TOP>ニュース > 犬公方・徳川綱吉も愛した「狆(チン)」は貴重な日本原産犬

  • ニュース

犬公方・徳川綱吉も愛した「狆(チン)」は貴重な日本原産犬

時の将軍、犬公方

歴代徳川将軍の一人、江戸幕府の5代将軍こと徳川綱吉。綱吉といえば、よく知られているのが「生類憐みの令」を出した人物であるということ。
特に彼は犬をこよなく愛していたため“犬公方(いぬくぼう)”と呼ばれていた。

「生類憐みの令」を簡単におさらいすると、要は天下に名高い悪令。動物や傷病人を保護するための取り決めであり、それ自体は友愛精神にも通じるものであったが、その対象が虫、魚、貝などにも及んでしまい、庶民生活に重大な影響を及ぼした。ただし当の綱吉はこれをあくまでも自分の善意と独断に基づいて実行させていたので始末が悪い。彼の死後、「生類憐みの令」は即座廃棄となった。

冒頭からちょっと暗い話になったが、今日はその綱吉が特に愛したという狆(チン)の話をしていこう。

狆は日本原産の魅力的な小型犬

狆は海外では「Japanese Spaniel」とも呼ばれていることから分かるように、日本原産の犬種となる。柴犬、秋田犬などと並んで、日本で発祥した犬ということになる。
特に小型犬のくくりで言えばかなり古くから愛玩されてきた犬種で、もともとの名前の由来も「小さい犬」が徐々に短縮されるようになり「ちいぬ」となって「狆」に転じたとされている。

最初は「小さい犬」と呼ばれていたというだけあって、当初は日本にも狆より小さい犬はなかなかいなかったのだろう。狆は基本的に室内飼育するべき犬種ともされていたようで、今で言う座敷犬のはしりとも考えてよい。

小型犬は未だに大勢から愛されているが、狆はまさに日本において最初の小型犬ブームの牽引者なのだ。綱吉は狆を江戸城で大層大事に飼育しており、その影響もあってか、吉原遊郭でも狆を飼う遊女が多かったそうだ。綱吉の時代では、狆の繁殖も盛んだったことが分かっている。今で言うところのブリーダーもおり、とにかく沢山の狆を繁殖させていたという。その結果、現在においては完全に虐待とされるほどに疲弊した狆もあったそうだ……。

人気があるから、お金持ちのお気に入りだから繁殖させて売る。
今も昔も、ペットブームの根底には心を痛める現実がある。

狆は飼いやすく、とても賢い犬

かつての狆ブーム下にあっては、多くのブリーダーの手で狆の無理な繁殖が推し進められていたことで、死産や奇形も多発した。しかし、それでも狆の血統は今に至るまで維持され、そして現在は以前のような無理を強いられることはほとんどない。幸い、狆ブームと呼ばれるほどの需要もなくなったし。特定のペットに人気が集中するということは、それだけ背景に無理な繁殖事例が存在しやすくなる。ブームのスポットが当たらないという状況は、幸せなことかもしれない。

そんな狆の性格は、座敷犬の元祖ということもあって室内飼育に向くほどには大人しく、飼いやすい。あまり大声で吠えるようなこともなく、高齢者世帯であっても無理なく飼育が可能だ。さらに体が小さいため、散歩の際に急に駆けだしても制止しやすい。このことから、子供や高齢者であっても負担なく一緒に歩くことができる。

江戸城で飼育されていてもさほど粗相の記録などが見当たらないことから分かるように、物分かりがいい、賢い犬ということになる。

おわりに

日本原産種で、今では他の小型犬の台頭に押されてそこまで人気ということもなくなっている狆。しかし狆ほど日本の歴史に沿って脈々と血統をつなげてきた犬はない。そして何より体力のない高齢者でも飼いやすいというのは、超高齢化社会を迎えているこの国の犬好きにとっては親和性が高いと考えられる。他の魅力的な小型犬とあわせて、狆はきっとこれからも多くの飼い主に愛されていくに違いない。

ちなみに、水族館の人気者チンアナゴの名前の由来は、実は狆。顔が正面から見た狆に似ているため、そう名付けられたそうだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬を乗せている自動車の掃除方法を大紹介 (12.7)

  • ニュース

食いしん坊な愛犬、どうすればダイエットに成功できる? (12.7)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る