TOP>ニュース > 江戸時代に活躍した“おかげ犬”とは?

  • ニュース

江戸時代に活躍した“おかげ犬”とは?

犬も目指したお伊勢さま…一方、未だに彷徨う犬の霊も?

長引くコロナ禍。

こういうときこそ神仏にすがって疫病調伏を祈念したい。
が、下手に寺社仏閣に参拝して密を生んでは元も子もない。

だから今年は、オンライン参拝という新しい初詣の形を打ち出す施設も多かったという。

いつの時代も人は神仏を敬い、頼るもの。
そして時代ごとに、特別な参拝方法は考案されてきた。

たとえば“おかげ犬”も、そのうちの一つだろう。

お伊勢参りを愛犬に任せる時代はあった

江戸時代、人々の間ではおかげ参りが大流行した。

おかげ参りというのは今も残る言葉なので、ご存じの方も多いはずだが、要は伊勢神宮を詣でることをそう称したのだ。

意味は同じで、“お伊勢参り”の言葉違いみたいな感じである。

しかし、伊勢神宮近辺に住んでいる人であればちょっとした外出程度だが、遠く離れた土地に住んでいる人にとってはなかなかの遠出となる。
まして病弱であったりすると、移動手段もないということに。

そういった人が、せめてもの代替案として考えついたのが“おかげ犬”である。

飼っている犬を旅に出し、伊勢神宮を参拝させたのちに帰宅させるという、なんとも奇天烈な参拝の手法。

こんなのやる人いるの?って感じだが、実際当時は少ないながらもおかげ犬はいたのだ。

犬を旅に出す際には、伊勢神宮を目指している旨の手紙を書き、少量の金銭も持たせていたという。
道中何かと入用になるので、お金は必須だったというわけだ。

途方もなく性善説に基づいたやり方だが、ともかく、そうまでしてでも代わりにお伊勢さん詣でをしたかった人が、昔はいたのである。

そのまま戻れなかった“おかげ犬”は今も…

で、当然そういう方法で犬を送り出したわけなので、基本的には上手く行かない。

犬にとっては伊勢神宮に行くメリットがないものだから、早々に引き返すこともあっただろう。
中には身に付けている金銭を奪われてしまう犬もあっただろう。

そして旅に出されたはいいものの、そのまま路頭に迷って死んだ犬もあったに違いない。

実際、“おかげ犬”については色々と悲しい話も聞いたことがある。

平成初期のこと。ある女性は、たびたび家の前を白い毛色で首に古銭の入った風呂敷を巻き、お腹にボロボロのしめ縄をした犬を目撃していたという。

たまに犬の下げた風呂敷から古銭が落ちるので、物珍しく感じた彼女はそれを拾い集めてコレクションしていた。

あるとき、彼女の祖父にその古銭を見せたところ「これ、どこで拾ったの? おじいちゃんも同じの持ってるよ」と、そっくりな古銭を出してきた。

そこで彼女は、たまに家の前を通る犬の話と、その犬の風呂敷から落ちた古銭を拾ったという話をした。

すると祖父はニッコリ笑って「あのおかげ犬、まだこの辺で迷ってるのか。前に立札刺してやったけど、読んでねえな」と言ったそうだ。

彼女はそのときはじめて、犬のお伊勢参りの話を聞かされたが、それからも稀に、同じ犬が家の前を通ることがあったため、見かけるたびになんだか悲しい気持ちになったという。

ちなみに、犬が歩いている先にはたしかに伊勢神宮の置かれる三重県があったという。

女性曰く「いつか逆方向からあの犬がやってこないかと思ってたけど、そのうちに家も取り壊しになったし、今はあの道もマンションになっちゃったね」とのこと。

おわりに

“おかげ犬”についての話は、たしかに自宅から伊勢神宮までたどり着き、そのまま見事に帰宅することができたという事例もある。
そんな記録が残っていることが凄いんだけど、やっぱり成功したのはごく一部。

もしかしたら今もなお、伊勢に向かっている犬や、伊勢から自宅に帰る道すがらの犬が彷徨っているのかもしれない。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

レジ担当する可愛い店員さんは生後7ヶ月の秋田犬 (3.2)

  • ニュース

ムギ、キャリーに食われる。 (3.2)

  • ニュース

肉球には私を救ってくれるパワーがある (2.28)

  • ニュース

世界初!ペットの顔写真から病気を予測するAIが誕生 (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る