TOP>ニュース > 全国から愛犬家が集合!「FCIジャパンインターナショナルドッグショー2021」が大阪で開催

  • ニュース

全国から愛犬家が集合!「FCIジャパンインターナショナルドッグショー2021」が大阪で開催

ペットと人のより良い共生を創るために

一般社団法人ジャパンケネルクラブ(以下JKC)主催の『FCIジャパンインターナショナルドッグショー2021』が434日、インテックス大阪で開催された。コロナ禍での開催とあり、消毒と検温を実施しての開催となったが、全国からやってきた出陳犬、熱心な愛犬家たちが来場した。 

開会式でまず主催者として、JKC理事長の別所訓氏より「新型コロナウイルスに対する医療従事者への感謝とともにお亡くなりになられた方のご冥福を祈ります。FCIインターナショナルドッグショーは国際畜犬連盟より、アジア地域最大規模の展覧会と認められています。純粋犬種の保護と質の高い犬の繁殖を推奨するためのショーです。ジャパンケネルクラブのもっとも重要な事業であります」と挨拶があった。

続いて今回特別協賛を行うペットフードメーカー、ロイヤルカナン ジャポン合同会社の山本俊之社長は「ロイヤルカナンは、本ドッグショーの『犬と人とのより良い共生』というビジョンに賛同し、犬を取り巻く環境の更なる向上に共に努めていきたいと考えております。ブリーダー、シェルター、訓練士などの専門家の皆さま、ペット専門店の皆さまなど犬を取り巻く方々が正しい知識を持って適切に行動し、それらを通じてペットオーナーの皆さまにも正しい知識を持って適切に犬を飼育していただく、そのような環境作りが非常に重要と実感しています。」と述べた。

会場の審査リングでは、2日間で107犬種約1,156頭が出場し、それぞれの犬種の魅力をアピールしようと華麗な身のこなしを披露していた。普段ではなかなか見られない犬種が揃うのもドッグショーの醍醐味だ。どの犬もハンドラーさんに導かれて華麗な動きで審査員や見学者を魅了していた。

  

またダンサーと犬が見事なダンスを魅せる、ドッグダンスも披露され、人と犬が一体となった楽しそうな躍りっぷりに大きな拍手が湧いた。

会場内には、犬に関するグッズやフード、トリマー道具などのショップが数多く展開されていた。なかでも今回特別協賛を行う、ロイヤルカナン ジャポンは会場入り口にブースを構え、来場者にアピールを行なっていた。

一般ユーザー向けにはルーレットとアンケートを答えることで、ノベルティグッズが配布され、犬のプロフェッショナルと呼ばれるブリーダーやシェルター、訓練士やペット専門店向けには、オンライン形式の商談スペースが設けられ、商品に対する質問や情報が適切に得られるようになっていた。

今回の特別協賛について、また、「ペットと人のより良い共生」への取り組みについて、ロイヤルカナン ジャポンのプロフェッショナル事業部長である橋本将司氏に話を伺った。

「ロイヤルカナンは1968年にフランスで創設されて以来、獣医師やブリーダー、動物栄養学者などの専門家と連携し、犬と猫の真の健康のために尽力しています。『真の健康』とは、病気ではないという状態ではなく、個々の犬と猫に本来備わった素晴らしさが引き出されている状態です。真に健康な犬や猫は、毛艶や目の輝き、動きや表情がまるで違います。必要な栄養ニーズは、品種、年齢、体のサイズ、ライフスタイル、健康状態などによってそれぞれ異なります。そのため、弊社では、個々の栄養ニーズに合わせたフードを展開しています。

『ペットと人のより良い共生』実現のため、ペットをとりまく環境の向上や業界全体の活性化に貢献できればという思いから、今回、特別協賛をさせていただくことになりました。本イベントを通じて、ブリーダーなどペットの専門家の皆さまとのコミュニケーションを図りながら、ペットオーナーの皆さまにも、犬についての正しい知識を得ていただけるような情報発信をしていきたいと考えています。

また、ペットの健康と幸せのためには、ペットをとりまくすべての人が正しい知識を有することが大切だという考えから、ブリーダーやシェルター、訓練士の皆さま向けに、『ロイヤルカナンPRO CLUB』というコミィニティサイトを昨年立ち上げました。栄養学や衛生学、繁殖学などの専門的なEラーニングや、ビジネス面でも応援する体制を整えています。このような取り組みを通じて、「ペットと人のより良い共生」のスタートポイントとなる専門家の皆さまに知識を高めていただき、ペットオーナー様にその正しい知識を伝えていただけるようにしていきたいと思います。」とコメント。

今回のドッグショー出陳の犬はもちろんの事ながら、会場を訪れている見学の犬も毛艶が良く、丁寧に世話をされているのが感じられた。2日間の審査を経て、1,156頭以上の中から、栄えある「クイーン」に選ばれたのは、メスのドーベルマン、ディーピー ディースクエアード JP ココ アクアマリンちゃん。また、見事「ベストインショー(最優秀犬)」に輝いたのは、「キング」に選ばれたオスのグレート・デーン、ヤマショウ JPSグレイト ロマンス君だった。2頭の受賞によって、FCIジャパンインターナショナルドッグショー2021は終了した。

文・写真/雪岡直樹

ロイヤルカナン企業サイト:URL https://royalcanin.jp/

ロイヤルカナン公式Facebook: https://www.facebook.com/DogAndCatFirst

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「自分を犬だと思ってない犬」が、鏡に映る自分を見た時の表情がこちら! (9.22)

  • ニュース

HUNTERからこだわりのペットアイテムがリリース! (9.20)

  • ニュース

癒し効果抜群!?女性社員100%で愛される男の子犬「まるちゃん」 (9.20)

  • ニュース

愛犬と食べたい♪さつまいもの簡単レシピ&栄養素や注意点まとめ (9.19)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る