TOP>ニュース > ぼちぼちマダニの季節。愛犬とのお散歩で避けるべき危険コース

  • ニュース

ぼちぼちマダニの季節。愛犬とのお散歩で避けるべき危険コース

暖かくなると虫との戦い

もう3月も後半戦。
啓蟄も経て、虫たちもざわざわと目を覚ます頃合いになってきた。

ウチは古いので室内にも虫がうろついてるんだけど、さっそく今年初のシミとクモを発見した。
ベランダでは植木に得体の知れないものもついているし、本格的な春の訪れを実感している。

屋外においても、既にいろんな虫が冬眠から目覚めていることだろう。
その中には、ちょっとやっかいなアイツもいる。

そう、マダニくんだ。

出た!野山の吸血鬼!

折も折、先日林道を散歩しているとき、マダニを見かけたばかり。

よく目を凝らすとチラホラいるのが分かったので、慌てて引き返したんだけども、その途中で犬の散歩をしている人とすれ違った。
「マダニがいるので気を付けて」と伝えたら「え? じゃあ別のコースで散歩するわ」との声が返ってきた。

ご存じのように、マダニは自分より大きな動物に飛びついて噛みつき、その血液を吸ってしまう困ったヤツ。

野生動物や野良猫には、このマダニが引っ付いているケースが少なくない。
特にイノシシなんて、全身マダニだらけってことも珍しくないのだ。

子供の頃、近所の猟師が庭先に仕留めてきたイノシシを吊るしているのを見たことがあるが、その下に置かれているバケツの中身は衝撃だった。
死んで体温を失ったイノシシから離れたマダニが大量に落ちこぼれてあがいていたのだ。
そのどれもが、お腹をパンパンに膨らませていた。
イノシシぐらいの巨体であれば、マダニが山ほど付いていても貧血にはならないんだろう。

ここまで書いてて、無性に体が痒くなってきた……。

そんなマダニは、散歩中のワンちゃんをも狙う。
そして、意外とアグレッシブに獲物に取り入るのだ。

マダニは獲物に飛びつく!

マダニはどこにでもいる小さな生き物で、特に野山では当たり前に見られる。
地域によっては山をハイキングコースとして整備し、ひっきりなしに散歩する人が往来スポットがあるが、そういう場所でもマダニは生活している。
特に山道では、道のわきに生えている草花をよじ登り、獲物が近づくのを待っているマダニは少なくない。

彼らは熱や二酸化炭素を検知して獲物をロックオンする性質があり、ちょっとぐらいの距離ならジャンプしてでも飛びつこうとする。
失敗して落下しても、身体が軽いのでノーダメージ。
運良く飛び移ることに成功したら、吸血開始だ。

犬は性質上、散歩中でも草花に顔を近づけることがあるし、体高も人より低いので、マダニにとっては飛びつきやすい生き物だ。
屋外に暮らす獣と同じく、散歩中の犬はマダニにとってはご馳走である血液のの供給源となる。

マダニは小さな病魔!

このマダニ、吸血する際に獲物の皮膚に噛みつくが、その際に頭を潜り込ませてしまうため、専用の器具で取り除かないといけない。
無理に引きはがすと頭だけが皮膚の中に入ったままになり、痕が目立ってしまう。実にやっかいな存在なのだ。

しかしマダニの一番恐ろしいところは、いくつもの病気を媒介するという点。
ライム病、Q熱、そして比較的最近になって発見されたSFTSという感染症などが有名だ。

いずれも愛犬にも飼い主にも危険な人獣共通の感染症であり、下手すると飼い主と愛犬共倒れになる可能性もある。
本当に油断できないのがマダニという生き物なのだ。

SFTSは「重症熱性血小板減少症候群」とも呼ばれており、その名の通り血小板、白血球の減少に至る恐ろしい感染症。
現在はまだワクチンも存在しない。当然死に至るケースもある。

おわりに

マダニってのはどこにでもいるものだし、なかなか見えにくいサイズなのでどうにも避けようがない。
しかし、最低でも山道、獣道での散歩を避けることで、接触の機会はかなり防げる。

ただ、なにせ彼らは生き物に反応して飛び掛かるので、完璧に避けることは難しい。
こうした場所をもしも散策するなら、最低限飼い主は長袖、長ズボンを着用し、愛犬にはきちんとしかるべきマダニケアを徹底させる必要があるだろう。

ちなみに、僕の母親が以前、野兎の子供を拾ってきたことがあった。
この野兎、かわいかったんだけど耳の中にびっしりマダニがおり、これを駆除するのが本当に大変だった。
マダニだけじゃなく、もっと小さくて黒いダニもいたし……あ、思い出したらまた全身が痒くなってきた!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

せっかくのドッグランなのに、愛犬が遊ばない!その理由ってなに? (5.6)

  • ニュース

愛犬とのきずなを深める!ワン!ダフルフェスタ2021春 in メッツァビレッジ (5.5)

  • ニュース

見る人みんなをニコニコにしてしまう仲良し姉妹 (5.5)

  • ニュース

犬が散歩中に雑草を食べるのはなぜ?理由や危険性を解説 (5.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る