TOP>ニュース > 愛犬と海のお散歩は最高!だけど注意したい危険ポイント

  • ニュース

愛犬と海のお散歩は最高!だけど注意したい危険ポイント

愛犬との海辺のお散歩は最高!

春が来て、外出するのが楽しみになってきたという人は多いだろう。特に犬と暮らしている方にとっては、日々のお散歩も俄然ワクワクしてくる時期ではないだろうか。

気温も高くなり、夏場ほど湿度もなく、それでいて屋外には生命の息吹がそこかしこに感じられる。とりわけ海辺をお散歩するなんてことになったら、愛犬と同じかそれ以上にはしゃいでしまうという飼い主さんだっているのかも…

ただし、海辺をお散歩する場合にも、普段と同じく愛犬の様子から目を離してはいけない。なぜならば、海辺には愛犬とお散歩する際に注意したいポイントが、いくつかあるからだ。

今回はそのポイントを紹介していきたい。

海水が口に入るほどの水位まで無理に犬を連れていかない

好奇心旺盛な犬の場合、波打ち際だけでは満足できずに自分から海に入って行くということがある。これも一見微笑ましいんだけど、注意しなければならないポイントだ。

なぜなら、不意に高い波が押し寄せて来た際に、愛犬が海水を飲み込んでしまう場合が考えられるからだ。海水を飲み込むってのは人間にすら負担が大きい行為となる。海の上で遭難した人が海水を飲んだことで腎臓に過大な負担をかけて命取りになった、という報告を僕も読んだことがある。

人間の腎臓ですらそうなるんだから、犬の場合は余計に注意しておかないといけない。海辺が好きな愛犬とのお散歩であっても、せいぜい波打ち際付近ではしゃいでもらって満足してもらおう!

打ち上がっている生き物に近づけさせない

また、これは海辺を10回お散歩したら7回は遭遇する事例だと思うんだけど、打ち上がっている生き物に愛犬を近づけるのは「待った」をかけたい。単純に腐敗している場合、万一それを食べてしまったらお腹を壊してしまう。それに、一見新鮮に見えても裏返すとヨコエビなどの小さな生き物が既に死骸を分解にかかっているケースも多い。この場合も口に入れないようにすべきだ。

さらに恐ろしいのが、エイの死骸やカツオノエボシなど毒のあるものが打ち上がっていることが結構多い点。

エイはどこの海岸にも死骸が漂着しているものだけど、その尾には死後も効果が衰えない猛毒が仕込まれている。

カツオノエボシはクラゲに似ているがヒドロムシと呼ばれる種類の、猛毒を持った生き物。これもよく波打ち際に打ち上げられているが、決して愛犬を近づけてはいけない。刺された場合、死に至る可能性だってある。

海の砂を食べないように注意しておこう!

また、これはかなりレアケースで危険性も上記ほどではないんだけど、海岸の砂を食べようとする犬がたまにいる。特に若い犬はミネラル不足なのか海の砂を食べようとする場合があるが、当然そんなものを食べるとお腹を壊す原因になるので、そのしぐさが見えたら制止してあげたい。

僕も以前、海辺をノーリードで散歩していたワンちゃんが思いっきり砂を食べているところを見たことがある。そこで飼い主さんが来たので「砂食べてますよ」と教えたんだけど「やだわ、ご飯あげてないって思われちゃう」みたいな返事がかえってきたので「っていうかノーリードは危ないです」と付け加えておいた。そしたらちょっとだけ嫌な顔をされてしまった!リードさえつけてれば、愛犬が砂をもしゃもしゃ食べるのもすぐに止められるのに。

おわりに

このように、海岸のお散歩には少なからず危険もあるため、飼い主さんがしっかりとそういったポイントから愛犬を守ってあげなければならない。また、海という場所柄、マナーの悪い釣り人が釣り糸をそのままにしていたり、外道として釣り上げたフグを放置していることはよくある。

そういったものからも、しっかり愛犬を守ってあげなければいけない。愛犬を安全に、楽しくお散歩させることができるのは、飼い主だけ!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬猿の仲なんて嘘!?実際は犬と猿は仲良くできる! (12.8)

  • ニュース

愛犬を乗せている自動車の掃除方法を大紹介 (12.7)

  • ニュース

食いしん坊な愛犬、どうすればダイエットに成功できる? (12.7)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る