TOP>ニュース > 猫の神様、私と猫吉はずっとこのままで、お願いします。

  • ニュース

猫の神様、私と猫吉はずっとこのままで、お願いします。

虹の橋を渡る日まで

仕事がひと段落して、パソコンを離れてコーヒーを取りに立ったら、足元に猫吉がすり寄ってきた。私が動くのを待っていたのかな?声を出さない鳴き方で甘えてくる。

コロナで自宅勤務になって、茶トラの猫吉といる時間が増えた。これまでは家に帰ってくると、何かを取り戻すかのように必死になって甘えたり、残業して帰ってくると、わざとトイレを失敗して困らせていたのが、嘘のように良い子になった。

いつも私の気配がする場所でのんびり寝そべって、たまに私が動くと一緒になってついて来て、こうして甘えてくる。愛情に必死な感じが無くなって、穏やかなのだ。

猫吉が快適なのと同じぐらい、私も自宅勤務が快適だ。私の隣の課長はいつも強烈な柔軟剤の香りがしていて、頭痛がするほど臭くて、本当に困っていたのだ。

おまけに私の席からトイレまで遠かった。いったんトイレに行くとどうしても5分以上かかってしまう。女性の上司に相談したら「別に、トイレぐらいゆっくり行けば?」と言われたけれど、時間がかかると「トイレで大便をしてきたんじゃないか」とか、「今、生理?」と勘ぐられるようで、地味にストレスだった。

通勤電車で見知らぬ人にギュウギュウ押されて、痛い目に遭ったり、コンビニ・ランチのお弁当争奪戦もない。リモート会議以外で化粧する必要も無いから、肌も荒れないし、ヒールを履かなくても良い。

仕事もコロナで絶好調だ。「あ、ちょっとこれお願いできる?」が無くなって、自分の仕事を丁寧に仕上げることができる。仕事の質が上がって、お客さんからも好評で、私の評価もぐんとアップした。

あと、ここだけの話、私は恋人や友達と遊んだり、外食しなくて良くなったのも、ものすごく快適なのだ。もともと外遊びは好きじゃない。食事やお酒も自分の好きなものを、自分の体調に合わせて食べたかった。それがコロナで実現しちゃった。

ブルるるる―ブルるるるーという音を盛大にまきちらして、猫吉は私の膝の上でごきげんだ。顎をゴシゴシ擦ってあげると、音はどんどん大きくなる。何て幸せなんだろう。これでコロナが収束したら、また会社に行かなきゃならないんだろうか。昼間、猫吉とこうやって遊べなくなっちゃうのかな。

私だけに関して言えば、もう一生このままコロナで良い。こんなこと誰にも言えないけれど、コロナで快適。猫の神様、私と猫吉はずっとこのままで、お願いします。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

勝ったのは?本日も恒例のガウガウタイム (4.11)

  • ニュース

ドッグコテージに年間10泊できるサブスク型定額プランが販売! (4.10)

  • ニュース

愛犬と海のお散歩は最高!だけど注意したい危険ポイント (4.8)

  • ニュース

ワンコ撮影隊出動!インターペットで出会ったキュートな犬たち (4.7)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る