TOP>ニュース > 飼い主476人に聞いた犬のワクチン事情。副反応が出てしまったというケースも?

  • ニュース

飼い主476人に聞いた犬のワクチン事情。副反応が出てしまったというケースも?

接種頻度や実際の副反応の有無など、飼い主の不安などリアルな声を紹介!

株式会社PLAN-Bが運営をするINUNAVI(いぬなび)は全国の⽝の飼い主476⼈を対象に「動物病院」に関するアンケート調査を実施した。

 調査概要
・アンケート内容:「動物病院」に関するアンケート
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:10代~60代の全国の犬の現・元飼い主476名(男性127名 / 女性349名)
・アンケート実施期間:2021年5月12日~ 5月13日

アンケート項目
Q1:毎年ワクチン接種はしている・していましたか?
Q2:ワクチン接種は何種を打ちましたか?
Q3:ワクチン接種にかかった金額を教えてください
Q4:ワクチン接種のあとに副作用はありましたか?
Q5:わんちゃんにワクチン接種を受けさせる一番の理由は何ですか?
Q6:ワクチン接種の副作用で亡くなるわんちゃんや病気になるわんちゃんがいることを知っていますか?
Q7:ワクチン接種で不安に思うことや改善してほしいことがあれば教えてください

愛犬に毎年ワクチン接種はしている?

愛犬に毎年ワクチン接種を「している・いた」と回答した飼い主は80.9%という結果になった。

わんちゃんの状態や病気によってはワクチン接種を受けなくていいこともあるが、8割以上の飼い主は毎年愛犬にワクチン接種をしているようだ。

みんなワクチンは何種を打っている?

接種したワクチンの種類で最も多い回答は「狂犬病ワクチンだけ」37.8%となった。

接種が義務付けられているのは狂犬病ワクチンだけだが、わんちゃんすべてに打ったほうが良いとされるコアワクチンは3種類(※1)。日本では一般的に5種混合以上のワクチンに含まれている。(※1)参考:WSAVA(世界小動物獣医師会)ーhttps://wsava.org/wp-content/uploads/2020/01/WSAVA-vaccination-guidelines-2015-Japanese.pdf

今回の飼い主が愛犬に接種したワクチンの種類を見ると、2種混合から11種混合までバラつきが見られ、飼い主自身がワクチンの種類や内容がわかっているのかは疑問が残る結果となった。

ワクチン接種の金額はどれくらい?

ワクチン接種にかかった金額で最も多い回答は「3,000円前後(狂犬病ワクチン)」38.0%だった。

これは接種したワクチンの種類で最も多かったのが「狂犬病ワクチン」だったからの結果だが、次いで多い回答は「5,000円・6,000円台」19.5%となった。

狂犬病ワクチンの金額はおおよそ決まっているが、混合ワクチンについては動物病院によって金額はバラバラ。

同じ3種混合ワクチンであっても3,000円~6,000円と幅があるため、「15,000円以上」と回答した飼い主がいても不思議ではない。

飼い主が愛犬にワクチン接種をする理由は?

ワクチン接種をする理由で最も多い回答は「わんちゃんの病気の予防のため」75.4%だった。

ワクチン接種で病気を予防することで、大切な愛犬にはいつまでも健康で元気に過ごして欲しいといった、わんちゃんの健康に対する意識が高いことがうかがえる結果となった。

みんなは毎年のワクチン接種をどう思っている?

毎年のワクチン接種の必要性について最も多い回答は「毎年必要だと思う」62.1%だった。

ワクチン接種で病気の発症や死亡するわんちゃんがいることを知っている?

病気の発症や死亡といった副作用について最も多い回答は「知らない」71.0%だった。

動物病院でワクチン接種を受けると、アレルギー反応やアナフィラキシーショックの簡単な説明をされますが、死亡や病気になるといった副作用については知らない飼い主が多いよう。

しかし実際に、狂犬病ワクチンでは0.0007%の割合でわんちゃんが死亡(※3)、混合ワクチンでは0.6%の割合で何らかの副作用反応及び死亡(※4)することが確認されている。

また、海外のペット先進国ではワクチン接種によるわんちゃんの病気の発症(※5)や、さまざまな影響を受けることを指摘した論文(※6)も存在するため、限りなく可能性は低いと言えど、ワクチン接種は慎重に行うべきだろう。

(※3)参考:日本獣医公衆衛生学会「狂犬病ワクチンの副作用の発生状況調査」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvma1951/61/7/61_7_557/_pdf

(※4)参考:麻布獣医学会「犬混合ワクチン接種後副反応に関する疫学調査」
https://az.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3754&item_no=1&attribute_id=31&file_no=1

(※5)参考:NaturalRearing.com
http://www.naturalrearing.com/coda/l_uk_canine_vac_survey.html

(※6)参考:Journal of Veterinary Internal Medicine
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1939-1676.1996.tb02064.x

実際にワクチン接種で副作用が出たことはある?

ワクチン接種後の副作用について最も多い回答は「なかった」92.2%だった。

しかし、「あったかもしれないが正確にはわからない」5.3%や、「あった」と回答した飼い主も2.5%いることから、このアンケートでは公表されているワクチン副反応発現率の0.6%よりも実際にはもっとありそうな印象。

そういった意味でも、わんちゃんのワクチン接種を行う際は獣医師の説明をよく聞き、必要のないワクチンの種類は打たないなど、しっかり相談して決めることが大切だ。

※この記事では、ワクチンによる「副反応」を「副作用」と記載しているが、正しくは「副反応」。

引用元:副作用があった犬は◯%?知っているようで知らないワクチン事情!【犬の飼い主476人アンケート】
https://inunavi.plan-b.co.jp/dog_vakzin_deta/

INUNAVI(いぬなび)
https://inunavi.plan-b.co.jp/

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の「秋バテ」にご用心!症状や知っておきたい体調管理のポイントまとめ (10.17)

落ち葉の上で寝ている犬
  • ニュース

「エクリプスクロスPHEV」で行く初秋のTHE DOGDEPT GARDEN HOTEL軽... (10.16)

[PR]
  • ニュース

現役の獣医師が書いた!犬愛にあふれた飼育書「いぬ大全304」 (10.16)

  • ニュース

避難所で奇跡をおこしたゴールデン・レトリーバーのスヌーパー (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る