TOP>ニュース > コロナ禍でペット需要増えるも飼育放棄まで増加?手放す前に知っておきたいポイント

  • ニュース

コロナ禍でペット需要増えるも飼育放棄まで増加?手放す前に知っておきたいポイント

コロナ禍はペットを飼う良い機会…だけで終わらせるとマズい!

新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、テレワークに移行したという人は日本にも大勢いる。そういった人たちが自宅で完結する趣味を模索していたのが、2020年の4月とか5月あたりだったように記憶している。

この時期、急激にガーデニングやアクアリウムなどの趣味需要が高まり、ネットショッピングでは発送まで半月ほどかかるほどに注文が殺到していた。あわせて需要が増加したのが、熱帯魚以外の数多くのペットだ。

コロナ禍で在宅する時間が増え、お世話をする時間も確保できたのでペットを迎え入れる。そういう人が実際僕の周りにも数人出た時期であった。しかし、これってよく考えるまでもなく「コロナ禍が明けたらペットたちのお世話はどうするの?」問題が生じるのは当然のこと。
そして今、当たり前の問題をよく予想せずに勢いでペットを飼うようになったものの、早々に飼育リタイアしてしまった人というのが既に出ている。

高まる需要と飼育放棄は、いつの時代のペットブームでも問題に

今回はコロナのせいでペットの需要が突如高まったという背景があるが、古今ペットブームというのはこの急な需要の高まりに始まり、飼育放棄してしまう人を必ず出してきた。

もう20年ほど前にカードローン会社のCMで厳格なお父さんがペットショップで可愛いチワワに一目惚れして買っちゃうというストーリーが使われていた。そのCM効果で、チワワブームが巻き起こった。

あのときも流行が過ぎ去ったあと、その割を食って遺棄されるなど、不遇な目に遭ったのはチワワたちだった。こと動物に関しては、需要が一気に高まるとその後が心配になってしまうもので、こういったことはチワワだけに限らない話でもある。

要は本来、飼育できるかどうか熟慮に熟慮を重ねてお迎えする判断をするのがペットというもの。「流行ってるから」や「テレワークで暇なので」という理由でペットを飼うのは、早計ではないだろうか。

コロナ禍においては、まだ終息の目処も立たない今の時点で既に、つい最近迎えたペットをさっさと手放す人も出てしまっている。そうした飼育放棄の事例は、報道やネットニュースでもよく見かけるようになった。

ペット需要高まるも、すぐに手放す人も多く…「旅行の邪魔」という人も

つい先日、僕もあまり面識のない方から「猫を引き取ってもらえないか」と打診を受けた。受け入れるかどうかは理由にもよるので話を聞いたところ、恋人から子猫をいきなりプレゼントされたが、自分は猫が好きでないし、アレルギーも出たので飼育が難しい、ということだった。恋人の暴走なので恋人に引き取ってもらうようにお願いしたが、その恋人はペット禁止のアパート住まい。

「このままじゃ保健所行きで、それは避けたい」という話だったので、片っ端から伝手を頼っていたそうだ。その中で、近隣の保護猫団体にも電話で相談したというが、むしろ保護団体はコロナ禍以降似たような受け入れ依頼が殺到しており、これ以上は引き取れないとの話をしたという。ここのところしばしば報道されている、ペット需要の高まりと飼育放棄の増加を鑑みると、それも当然の話だろう。

ウチもウチで家は狭いので結局断ったものの、ちょっと飼育してみて、ダメそうだったら誰かに押し付けるというのは上記のようにいろんな人に迷惑をかける。さらに切り捨てられたペットにも心はあるので、手放すより先に「20年先も飼えるかどうか」を基準に考える必要がある。

もっとも、僕に相談した方はそもそも子猫を押し付けられた被害者なので、報道に見るような身勝手に手放す飼い主とは性質が違うんけども。ただし、テレワークで在宅メインになったというだけの理由で犬や猫、うさぎやハムスターを飼うようになった人の中には、先々を考えない人がいるのは事実。先日もテレビで「犬がいると旅行にも行けないし、遊びに行くにも制約がある」といいながら手放す人が映し出されていたが、これも飼う前にちょっと考えることで回避できた悲劇だ。

ペット需要がテレワーク移行に付随して増加すること自体は悪ではないんだけど、その結果手放すようになったら元も子もない。飼育放棄は飼っている動物への裏切りのようなもの。飼い主としてそれはしないようにすべきだし、その考えがないのであれば最初から手を出さなければいい。そうすれば悲劇も避けられるのだ。

やむなく飼育できなくなった場合も諦めないで!預かりサービスは存在している!

せっかくペットを迎え入れたのに、飼育放棄に至るというのは、人によっては仕方のない事情に直面したという場合もあるかもしれない。たとえば自身が新型コロナウィルス感染症にかかってしまったとか、他の病気で入院することになり、やむなく……などのケースは現実に考えられる。そうした場合に、もし身寄りがなければペットのお世話はできないので、残念ながら手放すという決断を下すことも選択肢に出てくる。

ただ、手放すだけが選択肢というわけではない。コロナ禍においても、ペットの一時預かりを承ってくれるサービスはある。お金はかかるが、ペットホテルはこの際に役立ってくれる預かり所といえるだろう。

しかも犬の場合は日々のお散歩もスタッフが代行してくれるホテルが多いので、運動不足に陥ることもない。また、一部の大手ペット保険会社は、保険契約者を対象としたペットの預かりサービスを既に実施している。
このサービスを受けるには既に保険に加入していて、かつ申し込みが必須となる。現実的な活用方法を考えるならば、自身が何らかの理由でペットを飼育できなくなった場合、まずはペットホテルを利用。その間に預かりサービスに申し込みをし、受け入れが決まったらそちらにペットをしばらく預かってもらうという形をとるのがスムーズか。

預かりをしてくれる団体は現状まだそこまで多くないが、その存在を認知しておくのも大切だろう。

おわりに

新型コロナウィルス感染症の蔓延以降、生活様式が変わったといわれるようになった。ただし、その新しい生活様式にまだ私たちはしっかり順応できてはいない。

その生活がどれだけ続くのかも不透明なまま、「テレワークするし、家にいる時間が多いので」と新しいペットを迎え入れる人がいた。そしてその全員ではないものの、一部の人は身勝手にも飼育放棄という選択をして、ペットを手放してもいる。

ペットはモノではないし、最近は栄養価の高いフードも流通しているので犬も猫も20年近く生きることは珍しくない。病気になればお金もかかる。そしてペットを飼うことによって、長期間家を空けることも難しくなる。遊びに行くにも制約がかかる。迎え入れる際には、こういったことまで考えた上で決断すべきだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

子猫・子犬のためのギフトBoxがもらえる「ロイヤルカナンStart of Lifeキャンペ... (10.21)

  • ニュース

“わんこと行くクルマ旅”特別編 三菱デリカD:5で行く秋の軽井沢 (10.21)

  • ニュース

愛犬の涙やけは毎日のケアで防ごう!目の周りのお手入れは大切なスキンケア (10.20)

  • ニュース

「エクリプスクロスPHEV」で行く!初秋のTHE DOGDEPT GARDEN HOTEL... (10.20)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る