TOP>ニュース > 絶滅の危機を2度も乗り越えたブリティッシュショート

  • ニュース

絶滅の危機を2度も乗り越えたブリティッシュショート

猫の歴史について知るのも大切なことの一つ

ブリティッシュショートヘアは、グレーの被毛が上品な印象を与える猫種。同じくグレーのロシアンブルーとは、また違った魅力があります。そんなブリティッシュショートヘアはどのように生まれ、世界中で愛されるようになったのか…。今回は、その歴史を紹介します。

ブリティッシュショートヘアはイギリスで自然発生

ブリティッシュショートヘアは人の手を加えず、自然発生した猫種。イギリスでは最も古い猫種のひとつだと言われています。

イギリスにブリティッシュショートヘアの祖先を持ち込んだのは、ローマ人だとされているよう。グレートブリテン島に攻め入った時、エジプトから紛れてきた猫がブリティッシュショートヘアだったと言われています。

ネズミなどの害獣を駆除してくれていたブリティッシュショートヘアは、ローマ軍に大変重宝されていました。備蓄品や食料をネズミから守るため、海外遠征に伴うことも多く、それにより、ヨーロッパ全土へと広まり、人間と共に生きるようになっていったのです。

現在のように、有名な猫種となったのにはハリソン・ウィアーというブリーダーの尽力があってこそ。ウィアーは世界初のキャットショーを開催した人物。そのキャットショーでは自身が育ててきたメスのブリティッシュショートヘアが優勝となり、世界中の人々に猫の柄や毛の長さ、模様には多様性があることを訴えました。

19世紀になると純血種への関心が高まったこともあり、ブリティッシュショートヘアの毛色や体型、血統を選別して交配させるブリーダーが増加。個体としての特徴が確立され始めたのは、この時期です。そして、20世紀の初めには爆発的な人気となり、様々なカラーのブリティッシュショートヘアがキャットショーに出陳されるようにもなりました。

しかし、第一次世界大戦が始まったことで、頭数が激減。戦後は絶滅寸前になったため、安定した頭数を確保すべく、ペルシャとの異種交配が進められました。これにより、見た目が徐々に変化。長毛の子も、たくさん生み出されていきました。

これに異を唱えたのが、イギリスの猫血統登録団体GCCF。違う猫種の血を加えないよう、異種交配によって生み出されたブリティッシュショートヘアは公認しないとの規則を設けました。(※ただし、公認されたブリティッシュショートヘアとの交配が3世代に渡って続けば、純血種として登録できるという規則)

その後、ブリティッシュショートヘアは第二次世界大戦により、再び絶滅の危機に。そこで、ブリーダーたちはロシアンブルーやシャルトリュー、バーミーズなどと異種交配させ、頭数を増やしていきました。その過程で体型が細身になったため、丸みを帯びた本来の体つきにすべく、ペルシャとの交配も行われたといわれています。

こうして世界中で人気の猫種となったブリティッシュショートヘアはアメリカンショートヘアの誕生に大きく関係していたり、不思議の国のアリスに出てくるチェシャ猫のモデルになったりした猫種でもあります。

猫種として歩んできた歴史を知ることは、「かわいさ」ばかりに重きを置いた交配を防ぐことにも繋がっていくはず。これから先のペット業界では、見た目よりも健康に重きを置いたブリーディングがなされていくことを願いたいものです。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛玩動物飼養管理士が参戦!インターペット2021年で印象に残った出展!! (5.15)

  • ニュース

旅行に愛犬を連れて行くと8割以上が回答 (5.14)

  • ニュース

“菜々緒ポーズ”をキメる、世にもセクシーな豆柴を発見しました。 (5.13)

  • ニュース

愛犬とのお散歩中はスマホ厳禁!危ない散歩3例 (5.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る