TOP>ニュース > 断崖絶壁の雪山に佇むセントバーナード、と思ったら実は…?

  • ニュース

断崖絶壁の雪山に佇むセントバーナード、と思ったら実は…?

断崖絶壁の雪山に佇むセントバーナード、と思ったら実は…?

セントバーナードといえば、スイス原産の超大型犬種。雪山救助犬としても活躍していたワンコで、アニメ「アルプスの少女ハイジ」に出てくるおじいさんが飼っているヨーゼフが有名ですよね。

今回の主役は、そのセントバーナードのワンコです。

まずはこちらの写真をご覧ください。

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん17

セントバーナードが2匹、雪に覆われた山頂に佇んでいる最高にかっこいいシーンです!

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん5

青い空と白い雲、雪の断崖絶壁に立つセントバーナード…

うーん、なんとも画になりますね。

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん16

それにしても、ここは一体どこなのでしょう?

写真があげられているツイッターのオーナーさんは日本の方ですが、どこか海外の山を登頂したときの写真なのか、はたまた国内の有名なトレッキングスポットなのか。

なんにせよ、さすがセントバーナード、断崖絶壁の雪山でも、何の装備もなく余裕で登れてしまうんですね!と、思いきや……

セントバーナードの親子デイジー15ドーンくん

実はこれ、雪山は雪山でも本物の山ではなく、単に除雪した雪が積んである「雪の山」だったんです!

飼い主さんによる撮影シーンの裏側は、こんな感じ(笑)

まさかこんな高さの雪山だったとは、すっかり騙されてしまいました…!

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん6

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん3

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん4

積雪量によってはさらに高い雪山になることもあるそうで、毎年この時期になるとワンコたちはお手製の雪山の登り下りを楽しんでいるのだとか。

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん9

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん14

お友達ハスキーさんたちとのポージングがキマっているこちらの写真は、「強そう」「映画ポスターみたい」とツイッターで大いに話題になっていました。

確かにこのパーティーならどんな敵にでも立ち向かえそう…!

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーン18

雪山×セントバーナードの、最強にかっこいい写真の裏側をご紹介しました。

セントバーナードの親子

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん2

雪が似合う2匹の名前は「デイジー」ちゃんと「ドーン」くん。セントバーナードの仲良し親子です。

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん10

お母さんのデイジーちゃんは、約1年前にドーンくんと兄妹たちを出産しました。1年ですくすく大きく育ったドーンくんの体重は、現在なんと68kg!飼い主さん曰く、まだ成長過程なのでもう数kgぐらいは大きくなるだろうということ。

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん7

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん11

セントバーナードとしては小柄というデイジーお母さんの体重は55kgほどなので、ドーンくんとは一般的な中型犬1匹分ぐらいの体重差があることになります。

やはり超大型犬の名は伊達じゃないですね!

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん8

大きくて強そうな見た目ですが、基本的にセントバーナードは穏やかで優しい性格の持ち主。デイジーちゃんとドーンくんも例にもれず、お家の中ではいつもまったりのんびりと穏やかに過ごしています。

(ちなみにこちらは机をかじっているわけではなく、上アゴで頭を支えて休んでいるところだそう…笑)

平和主義ゆえか、おもちゃも独り占めするより他の子とシェアして遊ぶ方が好きらしく、親子で綱引きのように引っ張りっこして遊ぶのがお気に入りなのだとか。

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん20

人にくっつくのも大好きで、よく背中やおしりをぴったりつけてくれるので冬場はとても温かいということ。羨ましい天然湯たんぽですね。

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん13

また、ドーンくんはくつろいでいるときもデイジーお母さんの傍にいることが多く、大抵どこかしらをくっつけて寝ています。こんな風に甘えている姿を見ると、体は大きくてもまだまだパピーのようで微笑ましいですね。

セントバーナードに魅せられて

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん12

2匹の飼い主であるキシイーヌ(@kishidog)さんは、北海道札幌市にあるドッグラン併設のカフェ『バーナード・スクエア』のオーナーをされています。

冒頭の雪山は、毎年ドッグランの敷地内に積もった雪を業者さんに重機で集めてもらって作っているもの。ワンコのお客さんたちの遊び場になるし、素敵な写真が撮れると飼い主さんたちも喜んでくれるフォトスポットになっているのだそう。

もともと大きな動物が好きで、彼らと関わる生き方をしたくて北海道に移住されたというキシイーヌさん。大学では獣医学を学び、在学中にたまたまブリーダーさんと出会ったことがきっかけで、セントバーナードという犬種に惚れこんでしまったのだとか。

以来、ずっとセントバーナード一筋。「寿命が訪れて犬を亡くすたびに、そのブリーダーさんから仔犬を譲っていただいております」とお話してくれました。

実はデイジーちゃんは、キシイーヌさんにとっては6代目の相棒なんです。

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん1

ちなみに、カフェの看板犬を務めるのはデイジーちゃんとドーンくんが3代目。のんびりした2匹ならではのおもてなしは、犬好きのお客さんたちに大好評です。

いつか北海道へ訪れる機会があったら、大きくて優しいセントバーナードの看板犬たちに会いに行ってみてはいかがでしょうか?

セントバーナードの親子デイジーちゃんとドーンくん19

雪山を登頂する姿が話題になった仲良し親子、セントバーナードのデイジーちゃんとドーンくんをご紹介しました。

キシイーヌ(@kishidog)さんのツイッター
https://twitter.com/kishidog

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCxEzblDHsp0NTqKzu4UaAyQ

エスプレッソ・カフェ&ドッグラン『バーナード・スクエア』
http://www.bsq.jp/top.html

取材・文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

毎月定期的にお届け!ドッグウェアのサブスク「HAPPY DOGGY CLOSET」 (11.28)

  • ニュース

【獣医さんが勧める愛犬トレーニング】今日からやろう!愛犬のトイレトレーニング (11.28)

  • ニュース

犬の歯磨きは必要?始める時期と磨き方や頻度、苦手な子に慣れてもらう3ステップを紹介! (11.27)

  • ニュース

世界の終わりに犬を拾ってしまったら?【虹の橋を渡る日まで】 (11.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る