TOP>ニュース > ゾエティス・ジャパンが解説!夏に増加する「犬のかゆみ」新治療法とは?

  • ニュース

ゾエティス・ジャパンが解説!夏に増加する「犬のかゆみ」新治療法とは?

夏に向けて増加する皮膚病からペットを守るために

ゾエティス・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:加藤克利)は「夏に増加する犬のかゆみと最新治療~コロナ禍のペットブーム 知っておくべき、犬の皮膚病への正しい知識と誤解~」と題するオンライン・セミナーを開催しました。今回はPETomorrow読者の皆様にその概要をご紹介します。

最初に講演を行ったのがアジア獣医皮膚科専門医で 獣医学博士(獣医皮膚病学)の伊從(いより) 慶太先生です。また、タレントの田中美保さんと愛犬のフレンチ・ブルドッグモフちゃん、インフルエンサーの神谷奈見さんと柴犬いなりちゃんが登場した、トークセッションと質疑応答も行われました。

夏にかけて多くなる皮膚疾患

伊從先生によると、ペット保険を請求する犬の病気の約4分の1が皮膚病で、保険金の請求額も多くなっていると言います。

「ペットのQOL(Quality of Life:人生または生活の質)が低下するだけでなく、飼い主さんのQOLも低下してしまいます。犬の皮膚病の中でも発生率の高いアトピー性皮膚炎の場合は、遺伝的になりやすい犬種があります。犬のアトピーは慢性再発性のかゆみを特徴とし、一般的に3歳未満で発症し、顔や足先、お腹などに左右対称に皮膚症状を認めます。

犬アトピー性皮膚炎は季節によって浮き沈みがあり、約3割は夏に悪化する傾向があります。掻けば掻くほどかゆくなって皮膚は赤くなり、慢性化すると黒く変化してくるのが特徴です。適切に管理されないと12ヶ月で象の皮膚のようにごわごわとした状態に悪化することもあります」と伊從先生。

不良の生徒が一人いるだけで、ほかの生徒が影響を受けてしまう「学校の例え」を利用して、伊從先生はわかりにくい皮膚病(かゆみ)の仕組みを解説してくれました。一人の不良生徒(かゆみ起こし太郎)の(治療の)ために、クラス全員の生徒に連帯責任を負わせた(ステロイド投与)結果、一時的に不良は鎮圧化されるものの、繰り返されることで善良な生徒(皮膚の健康を保とうとする体の機能)が登校拒否(機能不全)になってしまう・・・・・・というお話です。

「アトピーでは病気を引き起こす黒幕(IL-31)がいて、なぜかゆみが起きるのかが近年解明されつつありますが、これまでのステロイド先生は非行と無関係な生徒にも体罰を与えてしまいます。しかし、ほかの生徒が影響を受けにくい、かゆみの黒幕にヒットする先生(治療薬)の登場で、QOLが改善されるようになりました」と教えてくれました。

誤った情報が飼い主さんを苦しめている現状

多くの誤った情報も、飼い主さんを苦しめていました。毛を送っただけでアレルギーがチェックできるとか、薬を使わずにシャンプーとサプリメントだけで完治できる。アトピーの薬は依存性が高く発がん性も高い・・・・・・など、間違った情報が氾濫している現状に、伊從先生は注意を促しています。

さらに、免疫や保湿、栄養、生活改善など、薬物治療以外もいろいろなアプローチがあり、薬物療法と補助療法のふたつで、より快適な生活が可能だと伊從先生。かかりつけの動物病院へ、定期的に受診することで、皮膚だけでなく、他のさまざまな病気の早期発見が可能となり、健康が維持できると教えてくれました。

モフちゃん、いなりちゃんのアトピー体験記

タレントの田中美保さんは、フレンチ・ブルドッグのモフちゃんのアトピーで悩んだ経験を語ってくれました。「実家では犬がいましたが、私が飼った初めての犬だったので、わからないことも多く、いろいろなフードを試したり、おなかも緩かったので何が原因かわからず、とても悩みました」と言います。

約3万7000人のフォロワーがいるインフルエンサーの一人、神谷奈見さんの柴犬いなりちゃんもアトピーを発症しました。現在、8歳ですが、発症したのは6年以上前のことで、2歳前まではかなり症状が重かったのですが、神谷さんの献身的なお世話と治療薬によって、症状は改善されました。

「最初の病院ではアトピーはしょうがないと言われて投薬されました。病院を変えて2年間、薬を飲み続けたのですが、体に合っていなかったようです。今の病院では注射とお薬でかなりよくなっています」と神谷さん。愛犬に対する真摯な姿が、多くの視聴者の感動を呼びました。

皮膚病は他の病気に無い悩みがある

伊從先生は「私自身も愛犬の柴犬をアトピーで14年間、治療していますと言うと、飼い主さんは安心してくださいます」と言います。先の見えない長期間の治療に、ストレスを感じる飼い主さんは多い様です。

今回セミナーを主催したゾエティス・ジャパンが発表した資料では、皮膚病の悩みとして、飼い犬が痒そうにしている様子を見るのが辛いというのが約8割以上。下のグラフの他にも、他の人から「かわいそうと思われている気がする」、「ケアしていないと思われるのが辛い」という飼い主さんの声が聞かれました。

「近づかない方がよいとか、不潔にしているのではないかと誤解された飼い主さんもいらっしゃいました。皮膚病には、そういった偏見の目を受けることがあります」と伊從先生。

神谷さんもお散歩中に皮膚を見られて「かわいそうだね」と声をかけられるのが辛かったと、当時を振り返ります。今ではSNSで同じ病気に悩む飼い主さんと繋がって、やり取りをしています。伊從先生も「同じ悩みを抱えた飼い主さんと繋がれるとよい」とアドバイスしています。

アレルギーは病気ではなく生まれ持った体質と考える

伊從先生は、「私はアレルギーを病気とはあまり言いたくないのです。その子がもって生まれた体質なので、言ってみれば個性みたいなものです」と深刻な病気ととらえるのではなく、体質として長く付き合うことが大切だと主張。飼い主さんが皮膚病と向き合う時の、大切なアドバイスをくれました。

田中さんは日常生活で、「ストレスを与えないように、お散歩時間を長くしています」とストレス解消を心掛けているそうです。伊從先生も「ストレス緩和はとても大切。私は部屋にいる時はいつも愛犬と触れ合っていて、テレビを見ている時も触っていますが、そうするとあまり掻きません。田中さんの言う運動や散歩は効果的だと思います」と言います。

また、神谷さんもいなりちゃんの食事を手作りに切り替えています。いなりちゃんのお腹には、きれいな白い毛が生えていました。

自らの経験から、神谷さんは飼い主さんへとメッセージをくれました。「完全には治らないかもしれませんが、必ず良くなります。私も今の先生に巡り合うまでには、何回か病院を変えました。飼い主さんに合った良い先生に巡り会えるまで、セカンドオピニオンをもらった方が良いと思います」。

田中さんも一人で抱え込んで悩みすぎないことと、発症してもあせらず、いろいろ試して欲しいとメッセージをくれました。

最後、伊從先生は「今回、(ゾエティス・ジャパンから)革新的な治療薬が出ましたが、私は10年前にはこんな薬が誕生するとは思いませんでした。動物の薬は人間の薬が応用されるケースが多くありましたが、今回は獣医療が人の医療を超えて完成させた治療薬といっても過言ではありません」と感慨深げに語っていました。

登壇した三名とも、実際に体験した飼い主さんだからこその、リアルな内容のセミナーでした。皮膚病に関してはゾエティス・ジャパンのサイト:犬のかゆみ.comhttps://www.xn--u8j9c6b1a1875f.com/)にも詳しく解説されているので、ぜひ参考にしてください。

/柿川鮎子

東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

いまさらだけど、どうして犬の鼻は冷たく濡れているの? (9.18)

  • ニュース

バーガーキングからドッグフード付きのセット「BOWWOW KING」が登場! (9.18)

  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

もっと見る
人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る