TOP>ニュース > 日本は犬に優しい国?殺処分をどう思う?犬を取り巻く環境や問題を徹底調査!

  • ニュース

日本は犬に優しい国?殺処分をどう思う?犬を取り巻く環境や問題を徹底調査!

生態販売や殺処分問題などリアルな声も紹介

株式会社PLAN-Bが運営をするINUNAVI(いぬなび)は全国の⽝の飼い主1000⼈を対象に「犬を取り巻く環境や問題について 」に関するアンケート調査を実施した。

日本はペットに対してどんな国?

ペットに対して日本の現状は「どちらともいえない」45.1%が最も多い回答になった。

ペット先進国や後進国の定義があいまいなことや、ほかの国のペット事情があまり周知されていないため、日本の置かれている位置がわかりにくいということかもしれない。

日本はペット先進国になりつつあると思う?

ペット先進国になりつつあるかについては「全然まだまだと感じる」56.5%が最も多い結果になった。

分析してみると、日本はペットに対してどんな国かの質問で「どちらともいえない」と回答した飼い主がほぼ二分化するという面白い結果に。

詳しい内訳
・全然まだまだと感じる…どちらとも言えない25.1% / 後進国だと思う30.6% / 先進国だと思う 0.8%
・なりつつあると感じる…どちらとも言えない20.0% / 後進国だと思う5.6% / 先進国だと思う17.9%

しかし、これは改めて日本のペットに対する現状について、あやふやな状態ではっきりしたことがわからないという問題が浮き彫りになったのではないだろうか。

近年では、日本でも高品質なフードを製造したり、原材料の表記を明確にするなどドッグフードの安全性も確立されてきたが、それ以外の面ではまだまだ不十分だと感じている飼い主が5割以上いる結果となったのかもしれない。

海外のペット先進国の税金や規則についてどう思う?

税金や規則による罰則・罰金については「税金は必要ないが、規則による罰則や罰金はあってもいいと思う」59.5%が最も多い回答となった。

税金についてはさておき、「日本も見習うべき」と回答した飼い主が23.8%いることから、8割以上の飼い主が規則による罰則や罰金があってもいいと思っていることがわかる。

ペットショップやブリーダーでの生態販売をどう思う?

ペットショップやブリーダーの生態販売については「規制を厳しくすれば販売してもいいと思う」39.3%が最も多い結果になった。

規制を厳しく…というのはもうずいぶん前から言われ続けてきているが、実際に今も昔もそこまで変わっていないのが現状ではないだろうか。

しかし、「そもそも犬の命を金銭で売買してほしくない」や「ペットショップでの生態販売は禁止すべきだと思う」といった回答が2割以上あったのは、飼い主の意識が徐々に変わってきていると言えるのかもしれない。

ペットショップで生態販売をしている国は少ない?!

日本では、ペットショップのショーケースに子犬が入れられて販売されているが、そもそもペット先進国である海外諸国ではペットショップでの生態販売は法律で禁止されていることが多い。

ペット先進国では生態販売が禁止されていなくても、道徳観や倫理観からショーケースに入れて販売する、ということをしているペットショップは極めて稀!

これは、わんちゃんを人道的に扱うというペット先進国ならではなのかもしれない。

そのため、わんちゃんを家族として迎え入れたいと思ったら、ブリーダーや保護施設(シェルター)、友人・知人などから迎え入れるのが一般的なのだという。

犬の殺処分の現状をどのくらい知っている?

わんちゃんの殺処分の現状は「何かしら(テレビや街のポスターなど)を見たり聞いたりして知っている」62.8%が最も多い回答になった。

殺処分についてメディアなどで取り上げる動きがあったり、街中での募金活動などを目にする機会も増えているからの結果なのかもしれない。

犬の殺処分問題をどう思う?

わんちゃんの殺処分問題は「殺処分がなくなればいいと思う」93.1%が最も多い回答に。

実際、ここ数年で殺処分をゼロにする運動も活発になり、2004年度の犬の殺処分数は155,870頭(86.0%)だったのに対し、2019年度の殺処分数は5,635頭 / 幼齢個体1051頭含む(17.3%)と68.7%減少している。(※1)

しかし、それでも日本のペット殺処分数が世界各国と比べても多い、ということはあまり知られていないかもしれない。

ドイツではそもそも殺処分を法律で禁止していたり、ほかのペット先進国でやむをえず殺処分を行う場合は、痛みのない薬による安楽死に限られている。(※2)

日本では、いまだに多くの自治体で二酸化炭素ガスによる窒息処分が行われており、5,000頭以上のわんちゃんたちが苦しみながら命を終えている事実から目をそらしてはいけない。

※1参考:環境省・統計資料(https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html

※2参考:ドイツ「動物福祉法」(https://www.gesetze-im-internet.de/tierschg/BJNR012770972.html

愛犬と一緒に利用したい施設・サービスTOP10

1位:ホテル・旅館などの宿泊施設…142票

2位:温泉…73票

3位:レストラン…64票

4位:カフェ…53票

5位:バス・電車・飛行機などの公共交通機関…43票

6位:スーパーやコンビニなどの日常的な買い物先…41票

7位:プール…38票

8位:ショッピングモール…17票

8位:観光施設…17票

8位:あらゆる施設…17票

10位:遊園地やテーマパーク…13票

10位:スポーツジム…13票

愛犬と一緒に利用したい施設・サービスの1位は「ホテル・旅館などの宿泊施設」142票だった。

多くの飼い主が「ペット可ホテルはあってもまだまだ少ない」と感じているようで、どんな宿泊施設でも同室できることを望んでいることがわかった。

また、「スーパーやコンビニ」「公共交通機関」「スポーツジム」「美容室」といった、日常的に利用する施設やサービスに愛犬を同伴させたいと思っている飼い主も多いようだ。

犬のために増やして欲しい施設・サービスTOP8

1位:ドッグラン…32票

2位:ドッグカフェ…12票

3位:ドッグランに併設する施設の充実…9票

4位:買い物施設での一時預かり…7票

5位:犬の保育園や託児所…5票

6位:犬専用プール…4票

6位:ドッグラン・専用庭付きホテル…4票

6位:飼い主のためのセミナー…4票

8位:24時間対応の動物病院…3票

8位:買い物時に犬を繋いでおける場所やケージ…3票

8位:トリミングサロンにカフェの併設…3票

愛犬のために増やして欲しい施設・サービスの1位は「ドッグラン」32票だった。

更には「ドッグランに併設する施設の充実」を望む飼い主もおり、わんちゃんと飼い主が利用しやすいドッグランを望んでいることがうかがえる。

ドッグランやドッグカフェはまだまだ少なく、地域によってはそういった施設がまったくないところもあるので、もっと気軽に利用したいということなのかもしれない。

引用元:日本は犬に優しい国?殺処分をどう思う?犬の現状について考える!【犬の現・元飼い主さん1000人アンケート】
https://inunavi.plan-b.co.jp/japan_pet_deta/

INUNAVI(いぬなび)
https://inunavi.plan-b.co.jp/

調査概要
・アンケート内容:犬を取り巻く環境や問題について
・調査方法:インターネット調査
・アンケート対象:10代~60代の全国の犬の現・元飼い主さん男女1000名(男性304名 / 女性696名)
・アンケート実施日:2021年4月9日~4月12日

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬の避妊・去勢手術はする?タイミングやメリット・デメリット、費用、手術の流れを解説! (6.22)

  • ニュース

ペットも家族同然!アメリカではペット育児休暇制度を開始する会社も (6.21)

  • ニュース

カワウソみたい(笑)パピー時代のムギとキャリー (6.21)

  • ニュース

最近、妻も子どもも「犬が欲しい」と言い出した。 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る