載して連載終了して1年間半ニート生活をして今に至ります。

メカルーツさん:北海道出身の漫画家です。2017年に「雨天の盆栽」という漫画でデビューいたしました。

――作品からは強い猫愛を感じますが、猫と暮らしていらっしゃるのでしょうか?

ホークマンさん:たしか5歳くらいの頃から三毛猫と暮らしていました。

メカルーツさん:はい、家には猫が2匹おります。高校生の頃にも猫を飼っておりました。

――ゾンビを猫にしようと考えた理由は?

ホークマンさん:初期のプロットでは普通のゾンビコメディものでしたが、その頃は猫とあまり触れ合えない環境にいたので、そのせいで体内にため込んだ猫欲が爆発しこのようなことになったんだと思います。

――映画「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」に影響されているところはありますか?

メカルーツさん:一応、ホラー映画のライティングや色味など観察して絵に描いていければと思っています。

「リアルな猫の絵でいくことに不安もありました」(メカルーツさん)

――ストーリー展開や絵で苦労されているのはどんなところですか?

ホークマンさん:自分の持てる猫への最大の敬意、愛、感謝をいかに描けるか。猫好きにいかに楽しんでもらえるかというところです。

メカルーツさん:猫も人も演技には気を使います。ちょっと違うだけで印象がだいぶ変わってしまうので。

――発表後の反応で多いのは?

ホークマンさん:「やべえ作品」とか「猫愛を感じる」と言われてるのをよく見ますね。原作冥利に尽きるお言葉です。個人的に一番うれしいのは「狂ってる」です。

メカルーツさん:猫がかわいいと言ってもらえて安心しました。リアルな猫の絵でいくのはどう受け止められるか心配だったので良い反応があってほっとしました。これからもそんな人たちに応えられるような漫画にしていきたいです。皆さま本当にありがとうございます。

確かに、猫コミックはリアルな絵よりも、簡略化したシンプルな絵のほうが、猫のかわいさが伝わりやすいところがあります。でもこの作品の場合、メカルーツさんの高い画力があるからこそ世界観がリアルに感じられ、不思議な感動が生まれるのだと思います。またホークマンさんの「自分の持てる猫への最大の敬意、愛、感謝をいかに描けるか」という言葉に、やはりこのコミックは猫愛の究極の姿を描こうとしているんだという確信が深まりましたが、最後に、その点をお聞きしてみました。

――素朴な疑問として、「全人類が猫になったら、世話をしてくれる人がいないので野良化して、猫が苦労するだけでは?」とも思いますが、猫は何のために人類の猫化をもくろんでいるのでしょうか?

ホークマンさん:秘密です…ふふ。

同作品は月刊誌・月刊コミックガーデンおよびweb漫画サイト・MAGCOMIにて連載中。漫画サイト・MAGCOMIでは、第一話が試し読みできますよ!(https://magcomi.com/episode/13933686331715261669

取材・文/桑原恵美子

取材協力/株式会社マッグガーデン

◎関連サイト:MAGCOMI (https://magcomi.com/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼い主も大満足!リビングに置きたいオシャレな爪とぎ4選 (7.25)

  • ニュース

犬の牙が人に向けられない不思議な奇跡 (7.25)

  • ニュース

おもちゃくわえた時のお口の膨らみが好き。 (7.24)

  • ニュース

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する! (7.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る