TOP>ニュース > コロナ特需でペットをお迎え…それって本当に先のこと考えてますか?

  • ニュース

コロナ特需でペットをお迎え…それって本当に先のこと考えてますか?

「ペット=家族」この等式は揺るがない

僕はペットにお金をかけるタイプの飼い主だ。
理由は一つで、そうすることがペットのクオリティ・オブ・ライフの向上に一番の近道になるためである。
それでなくてもペットはフードやグッズなどの消耗品を多く使う存在なので、お金がかかる。
病気や怪我をすれば、数万円単位でお金が飛ぶ。
その事態に備えて加入するペット保険も、毎月いくばくかの出費になる。

ペットを迎え入れて終わり、というわけではない。
いのちを預かるということは、まことお金のかかる行為だ。

コロナでペットの需要が高まることへの違和感

今年の5月ごろ。緊急事態宣言が都市部で出た間際辺りから、誰が言い出したかコロナのためにペット特需が起きた、という話が出るようになった。
僕がこの特需を実感したのは、通販サイトで熱帯魚用品の配送がことごとく遅くなっていることに気付いたとき。
新型コロナウィルス感染症の蔓延のためにテレワークに移行した人たちが、自宅での癒しを求めて生体を注文するという動きが活発化した。

いわゆるアクアリウム需要が本当に一気に高まり、僕がいつも利用している魚の餌の通販サイトも、発送までに15日ぐらいかかるようになってしまった。
まあ、それはいいんだけど、問題は生き物を迎えるにあたっての動機が「コロナで家にいるのも暇だから」が介在している人が結構いたことである。

熱帯魚の場合は環境をある程度整えれば初期投資以上のお金はそうそうかからないが、犬や猫は違う。
在宅ワークが退屈だからといって犬猫、その他エキゾチックアニマルなども含め、衝動的に迎えるのは、僕は「短絡的だ」と思ってしまう立場だ。

だってもしも今の状況が元通りになったとしてテレワークしなくて良くなった際に、果たして常に在宅してて暇だったときと同じ水準でお世話が出来るのか。
出来ない人に限って、即断即決で生体を購入しているのではないか、と感じるところがある。

コロナ禍で迎えたペットを手放す飼い主は既に出ている

事実、既に短絡的にペットを迎えてしまったものの、手に余って捨てようとしている飼い主は出てしまっている。

確認した限り、ことしの9月時点で既に巣ごもり需要で高まるペット人気を紹介しつつ、経済的な事情であっという間に手放した人について警鐘を鳴らしていたニュースも存在する。
巣ごもり需要によってペットを購入したものの、いざ飼ってみるとお金がかかって慌てて保護団体に丸投げしようとする人ってのが実際に出ている。

これって流石にどうかと思う話だ。酷いものである。
自分の収入を顧みてシミュレーションすれば、飼育が可能か、それとも困難か分かるのは当然。
ましてや今はコロナ禍で収入が今後も安定する可能性については先行き不透明。
元々ペットと暮らしていた人ならまだしも、僕からすれば「よくこんな時期に犬猫をペットにしようと思えるな」としか思えない。

折しも今年の夏頃に、今の時期にわざわざ犬を飼いたいと言い出す知人がいた。
その都度「こういう状況で、今がテレワークで時間的余裕あるから飼いたいと思っても、それが元に戻ったらどうなるの?」と散々忠告した。
でも「大丈夫だいじょうぶ」と聞き耳を持たずに血統書つきの犬を飼って、10月には保健所に連れて行ったと事後報告で聞かされた。当然縁は切らせてもらった。

衝動的なペットの導入は、本当にお金がある人を除いては不幸を招きやすい。
もはや12月に入って、思ったよりコロナ禍が長引いたことで収入が下がってしまい、仕事もなくした人も出始めている。

大切なペットを、経済的な事情からどうしても飼育出来なくなったという例も出ているし、これはおそらく今後も増えるはず。
ペットを迎えるにせよ、それは今ではないと感じる。

おわりに

ペットは10年、20年と一緒に人生を歩む家族になるわけなので、先々のことをよく考え、不安はないか考えてから迎え入れるべきだ。

先般来SNSでバズる傾向が見て取れる“テレワークを猫が邪魔する”という可愛い事例。
あれはたしかに素敵な光景だ。
でも、あれだけを見て、結構「僕もあれがやりたいから猫飼おっと」みたいに言ってる人の声を耳目に入れるたび、「そうじゃないんだよ」と思ってしまう。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

愛犬が病気にならないための正しい抱っこ方法【兵藤哲夫の徒然日記】 (12.3)

  • ニュース

無警戒なポーズがたまりません。 (12.2)

  • ニュース

愛犬と一緒にお風呂に入りたい!そう願った飼い主が後悔した3つの理由 (12.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る