TOP>ニュース > 【お正月の緊急提言】誤飲・誤食に注意!愛犬の万が一の場合、どうする?

  • ニュース

【お正月の緊急提言】誤飲・誤食に注意!愛犬の万が一の場合、どうする?

愛犬の万が一の場合、どうする?【兵藤哲夫の徒然日記】

今年はコロナの関係で、お正月に人が多く集まる機会が減ってしまいました。にぎやかなこれまでのお正月も良いのですが、今年のような静かなお正月も趣(おもむき)があってよいものですね。ペットと家族がともに無事に過ごせた幸せを、強く実感できるお正月です。

このクリスマスからお正月にかけては誤飲・誤食で動物病院に駆け込まれる飼い主さんが増えるのが普通です。例年に比べて数はやや減っている傾向はあるものの、誤飲・誤食事故はゼロではありません。保険会社が発表している、ペットの保険金請求が多い傷病ランキングでも、異物誤飲は6位に上がっています。

ペットにとって毒になる食べ物は近づけない、使わないのが鉄則ですが、完璧に排除するのはなかなか難しいのが現状です。そこで万が一の時に、健康被害が少ないようにするための3つのアドバイスを覚えておいて欲しいと思います。

アドバイスその1、緊急連絡先を電話帳に登録

年末年始は動物病院もお休みのところが増えます。多くの病院は24時間年中無休の救急病院と提携していて、おやすみの時はそちらに連絡するような体制が整っているところがほとんどです。

緊急の時は提携の病院にかかって、その後はかかりつけの病院で継続して診察を受けられる仕組みになっているはずなので、かかりつけの病院に聞いてみてください。また、そうした提携病院が無い場合でも、必ず緊急の連絡先に電話をかけられるようになっているはずです。こうした緊急連絡先は、スマホや携帯電話に登録しておきましょう。

すでに登録されている飼い主さんも、新しい提携先に電話番号が変更されていないか、確かめておくと安心です。いざという時に、電話番号を検索していては間に合わないことがあります。ぜひこの記事を読んだ後すぐにスマホの連絡先を確認してみてくださいね。

アドバイスその2、基本は様子を見ないが、特に危ないケースを知っておく

誤飲・誤食事故はどんな場合でも命にかかわると、危機感をもっているぐらいが安心です。様子を見ているうちにどんどん具合が悪くなってしまう事態を防ぐために、私自身はすぐに病院に行くべきだと考えています。

たとえ、誤飲したものが大して危険なものでなかったとしても、また、様子を見ていて便といっしょに出てしまうようなものであったとしても、万が一の危険があります。危険かそうでないかを判断できるのは、やはりかかりつけの獣医さんです。命にかかわることなので、病院に行って欲しいと私は思います。

しかし、移動中など、どうしても病院に駆け込めない場合もあるでしょう。特に緊急性が高いケースを飼い主さんが知っておくと、素早い対応が可能です。

・飲み込んだとたんに激しくせき込む

・医薬品、保冷剤、洗浄剤、殺虫剤などを食べた

・けいれんを起こした

・呼んでも反応が無くぐったりしている

・お腹や胸が大きく盛り上がるなど、呼吸の状態がいつもと違う

・激しく吐いたり、嗚咽(おえつ)をする

・タバコやタバコの吸い殻を食べた

・灯油、漂白剤、家庭用の消毒剤を誤飲したか、口からそれらの匂いがする

・口から血や変な色の液体が出ている

・ヒモ状のものや、焼き鳥の竹串、画びょうなど鋭いものを食べた

とはいえ、「うちの子はこれ以外の症状だから、大丈夫」と放置するのは間違いです。飼い主さんが危険を感じたら、獣医さんに問い合わせるのが一番です。

アドバイスその3、食べた物は何でどれぐらいか

よく「異物を食べたら大量の水を飲ませると良い」と書かれている古い飼育書がありますが、異物によっては水を飲ませるのは危険なケースもあります。まずはかかりつけの動物病院に問い合わせて、すぐに連れて行くのが一番良いでしょう。

病院では何をどれぐらい食べたかがわかると、治療に大いに役立ちます。チョコレートを食べたら、どんなチョコレートか、板チョコなのか、チョコがビスケットにコーティングされたフィンガーチョコなのか、もって来て見せてくれると、私はありがたいですね。

そのまま持ってくるのが大変な時はスマホで撮影するなど、食べた物が何でどれぐらいかがわかると、治療するペットの負担が減る場合もあるので、便利ですよ。

最後に、ひも状のものを食べてしまって、お尻から出ている時は、絶対に引っ張らないこと。内臓を傷つけてしまうことになるので、そのままそっと病院に連れてきてくださいね。

病院に来るときはできるだけ体温を下げないように暖かくするのがポイントです。

人とペットではもちろん対応が異なりますが、厚生労働省が発表している赤ちゃんの誤飲・誤食対策に関する資料がウエブに掲載されています。ペットの安全対策の参考にもなるので、おすすめです。万が一の時を想定しておけば、本当に大変な時でも冷静に行動できるようになると思います。

兵藤動物病院 兵藤哲夫
麻布大学獣医学科卒業後、1963年横浜市にて兵藤動物病院を開設。ヒョウドウアニマルケア代表として公益社団法人日本動物福祉協会理事、横浜市獣医師会理事などを歴任。TBSラジオこども電話相談室の回答者などをつとめた。

文・編集/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「肥満犬」は寿命が2年半も短いって本当? (6.13)

  • ニュース

犬はマンゴーを食べられる?あげてもいい果物とおやつレシピ【春~初夏編】 (6.12)

カットされたマンゴー
  • ニュース

十二支に見る犬(戌)の特徴!陽の気溢れる安産の象徴? (6.11)

  • ニュース

知れば愛犬ともっと仲良くなれる!これが犬が喜ぶ「なで方」だ! (6.10)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る