TOP>ニュース > 楽しいのてんこ盛り!ララの「インターペット」訪問記

  • ニュース

楽しいのてんこ盛り!ララの「インターペット」訪問記

インターペット2021開催。便利なペットグッズに出会えるかも!

徹底した感染対策のもと、4 月 1 日から「インターペット」が開幕しました。2020年はコロナ禍のため、開催されず、ジャックラッセルのララとしては寂しい限りでした。だから、待ってました!!の第 10 回「インターペット ~人とペットの豊かな暮らしフェア~」です。

今回は、東京オリンピックの開催のため、これまでの東京ビッグサイト東ホールは使えず、西 1・2 ホール&南 1・2 ホールにて開催。ちなみにクルマで訪れる場合、東京ビッグサイトの駐車場は、南棟立体駐車場、または有明東臨時駐車場などになるんですが、前回までの東棟に隣接したおなじみの駐車場は使えず、行きはウロウロ。都心方面からなら、国道357号線を、いつもスロープを上がり右折するところのもう1本先のスロープを上がって右折したその先、左側になっているので、要注意です。そして、有明東臨時駐車場にクルマを止めた場合、西 1・2 ホール&南 1・2 ホールまで、けっこう歩きます(汗)。


画像の空車表示はイメージ

なお、駐車場の混雑状況は、以下の東京ビッグサイトのページでリアルタイムに確認が可能です。
https://www.bigsight.jp/visitor/parking/

というわけで、第 10 回「インターペット ~人とペットの豊かな暮らしフェア~」の会場に着いたララですが、まず訪れたのは、西1ホールのエンジョイドッグライフフェスタブースに出展している自動車メーカーとして最上のドッグアクセサリーを提供してくれているHonda Dogのブースです。日頃から、Honda Dogシリーズのドッグアクセサリーを愛用し、今日もお借りした新型N BOXの後席にペットシートサークルを装着して、会場までやってきたララですが、注目はまず、後席はもちろん、なんと助手席にも安全・安心に装着できる、超小型犬、小型犬用のペットシートプラスわんの改良版の参考商品でした。


エンジョイドッグライフフェスタブース


ペットシートサークル

Honda Dogブースに展示されている新型N BOXに装着されたペットシートプラスわんは、世界中を探してもなかなかない、助手席用エアバッグの展開を考慮したデザインのペットシートで、表面が撥水加工されたケースの3面がメッシュデザインになっていて、なおかつ飛び出し防止リードやポケットまで付いている超便利なアイテムだったのですが、これまでのものは正直、小型犬とはいえ、足長ジャックのララにはちょっと小さく、入ることはできるんですが、けっこうぴったりすぎたのです。


ペットシートプラスわん従来品

そこで、Honda Dogの開発陣が、要望もあったと思われるもう少し大きいタイプを作ろう・・・ということで、大きめサイズの参考新作商品を初展示&紹介してくれたのです。高さ方向で約5cm、全長、幅も拡大され、横部分のたわみ方もたわみにくいように改良されたようです。実際に体重9kgララが乗ってみてもこのサイズならゆったり。ママとふたりのドライブでも、ママのすぐ横の助手席でドライブが楽しめて、これはもう最高わん!!


ペットシートプラスわん新作参考商品

参考商品は従来からのブルー×イエローのカラーリングですが、途中から加わったグレーバージョンも用意されるもよう。もちろん、少し大きくなっても、助手席エアバッグの展開が干渉しない設計、デザインになっています。3面メッシュでエアコンの風も届きやすく、飼い主とのアイコンタクト性もばっちり。さすが、自動車メーカー純正アイテムですよね!! ちなみに、ポケットの位置はサイドから前面に移動。結果、運転席のドライバーからも出し入れしやすくなったというわけ。


新作のポケットは前面に


こちらは従来型のグレーバージョン

 そうそう、愛犬をそのまま助手席に乗せるのは、道路交通法、および万一、エアバッグが開いたときの犬の安全面から、絶対にNG。しかーし、この改良型ペットシートプラスわんがあれば、飼い主のすぐそばで、安全・安心、そして快適にドライブを楽しむことができるようになるのです(会場で試乗可)。なお、正規アイテムを使っての“わんこと行くクルマ旅”は、5月以降に、なんと新型ホンダ・ヴェゼルに装着して実施する予定。お楽しみに。


ゆったり快適でうっかり寝てしまったララ

そしてHonda Dogのブースに展示されていた新アイテムが、肉球デザインのペットセレクトノブ(シフトノブ)、インテリアステッカー、エンブレム。

そしてさらに大注目したいのが、あるようでなかったアルミホイールのセンターキャップに装着するホンダ純正肉球マークキャップ。これを付けたくてホンダ車を買う愛犬家、続出かも・・・

そのHonda Dogのブースのすぐ近くには、リアニマルとコラボしたマツダ車も展示されていました。マツダのクルマには、全車にG-ベクタリングコントロールという、車内の揺れを抑えてくれる機能が付いていて、ララもCX-5やCX-8、CX-30などに試乗していますが、山道でも本当に前後左右の揺れが少なく、快適にドライブを楽しめるのです。このブースでは、実際に後席にわんこが座り、いかに揺れが少ない乗り心地が得られるのかの動画も紹介されていました。これは要チェックわん。

 と、今回のインターペットに出店している自動車メーカーはその2社のみ。ならば、そのあとは、やっぱりドッグフードやおやつのメーカーが大集合している南ホールへGO!! ララが大好きなZIWIやプレイアーデンのブースなどに立ち寄り、おやつやフードのトレンドを調査。

その後、ララが発見した注目アイテムは、ドライブをしながら車内でお水が飲める、ひっくりかえっても水がこぼれにくい、リッチェルのドッグウォーターボウルや、丸石サイクルのペット専用バッグがフロントに付いたコンパクト自転車、電動自転車=pet porterをチェーック!! 実際にバッグに乗ってみたよ。

最後に、ペットと泊まれる宿の紹介、検索で有名なペット宿.comのブースで最新のペット宿ガイドをいただいて、本日のララのインターペット訪問は終了。パパとママはフードコートで佐世保バーガーのランチ。ララもあちこちで配られているサンプル品のおやつでなどプチランチタイム。

 そうそう、今回のインターペット訪問は、初日のビジネスディだったのですが、いつもお世話になっているDOG DEPTの社長ご一行や、マツダ広報、ホテルフォレストヒルズ那須の社長さん、ペット宿.comの社長さんなど、多くの知り合いに遭遇。これからの展開について、話が弾んだもよう。やっぱりインターペットは楽しいわん!!充実するわん!!美味しいわん!! 一般公開日なら、去年、ここで会えなかった犬友達に会えるかも知れないから、もう1回、行っちゃうかも・・・。

Honda Dogシリーズ

https://www.honda.co.jp/ACCESS/dog/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

獣医診断市場、2022年には36.2億米ドルに到達 (4.12)

  • ニュース

勝ったのは?本日も恒例のガウガウタイム (4.11)

  • ニュース

ドッグコテージに年間10泊できるサブスク型定額プランが販売! (4.10)

  • ニュース

愛犬と海のお散歩は最高!だけど注意したい危険ポイント (4.8)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る