TOP>ニュース > ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その9

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その9

最後の”わんこと行くクルマ旅”に出発。マリアが大好きなレジーナリゾート軽井沢御影用水へ

2020年1月、マリアは1回目の抗がん剤の副作用で高熱が出て、2回目は1週間延ばして1月24日に延期。2回目の抗がん剤投与です。この日は血液検査の結果も問題なく決行です。帰宅後、大量の水を飲み、夕方の散歩では何回もおしっこをしましたが体調は良好でした。ただ、前回の抗がん剤投与から4週間も空いてしまったため、メラノーマの周りが化膿して出血がひどく、臭いもきつくなりました。それが抗がん剤投与後、3、4日もすると、メラノーマからの出血も治まり腫瘍も小さくなり、抗がん剤の効果が実感でき、ボクたちはカルボプラチンを選択して本当に良かったと喜んだものです。

抗がん剤を投与して1週目は下痢などの消化器系の副作用、2週目以降の発熱が懸念されます。実は2月4日から5日にかけて、このペットッモローの軽井沢ロケが決まっていました。マリアをホテルや病院にお願いするのもかわいそうで、何より容態が急変して死んだりしたら・・・なんて思いをめぐらせると、やはり目の届くように同行させるのが一番安心だと思いました。

その旨を幕張動物病院の小野先生に相談すると、先生は「分かりました」と即答してくださり、前回の副作用を想定し、今回から消化器系、骨髄抑制の発熱に備え薬を増やしましょうということになったのです。ボクたちはマリアの遠出を止められるのではないかと、恐る恐る聞いたのですが、想定外の返答に驚きました。何しろ、今までは旅行は、体力を消耗するので控えた方がいいと言われていたのです。

2020年2月1日。ルペオールの注射のため幕張動物病院に通院。今回から月1回の投与になりました。マリアは化学療法の抗がん剤とルペオールを併用して治療をしてきました。それはメラノーマの進行を遅らせるためです。この日のマリアは食欲もあり体調も良好でした。2日後の軽井沢ロケに同行させることに心配は尽きませんが、マリアへの負担を最小限にスケジューリングし、PETomorrow”わんこと行くクルマ旅”の、今となっては、マリアにとって最後の大仕事、晴れ舞台となったロケに挑んだのです。

2020年2月4日。いよいよ”わんこと行くクルマ旅”、「新型スズキ・ハスラーで行くレジーナリゾート軽井沢御影用水」のロケに出発の朝を迎えました(もちろん、万全のコロナウィルス対策をして)。マリアとララをいつものようにお散歩に出し、軽い食事を済ませ、消化するのに十分な時間を与えてから、ハスラーの後席に乗車させました。マリアとララは旅するラブラドールレトリーバー、ジャックラッセルであるとともに、世界でもあまり例のない、自称自動車評論犬!?という肩書を持っているのですが、ララは出発前、小さな軽自動車で軽井沢に行くなんて、マリア姉さんが疲れてしまいそう・・・なんて余計な心配をしていたのですが、首都高、関越自動車道、そして上信越自動車道を経て、碓井軽井沢ICからプリンス通りに至る往路の行程は、想定外に快適でした。なにより乗り心地が上質かつフラットで、ターボエンジン搭載車ですから、エンジン回転を低く保った、ACC(アダプティブクルーズコントロール)を使った余裕のクルージング、山道での素晴らしい安定感もあって、ボクたちもマリアとララも、ストレスフリーで軽井沢に到着できたのです。

目的地にどうして軽井沢を、そしてレジーナリゾート軽井沢御影用水を選んだのか?と問われれば、それはこれまでマリアが何度も訪れ(開業時にPETomorrow、その後、ムック「愛犬と行く旅」のロケ、プライベートで数回)、すべて最高のレジーナリゾートの中でも、マリアがもっとも好きなレジーナリゾートだからです。もしかしたら、これがマリアにとって最後のロケ、取材、遠出、”わんこと行くクルマ旅”になるかもしれない・・・という、本当は考えたくもない思いが、ボクの中にあったのかも知れません。だから、どうしても、どうしてもここでなくてはならなかったのです。

 
レジーナリゾート軽井沢御影用水開業時のカット

ところで、出発前、ボクは軽井沢在住の犬友に連絡。理由は、マリアになにかあった際、緊急で観てもらえる軽井沢の動物病院を教えてもらったのです。住所、電話番号はもちろん、休診日、診察時間を克明にメモしたことは言うまでもありません。また、目的地のレジーナリゾート軽井沢御影用水からの距離もチェックしました。マリアのような状態の犬を連れてドライブ旅行する際は、そうした下調べは特に重要だと思います。それをしておくだけで、安心感がまるで違うのです。


軽井沢の動物病院をチェックしてくれたわんか?

レジーナリゾート軽井沢御影用水に到着すると、まず、マリアが登場するシーンを集中的に撮影。できるだけ早く、部屋で休ませるために、です。まずは到着シーン、チェックインシーン、クルマとのカット、お部屋でのくつろぎカット、レジーナリゾート軽井沢御影用水のお薦め撮影ポイントとしていつも写真を撮る、御影用水を見下ろせるカフェ&バースペースのテラススペース、マリアが大好きな軽井沢感満点の芝生のドッグランなどを撮影。

 

 

そして、わが家がレジーナリゾート軽井沢御影用水を愛してやまない(わが家のベスト・オブ・レジーナリゾートは、ここレジーナリゾート軽井沢御影用水とレジーナリゾート鴨川です!!)大きな理由としてある、ホテルの外の、地元の愛犬家御用達でもある、まるでヨーロッパの田舎の風景のような御影用水沿いの散歩道をお散歩するシーンなどでした。

 

思えば、ここレジーナリゾート軽井沢御影用水が開業する直前の2016年7月にマリアはララとともに訪れ、PETomorrowの”わんこと行くクルマ旅”の企画を開業日に合わせて公開しているのですが、そのときの写真が、今もレジーナリゾート軽井沢御影用水のホームページに掲載されています(マリア2カット、ララ1カット)。そのときの軽井沢は、緑がまぶしいほどの季節でしたが、今は冬。ドッグランの芝生が冬枯れていても、マリアはきっと、あのときの芝生の緑、心地よい風の気持ち良さを、犬生の大切な記憶として、思い出していたんでしょうね。ふと、軽井沢の冬空を見上げて、思いを巡らせていたようでしたから。


2016年7月の木漏れ日降るドッグラン


2016年7月 エレベーターの撮影


2020年2月のドッグラン。楽しそうだ

2日間の撮影は、マリアとはもう仲良しの、PETomorrowのスタッフ、カメラマン、レジーナリゾート軽井沢御影用水の旧知の支配人さんや、やさしいスタッフさんのサポートのおかげもあって、マリアが体調を崩すことなく、無事終えることができました。ドッグラン、カフェ&バー、お部屋、朝夕食のシーン、DOG DEPTの新作ドッグウエアのカットでも、マリアはこれまでのように、とびっきりの笑顔で、カメラの前で美魔女犬ぶりを発揮してくれたのです。本調子では決してないものの、本当によくがんばってくれました。感謝です。ありがとう。

 

 

それにしても、ララはマリア姉さんの代わりに、ずいぶん、活躍してくれました。いつもなら、マリア姉さんといっしょに、というか、マリア姉さん頼りに撮影に挑んでいたのですが、今回、ララがマリアのぶんまで大活躍。だから、ララだけのシーンが多かったというわけです。気温は0度近く、軽井沢で育ったわりには超寒がりのララは、写真では分かりませんが、実は、震えながら撮影していたんですけどね。


寒いのでフードをかぶって撮影中のララ

夜のバーシーンでもララは見事に仕事をこなしました

帰り道、軽井沢在住の、ゴールデンレトリーバーや、ララと同じお里の保護犬、プードルの飼い主でもある犬友と合流し(軽井沢で大型犬を診察してくれる動物病院を教えてくれた方)、追分にあるディレッタントでランチ。そのとき、マリアと鼻を突き合わせて仲良くしてくれたゴールデンレトリーバーのリョウ君も、マリアが6月12日に第三の犬生に旅立ったあと、しばらくして、7月4日、8歳11ケ月の犬生を終え、宙に旅立ってしまったんですけどね・・・。天国で、「軽井沢以来だね、わん」なんて仲良くしてくれていると思います。

帰り道、後席でくつろぐマリアとララは、PETomorrowのロケ帰りにはいつもそうであるように、「次回はどんなところに連れていってくれるか、楽しみわんね」なんて会話をしていたようですが、時はコロナ禍真っただ中。しばらくロケが休止になったのは、当然でもありました。マリアにとっては、うちでゆっくりと抗がん治療に専念できたとも言えるし、ボクたち家族も不要不急の外出を控えざるをえず、結果として、マリアのそばにずーっとつきっきりでいられるようになったんです。マリアの晩年とコロナ禍が重なったのは、マリアの持つ強運が働いた、なんて今では思っています。

マリアにとって最後の旅はレジーナリゾート軽井沢御影用水でした

つづく

マリア最後のPETomorrow”わんこと行くクルマ旅”「新型ハスラー」で行く冬のレジーナリゾート軽井沢御影用水 2020年2月公開

前編:https://petomorrow.jp/travel_dog/109178

中編:https://petomorrow.jp/travel_dog/109710

後編:https://petomorrow.jp/travel_dog/109910

文:青山尚暉

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアを149カ月で見送り、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。20164月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「肥満犬」は寿命が2年半も短いって本当? (6.13)

  • ニュース

犬はマンゴーを食べられる?あげてもいい果物とおやつレシピ【春~初夏編】 (6.12)

カットされたマンゴー
  • ニュース

十二支に見る犬(戌)の特徴!陽の気溢れる安産の象徴? (6.11)

  • ニュース

知れば愛犬ともっと仲良くなれる!これが犬が喜ぶ「なで方」だ! (6.10)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る