TOP>ニュース > すべてが可愛い。柴犬の沼にハマってしまった父

  • ニュース

すべてが可愛い。柴犬の沼にハマってしまった父

すべてが可愛くて許せる。柴犬の沼にようこそ!

皆さんは人生が大きく変わった経験ありますか?

変わるって実はとっても素敵なことなんです。

こんな風に♪

柴犬の穏やかな瞳は、後ろ姿で見えないお父さまの柔和な表情を映し出しているのかもしれません。

49万超のいいねを記録したこのツイートには「お父さまの気持ちわかる」「可愛いは正義」などのコメント寄せられ世界中が“ほっこり”状態に。お父さまに見つめられているワンちゃんは生後約2ヶ月の麦くん(@sss_inu)。意外にもやんちゃで元気すぎる男の子だとか。


ケージでゴロンゴロンしてる図。

そんなキュートな麦くんを迎えて「3日でダメになった父」とは一体どういうことなのか?具体的にどう変化したのかを飼い主さんにお聞きしました。

「ワンちゃんを家族に迎えるにあたり、もともと犬好きだった父は『飼うならマルチーズ!』とかなりのマルチーズ推しでした。そんな父を母と私で「柴か豆柴!」とゴリ押したんです。すると父は、豆柴なら小柄だしまあ、みたいな感じで譲歩してくれて…」

「結果、家族になった麦は豆柴じゃない普通の柴。豆柴みたいに小柄ではなくだいぶ大きくなると思うんですけど…笑。でも、麦が家族になってから父は毎日『かわいいなあ…かわいいなあ…』としみじみぼやいてます」

マルチーズ推しだったお父さまを「推し変」させてしまった麦くん。

お父さまの気持ちも分かります。あれだけカワイイんだから誰もが虜になるはず。

麦くんにハマってしまったお父さまは日頃から麦くんのお世話に勤しんでいるそうで…

「父は几帳面なのもあって麦がケージの中をぐちゃぐちゃにするたびにせっせと直してますし、トイレの世話なんかもやってくれてます。ただ、ケージを一番掃除してあげてるのに一番ガブガブ噛まれてるのがちょっと面白いです笑」

おそらく噛まれることもご褒美♪

ちなみにご家族にとって麦くんは先代犬が他界してからようやく家族に迎えたワンちゃん。垂れている耳とめっちゃ可愛い顔、さらにはケージの隙間に指を入れたら吠えるでも暴れるでもなくじーっと見つめてペロペロ舐めてくれる愛嬌…そのすべての仕草にたまらなくなって家族に迎えたといいます。

可愛すぎて卑怯

微笑もあざとすぎる

–麦くんの魅力を教えてください

「ほんとはびっくりするほどやんちゃなんですが、知らない場所ではすごく大人しくなるんです。こんなに警戒心の強い子がうちではくつろいで走り回ってる姿を見て、それだけ安心してくれてるんだと思うと愛しくなっちゃいますね。まだ柴ビギナーなので今後も柴の魅力を探していきたいと思います!」

では最後に、麦くんにやられてしまったお父さまのその後の人生をご覧頂きながらお別れです。

麦くんのツイッター

@sss_inu

文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

もはやツッコミ待ち!人のように喜怒哀楽を表現するペット写真12選 (8.2)

  • ニュース

オオカミは弱者を見捨てない「狼の群れはなぜ真剣に遊ぶのか」 (8.1)

  • ニュース

真剣に取り組んで欲しい犬のオーラルケアのこと【兵藤哲夫の徒然日記】 (8.1)

  • ニュース

夏の水分補給に最適!犬猫用手作りゼリーの素の新フレーバー「かつお」「たい」 (7.30)

もっと見る
人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る