TOP>ニュース > さよならは言わない。またいつか会おうね、マリア

  • ニュース

さよならは言わない。またいつか会おうね、マリア

マリアのメラノーマ闘病記その15

時は2021年2月。マリアが第三の犬生に旅立ってから、早、8カ月が過ぎました。今、食いしん坊だったマリアは、わが家のダイニングルームの片隅にいます。ボクたちが朝、昼、夜と、食事をしている風景の一番ちかくに居させてあげたいからです。そして毎朝、お水を新しくしながら、「マリア、おはよう」と声をかけています。”第三の犬生”の意味は、第一が鹿児島の崩壊した繁殖場、第二がわが家、そして・・・という意味です。

思い起こせば、2007年9月28日。もうすぐ10月だというのに、東京の気温が最高32度を記録したその夜、鹿児島の崩壊した繁殖場でずっと一緒だった2頭のラブラドールレトリーバーが、鹿児島発のJAL最終便で東京羽田空港に到着しました。そしてわが家に引き取られたのが、鹿児島のボランティアの人達が「必ず幸せになるんだよ」という想いと希望を込め、首輪に小さな向日葵(ひまわり)の花飾りが付けられていた、小さく色白のラブラドールレトリーバーのマリアでした。


鹿児島のエピソードを知る方からひまわりの生花が届きました

マリアは鹿児島時代、エクルと呼ばれていました。マリアの毛色から名付けられた、エクリュとは黄色味がかった白という色を意味し、高級車の本革シートの名称にも使われます。鹿児島のボランティアの人がイエローラブというにはちょっと白味が強い毛色からそう名付けたのでしょう。羽田空港に降り立ち、都会で暮らすのに相応しいオシャレな名前ではありませんか。

けれども、我が家の一員となって呼ぶ機会が増えていくと、エクルはけっこう発音しにくいことが判明しました。そこでカミサンが考えた、第二の犬生のためにつけた名前が「マリア」でした。そう、神様が授けてくれた、先代ゴールデンレトリーバーのナナの生まれ変わりという聖なる意味合いを込めて、でした。なにしろ、ナナが亡くなった頃に生まれているのが、マリアなのです。


生前にホテルフォレストヒルズ那須の社長にいただいた絵画

2020年6月14日。いよいよ、姿、かたちあるマリアとのお別れの日になりました。カミサンとふたりでお棺を持ち上げ、リビングから直接駐車スペースに止めてある、俗に”マリアの愛車”と様々な場面で呼んでいた、後席をフラットに倒し、ラゲッジスペースを拡大したステーションワゴンによいしょ、よいしょと乗せました。マリアは生前、”旅するレトリーバー”とともに、自称自動車評論犬!?という肩書も持っていたのですが、「ドッグフレンドリーカーとしてステーションワゴンが最高わん」と言っていたのを思い出しました。こんな時に、その意味が、深く理解できたような気がします。セダンやハッチバックタイプでは、大型犬サイズのお棺など、乗せることはできませんからね。さすが、自称自動車評論犬!?として活躍してきたマリアだ。最期のことまで、ちゃんと考えていたんでしょうかねぇ・・・。ちなみにマリアの愛車は、マリアの晩年、足腰が弱くなってきたので、車高を下げ、パフォーマンスダンパーという、振動や車体の傾きを抑えるパーツを取り入れ、乗り降りしやすく、より快適にドライブを楽しめるよう、自称ではない自動車評論家のボクの見地から、配慮していたんですよ。

お棺の中には、まず、多くのみなさまからいただいた生花をぎっしりとちりばめ、マリアのメラノーマ闘病記014でも記した、マリアが主人公のムック本「愛犬と乗るクルマ」を添えました。これまで、自身が出演しまくっているのに、たぶん、一度もじっくりとページをめくったことがないはずで、天国でゆっくり読ませてあげたいと思ったからでした。そして、絶対にかかせないであろう、たくさんのおやつとロイヤルカナンの療養食、マリアがこれまでお散歩、旅行、お仕事で着ていた(お世話になった)、お気に入りの数あるDOG DEPTのドッグウエアの中でも、ドックスタイリストでもあるカミサンのnanaeが、マリアにもっとも似合っていたと信じてやまない1着を、大きな、けれども今はスリムになったマリアの背中にかけてあげました。

午後、ペット葬儀場に出発です。クルマが、ドライブが、“わんこと行くクルマ旅”が大好きだったマリアにとって、本当に最後の愛車でのドライブです。もちろん、直接、ペット葬儀場に向かうことはありません。カミサンとふたりでマリアに声をかけながら、マリアが大好きだった、元気だった頃は毎朝、毎夕通った公園をいくつか回り、2007年9月28日の夜、羽田空港からわが家にやってきたときと同じ高速道路を走り、ペット葬儀場に到着したのでした。

ペット葬儀場は2005年に先代のゴールデンレトリーバーのナナがお世話になった時と同じ場所にありましたが、外壁がきれいになり、記憶をたどれば、スタッフの方も当時のままのようでした。マリアとマリアの遺影をあずけ、しばらくすると、用意が整ったようです。すでにマリアのお棺の横には、マリアの遺影が置かれ、スタッフから「最後のお別れをしてあげてください」と声をかけられ(スタッフは退出)、そこはカミサンとボク、ララとお棺に入ったマリアだけになりました。もう、顔だけしか見ることはできないマリアと、最後のお別れです。

でも、さようなら、は言いません。「ありがとう、またいつか会おうね」と、カミサンと何度も声をかけました。先代のナナのときには、カミサンは取り乱し、大泣きしたものです。でも今は、「マリアの十戒」の其の十に記されているマリアとの約束をしっかりと守るため、ふたりは涙をじっとこらえました。さすがに笑顔で送り出すことはできませんが、映画「僕のワンダフルライフ」「僕のワンダフルジャーニー」から勇気づけられたように、きっといつか、犬としての姿、形を変えたとしても、必ずボクらの元に戻ってきてくれると信じているからこそ、最期の瞬間も、深い悲しみを感じずにいられたかも知れません。

崩壊した鹿児島の繁殖上から奇跡的にレスキューされ、以来、約13年もの間、わが家で暮らし、多くの人たちに愛され、可愛がってもらい、さまざまなお仕事までこなしたマリアの犬生は、間違いなく、幸せであったはずなのですから。最後の2カ月、壮絶な病魔との戦いをマリアとともに悔いなくまっとうしたのですから、思い残すことはないのです。

カミサンに抱っこされたララは、不思議そうに、お棺の中のマリアを見つめていました。お姉ちゃん、何しているの、お花の中でいつまで眠っているの。早く起きて、いっしょに遊ぼうよ・・・」。もし、ララがマリアの姿がいよいよこの世から消滅してしまうことを十分に理解していないのであれば、そんな言葉をかけていたのかも知れません。

しかしながら、そんな瞬間まで、カメラに収めているボクは、だから冷静でした(カミサンも)。ジャーナリスト魂とでも言うのでしょうか。

やがてスタッフが入ってきて「最後のお別れをしてください」と声をかけられました。そして、マリアが遠ざかっていきました。

外に出ると、雨が降っていました。火葬されるマリアが熱くないように降る雨のように思えました。ボクたちは待合室で、マリアが戻ってくるのを待ち、声をかけられ、マリアと再会し、骨を拾いました。マリアの遺骨のカバーには、持ち込んだマリアの写真から作ってくれた、マリアの生き生きとした顔がこちらを見ているチャームがかけられていました。粋なはからいですよね。


待合室で待つララ。どんな気持ちだったんでしょう

そして、ボクは小さくなったマリアを、マリアの愛車のマリアの指定席に乗せ、シートベルトをかけ、6月の雨上がりの青空にかかった虹の下を走り始めました。今、マリアは本当に虹の橋を渡り始めたのだと、実感したのです。

途中、マリアがお気に入りだったカフェに立ち寄り、テラス席でずいぶん遅いランチを、マリアとともにいただきました。こんなとき、多くの愛犬家、飼い主は食欲などないはずですが、何度も言うように、マリアはきっといつか、ボクたちの元に戻ってきてくれると信じていますから、悲しみに暮れ、食欲どころではない・・・ということは、なかったのです。マリアだって、そんなボクたちであったほうが、嬉しいはずですから・・・。さぁ、マリア、ララといっしょに家に帰ろうか。

つづく

写真 青山尚暉  佐藤靖彦

文:青山尚暉

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアを149カ月で見送り、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。20164月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

獣医診断市場、2022年には36.2億米ドルに到達 (4.12)

  • ニュース

勝ったのは?本日も恒例のガウガウタイム (4.11)

  • ニュース

ドッグコテージに年間10泊できるサブスク型定額プランが販売! (4.10)

  • ニュース

愛犬と海のお散歩は最高!だけど注意したい危険ポイント (4.8)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る