TOP>ニュース > 犬が病院に行くのは本当に、本当に、大変なことだ。

  • ニュース

犬が病院に行くのは本当に、本当に、大変なことだ。

虹の橋を渡る日まで

フィラリアの検査と健康診断のため、久しぶりに動物病院に行った。怖がるのでなるべく犬には「遠くの公園にドライブに行くんだよー」と装って、だまして車に乗せるけれど、絶対にバレる。

確かにうちの子は賢いけど、どうして動物病院に行くのがわかるのだろう。こちらの気配がでわかるのかな。「とにかくすまんな」と思いつつケージを抱えて病院のドアを開けたら、高齢のおじいさんとチワワがしゃがんで何やら話している。

チワワはブルブル震えながら尾を下げてヒーンなんて鳴いてる。「わかるわかる、いやだよね、病院は」、と目で伝えて、受付のソファーに座った。

おじいさんはしゃがんでチワワを説得しているようだ。「怖い病気になったらね、痛いし苦しいでしょう?ココちゃんが病気にならないように、お注射するんだよ、がんばろうね、大丈夫だからね」と、必死だ。

「おじいちゃーん、犬に説教しても伝わりませんからー」と心で突っ込んでみたけど、意外とああやって説得すれば理解してくれるものなのかもしれないね。

その点、うちの子は怖がるだけで、抵抗しないから楽でいい。しばらくするとチワワはおじいさんの説得により、無事受付を済ませることができたようだ。ソファーに座るおじいさんの足元にうずくまって隠れていた。

予約していた健康診断は、一時間ほどで終わり、駐車場に向かったら、大きなラブラドールレトリーバーが飼い主さんともめていた。

しゃがみこんでいるのを飼い主二人が病院へと引っ張っている。一人はリードを引き、もう一人はお尻を持ち上げているが、犬は頑として動かない。

格闘は長時間、続いているらしく、レトリバーはハアハアと呼吸が荒く、大量のよだれを地面に残して、悲しそうな眼をしている。ああ、こっちでも、やってたんだね。

 

春は病院に行く季節だから、犬にとっては辛い季節なのかもしれない。犬が病院に行くのは本当に、本当に、大変なことだ。

でも、行かなければ、病気や治療ができない。うちの子が虹の橋を渡る日まで、絶対に何かしら関わっていかなければならない場所なのだ。かわいそうだけれど、ここは飼い主が心を鬼にしないとね。

私は今日、2頭の犬の抵抗を見たけれど、きっと毎日、犬や猫やうさぎや鳥の抵抗は続いているのだろうなあ。動物たちすると、動物病院はホラーハウスなのかも、と、ちらっと思った。               

文/柿川鮎子
東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬の避妊・去勢手術はする?タイミングやメリット・デメリット、費用、手術の流れを解説! (6.22)

  • ニュース

ペットも家族同然!アメリカではペット育児休暇制度を開始する会社も (6.21)

  • ニュース

カワウソみたい(笑)パピー時代のムギとキャリー (6.21)

  • ニュース

最近、妻も子どもも「犬が欲しい」と言い出した。 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る