TOP>ニュース > 『南極犬物語』のタロとジロには弟がいた!?

  • ニュース

『南極犬物語』のタロとジロには弟がいた!?

奇跡の実話『南極犬物語』人間との約束を信じ待ち続けた犬たちの物語。

ハート出版は、かつて日本中を感動の嵐に包み込んだ実話『南極犬物語』を発売した。

ある年代以上の日本人なら誰もが知る実話を、なぜ今? との問いに「コロナ禍の巣ごもりの高齢者や、詳しくは知らないだろう子供たちにぜひ読んでほしい」と、新装版で刊行したのだ。

高倉健主演の映画『南極物語』は昭和58年に公開された。平成23年には木村拓哉主演の連続テレビドラマ『南極大陸』も放映。

ふたつの時代の大スターが起用され話題になるほど、南極観測隊と犬ゾリ隊の犬たちの話は、日本人の心を惹きつけてやまない。

そこには第二次大戦後の日本復興を願う夢と情熱、人間と犬たちの心のドラマがあるからだろう。御代替わりで令和となった今にも、その思いは流れ続けているだろうか。

物語は北海道稚内で生まれた3匹の赤ちゃん犬から始まる。
後に有名となるタロとジロ、そしてサブロだ。
そう、タロとジロには弟がいたのだ。

サブロも犬ゾリの訓練を受けていたが、病気で命を落としてしまう。タロとジロは、先輩の犬たちといっしょに南極観測船「宗谷」に乗って南極へ行き、観測隊の困難なミッションのため、犬ゾリ隊の一員として大活躍する。

そして、第一次観測隊と第二次観測隊が交代するときに、悲劇は起きた。

児童書なので犬たちが主役だが、人間の心の動きも見逃せない。また、物語だけでなく、欄外には「南極まめ知識」も載っていて、子供たちには科学や地理の知識も楽しめる。

令和の今、日本のシンボルタワーは東京スカイツリーだが、昭和は東京タワー。その東京タワーのふもとに、南極に置き去りにされた15頭のカラフト犬たちのブロンズ像が、東京タワーが完成した翌年の昭和34年に建てられた(現在は立川市の国立極地研究所に移設)。

国立極地研究所も訪ねてみると、南極大陸と南極物語をより一層楽しめる(現在は新型コロナウイルス感染防止対策で、事前予約制で金曜日のみの開館)。

本書は『南極物語』が放映された2011年に刊行したハンカチ文庫『南極犬物語』のリサイズ新装版だ。

著者プロフィール

綾野まさる(あやの・まさる)
1944年、富山県生まれ。
67年、日本コロムビア入社。5年間のサラリーマン生活後、フリーのライターに。特にいのちの尊厳に焦点をあてたノンフィクション分野で執筆。
94年、第2回盲導犬サーブ記念文学賞受賞。主な作品に「いのちのあさがお」「いのちの作文」「帰ってきたジロー」「ほんとうのハチ公物語」「INORI」(いずれもハート出版)、「900回のありがとう」(ポプラ社)、「君をわすれない」(小学館)ほか、多数。日本児童文学者協会会員。

書籍情報

書名:南極犬物語
著者:綾野まさる
仕様:A5判並製・152ページ
ISBN:978-4-8024-0109-8
発売:2020.12.07
本体:1,200円(税別)
発行:ハート出

構成/編集部
\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

なぜ、犬は飼い主の個性に似てくるのか…? (1.23)

  • ニュース

生後 4 ヶ月の豆柴とハイタッチしようとしたら予想外の展開に! (1.23)

  • ニュース

感情シンクロ!?猫を撫でたら近くの犬も気持ち良さそうな顔をする (1.22)

  • ニュース

やられた!1階に野良猫が侵入してマーキング地獄に。 (1.21)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る