TOP>ニュース > 愛犬家必読!コロナ禍に読みたい「犬といっしょに生き残る防災BOOK」

  • ニュース

愛犬家必読!コロナ禍に読みたい「犬といっしょに生き残る防災BOOK」

コロナ不安が大きい今、人もペットも在宅避難が基本に

ニュースを見るのが怖くなるほどの、連日の新型コロナ感染者数の増大…。「こんな時に、台風や地震などの自然災害だけはおこりませんように…」と祈っているのは、私だけではないはず。いざという時、コロナ感染も防ぎつつ、愛犬の命も守れるだろうか…。そんな愛犬家の不安に、ズバリ答えてくれる本「決定版 犬と一緒に生き残る防災BOOK」が1月9日に発売されました!


▲2021年1月9日に発売された「決定版 犬と一緒に生き残る防災BOOK (いちばん役立つシリーズ) 」(監修:ANICE(アナイス)・村中 志朗、編集:富田 園子・犬防災編集部 日東書院本社刊) 1,430円。監修は、災害時の動物との同行避難の経験豊富なプロ集団「NPO法人ANICE(アナイス)」

「ペット防災」の意識が生まれるきっかけになったのは、2011年の「東日本大震災」。2013年に環境省より「人とペットの災害対策ガイドライン」が発表されましたが、2016年「熊本地震」では避難所から受け入れを拒否されたり、同伴可能だったとしても鳴き声、ニオイ、アレルギーなどのトラブルが相次いだりと、問題点が浮き彫りになりました。

そうした問題を解消するヒントとなるガイド本も多く出版されていますが、今回の本はコロナの影響についてもページを割いているのが特徴。多くの人が集まる避難所ではなく在宅避難を基本とし、車避難やテント避難、ホテル避難などいろんな避難場所の選択肢を提案しています。

避難所や屋外でのお世話のコツ

コロナにより在宅避難が推奨されていますが、自宅が崩壊したりしてそれが不可能な場合も…。この本では避難所でのお世話のコツもしっかりカバーしつつ、避難所に入れず自宅にもいられない場合の、車やテント泊でのお世話の方法が提案されています。

サッカーゴールを使った雨除けや、段ボールで作る簡易犬小屋、ペットシーツを床に貼るトイなど、役立つアイディアや知識がたくさん!普段から読み込んでイメージしておけば、いざという時に役立ちそう。


(c)Nitto Shoin Honsha 2021

飼い主にもできる応急処置

災害時にはさまざまな危険が襲ってきますが、動物病院が機能していなかったり、動物病院までたどりつけなかったりする場合も…。そんな時に飼い主が少しでも愛犬を助けられるよう、出血、骨折、やけど、熱中症、心肺停止などの応急処置も紹介されています。


(c)Nitto Shoin Honsha 2021

結論…モノより大事なのは想像力

「ペットの防災」と聞くと、まず「どんなグッズを揃えたらいいのか」を考える人が多いでしょう。でも、災害に遭遇する時、必ず家にいるという保証はありません。また家にいたとしても、必要なグッズをすべて持って同行避難できる状況になるとは限りませんよね。

この本では、チャート式の災害シミュレーションや、さまざまなパターンのアイディアが多数掲載されています。そして最後の部分で強く訴えているのが、「モノを揃えるよりも、被災した時にどう行動するかをイメージする」ことの大切さ。普通の生活をしていると被災した時のイメージは持ちづらいものですが、この本を手元に置いて常に読み返していれば、とっさの時にどう行動すればいいかイメージできそう。それだけでも、心のお守りになりそうですよね。

取材・文/桑原恵美子

取材協力:日東書院本社

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

夏の水分補給に最適!犬猫用手作りゼリーの素の新フレーバー「かつお」「たい」 (7.30)

  • ニュース

思わず冷える?真夏のちょい怖怪談『亡き愛犬の足音』 (7.29)

  • ニュース

すぐ見つかる!ペット可物件探しを楽にする「ペットホームウェブ」 (7.28)

  • ニュース

日本を代表する「柴犬」の歴史と性格の特徴、あなたはどこまで知っていますか? (7.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る