TOP>ニュース > ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その8

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その8

2019-2020の年越し。抗がん剤の副作用が…

第一回目のカルボプラチン投与後、家に帰ってきたマリアは、どこかホッとしたような様子でした。吐き気などの副作用もなく、夕食も食欲旺盛、ペロリと食べてくれました。

しかし、12月31日。その日の夜中から翌日(元旦)の午前中まで、水様性の下痢が続き、夜中に何回もトイレを往復することになったのです。動物病院は年末年始でお休みのため、かなり不安は募りましたが、幸い、1月1日、元旦の午前中には下痢が治まりました。もっとも、大晦日から元旦にかけて、マリアは下痢をするだけで、衰弱しきった様子もなく、なんとか無事に、2020年の新年を迎えることができたのです。ボクは「マリア、良かったね、おうちで一緒に家族といっしょに新年を迎えられて」と語りかけました。下の写真がその瞬間ですが、意外に、晴れやかな表情をしていたのを今でもしっかりと覚えています。わが家にとって、小さな山をひとつ、乗り越えられた・・・という瞬間でした。何しろ、9月のメラノーマ発覚時には、マリアは年を越せないんじゃないか、という不安さえよぎったのですから。もっとも、もっとずっと…ずっと大きな山が、やがて目の前に立ちはだかることになるのですけどね・・・。


2020年を迎えられた証拠写真です

2020年1月4日。この日が今年初めての診察日です。幕張動物病院で2週に1回のルペオール処方を行い、同時に抗がん剤の観察経過をエクセルにまとめて報告。メラノーマは抗がん剤投与前より小さくなり、効果が実感できたように思います。そして、年末から年始にかけての下痢の症状以外は、マリアは快調そのものでした。この頃の投薬は従来のものと変わりなく、無事に過ごせていたのです。


朝に服用する薬


夜服用する薬

抗がん剤投与から13日目の1月9日。その日の午前中は食欲もあり、いつも通りのマリアでした。が、午後になり、頻尿の症状が勃発。膀胱炎のようだったので幕張動物病院に連絡しました。処方された抗生剤は飲ませてはいけないという診断、判断をいただきました。これから来院することが可能かどうか聞かれたのですが、その日は用事があり明日、近所のホームドクターに連れていく旨を伝えたのです。

幕張動物病院の小野先生からは、これから高熱が出る可能性があり、その時は処方された抗生剤を飲ませるように、との指示がありました。

その日の夜、40度の高熱。処方された抗生剤を飲ませても、吐いてしまい、服用できません。一晩中頻尿と高熱で、マリアも、その看病にあたったカミサンも、一睡もできない、かつてない緊急事態となったのです。

翌日、1月10日。朝一番に近所のホームドクターに駆け込みます。なぜ、幕張動物病院ではなく、近所のホームドクターを頼ったかと言えば、この日から幕張メッセで自動車関連の一大イベントがあり、幕張方面に向かう首都高湾岸線、国道357号線、そして湾岸幕張出口付近が大渋滞していたからです。

ホームドクターは血液検査で白血球と血小板の数値が異常に低いと驚いていました。ステロイドを投与して良いかどうか、幕張動物病院の先生に確認を取りたいということになりました。この日は幕張動物病院も診察日で、すぐに連絡がつきました。先生同士で話してもらい、結果、幕張動物病院の小野先生の指示のもと、ステロイドではなく、点滴(2種類の抗生剤)を午前と午後の2回に分けて行うことになったのです。

しかし、マリアはフラフラです。自身で歩けない。そこで、押し入れから引っ張り出してきたのが、10年近く前に、ボクが昔着ていたド派手なシャツを、犬友の奥様がリフォームして仕立ててくれたハーネスです。ついに、悪い意味で役に立つ日が来てしまった・・・。


重病なのに派手・・・。ごめん。   


機材の関係で、床にタオルを敷いて緊急対応

この日は、マリアが暖かく、より快適に休め、眠れるようにと購入した、大型のクッションベッドが届きました。ただ、思ったより大きすぎた。マリアが2頭、横になれるぐらいの大きさだったのです。それをいいことに、ジャックラッセルのララもちゃっかり一部を占領。いや、マリアを心配して寄り添ってくれているのかな。


マリアとララが寝てもこのゆとり

翌日、1月11日も、午前と午後の2回の点滴のために、ホームドクターの動物病院に通院。熱は多少下がったものの、「生涯食いしん坊」をモットーとしていたはずのマリアに食欲はまったくありませんでした。発熱から3日目。午前の点滴。ようやく熱も下がり始め、食欲が出てきたところで、ホームドクターの勧めでヒルズの特別療法食「回復期ケアa/d缶チキン」を与えたところ、なんと完食。頻尿感は多少、残っていたものの、点滴は終了。ホームドクターのすすめで針とお灸を施術することになりました。この動物病院へは、ララも付き添ったのですが、近くでマリアを心配そうに、微動だにせず、じっと眺めていました。ここ最近、大好きなマリア姉さんが辛そうにしていることを、きっと、犬心に分かっているのでしょう。帰宅した夜、マリアは食欲もあり、ご飯を完食しました。


マリアを心配するララ


お灸にもチャレンジしました

1月12日も通院。熱は平熱(38・4度)に戻り、抗生剤のみ注射。マリアの足取りはしっかりしてきて、散歩にも積極的に出掛けられるようになりました。


ホームドクターによる針治療中のマリア

そんなとき、ホームドクターから、「これからは好きなことをしてあげてください」と言われました。マリアの余命はもう長くはないのかもしれない・・・というメッセージのように聞こえ、感じました。抗がん剤の副作用を目の当たりにして、今後は抗がん剤を止めたほうがいいのではと、ボクたちは強く思うことになったのです。


このころ聴診器も購入しました

1月17日。2回目の抗がん剤投与の日です。この日、抗がん剤の副作用が出てしまったショックから、抗がん剤はここで止めようと、心に強く決めて、幕張動物病院に向かいました。しかし、先生は副作用の報告に、まったく驚く素振りはなく、動じず、想定内という感じでした(ここが先生の頼りがいのあるところなのです)。そして今後は副作用を想定した薬を服用させて対処しましょうということに。この日、血液検査の結果は正常に戻りましたが、1回目の抗がん剤で副作用が強く出たため、抗がん剤の投与を一週間のばしましょうという結論に至りました。

抗がん剤の副作用が強く出て、怖くて止めてしまう飼い主も多いそうです。我が家もそのつもりでしたが、先生はボクたちが不安に感じてることを的確に、テンポよく答え、説明してくださり、不安はずいぶん払拭されたのです。もう一度、先生を信頼し任せるしかないと、決めました。

なお、本稿は抗がん剤を検証したり、効果を実証しているものではありません。わが家のラブラドールレトリーバーのマリアに対するわが家の治療方針、選択肢であることを理解下さい。

つづく

文:青山尚暉

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアを149カ月で見送り、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。20164月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

私が離れると焦って追いかけてけるムギです。 (6.18)

  • ニュース

犬を犯罪に利用するなんて許せないし、悲しすぎる (6.17)

  • ニュース

那須高原の”わんこと行くクルマ旅”でDOG DEPTの最新作を着用したよ (6.16)

  • ニュース

「猫が毛玉を吐く光景」について思う、イメージと現実の違い (6.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る