TOP>ニュース > 日本の動物福祉活動の今日までの足跡とは?「動物病院119番~感謝」が発刊

  • ニュース

日本の動物福祉活動の今日までの足跡とは?「動物病院119番~感謝」が発刊

仕事から趣味まで、すべてを語るエッセー集【ブックナビ】

「兵藤哲夫の徒然日記」でおなじみの兵藤哲夫先生が、一般財団法人兵藤哲夫アニマル基金の発足を記念して、神奈川新聞社から「獣医業60年、動物病院119番~感謝」(兵藤哲夫著、神奈川新聞社刊、定価1500+税)を発刊しました。

動物愛を集めて、やさしい社会をつくるを合言葉に、今後も動物のために活動していきたい」と願う兵藤先生は、動物愛護・福祉活動を推進するための財団法人を設立しました。

本書は財団法人の発足記念もかねて発刊されたもので、兵藤先生の仕事から趣味まで幅広く網羅したエッセー集です。

開業から今までの動物医療の変遷から、出会った多くの飼い主さんのエピソード、二度の震災での動物救護活動など、その内容は動物好きな人ならば、最後まで飽きることはないでしょう。

特に圧巻は日本の動物福祉活動の黎明期から今日までの足跡です。まだ避妊・去勢手術が一般的でなかった時代の動物福祉活動は、苦難の連続だったようです。

盛りだくさんの内容ですが、先生の飄々とした語り口のおかげで、おもしろ可笑しく読んでしまいます。でも、最後まで読み終えて、ふと振り返れば、ちゃんと重たいものが長く残る・・・・・・そんな素晴らしい一冊となりました。

挿入された、たくさんの写真を見ているだけで、元気と勇気が湧いてきます。動物に関わる人ならば、ぜひ手に取って読んで欲しい本となっています。

文/柿川鮎子
東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

私が離れると焦って追いかけてけるムギです。 (6.18)

  • ニュース

犬を犯罪に利用するなんて許せないし、悲しすぎる (6.17)

  • ニュース

那須高原の”わんこと行くクルマ旅”でDOG DEPTの最新作を着用したよ (6.16)

  • ニュース

「猫が毛玉を吐く光景」について思う、イメージと現実の違い (6.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る