TOP>ニュース > ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その2

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その2

総合病院での検査と映画「ワンダフルジャーニー」の鑑賞

この連載は、2019年9月に発覚し、以来、9カ月のあいだ、メラノーマという悪性黒色腫という非常に悪性で進行の早い口腔内皮膚がんと、家族一丸となって闘ったラブラドールレトリーバーのマリアの闘病記を、日々のメモと写真を頼りに、その発覚から、わが家の治療方針と動物病院や薬の選択、詳細な治療方法、薬の副作用、手作りの療養食づくり、食事の与え方、お散歩や介護の仕方、そして最後の緩和ケアなどについてお伝えするドキュメント(記録)です。同じような病と闘っているわんことその飼い主さんにとって、少しでも参考に、力になればと思っています。それは「自分の闘病を決して無駄にしないでね」というマリアの心の叫び、遺言でもあるのです。

2019年9月19日の総合病院でのCT検査へは、カミサンと二人で向かいました。マリアは朝の食事を抜き、リキッドのみOKとのことでしたが、マリアはリキッドをまったく飲もうとしません。何かいつもと違う気配を感じてるのか、嫌いなのかわかりませんが・・・。

病院に着いて担当医から検査の説明や費用の提示がありました。CT検査は麻酔をして行います。麻酔をするついでにマリアの左瞼の際にできたイボの切除をお願いしました。瞼のイボは眼球に入り、とてもうっとおしそうでかわいそうでしたから。前回の歯石除去以来、麻酔が怖くて切除を決断できず、これまで先延ばしにしてきたのです。

今回のCT検査はイボの切除手術も加わり費用は予想より高額で驚きました。実はマリアは8歳のころペット保険加入。その後、甲状腺機能低下症と担泥症が発覚し、大型犬のため毎月の投薬費が高額でした。また、良性ではありましたが、10歳で脾臓の摘出手術をしたことも。そんな経緯があるからなのか、ある日突然、保険の更新を断られました。それ以降、医療費は全額負担のため、きびしかったですが、マリアのためなら出来る限りのことはしてあげたいという気持ちは夫婦ともに同じでした。そう、これまでマリアがどれだけ、わが家に幸せと笑顔をもたらしてくれたか・・・。

そしてこのPETomorrowなど、10数年にわたり、自称自動車評論犬!?ペットと泊まれる宿評論犬!?旅するラブラドールレトリーバー、モデル犬、晩年は美魔女犬女優!?として、多くの媒体で活躍し、連載を持ち、笑顔を見せてくれて、編集スタッフやカメラマン、ホテルスタッフ、フードメーカーの方々、マリアが愛用していたドッグウエアやグッズのDOG DEPTのスタッフなど多くの人たちの愛されてきた、と思っています。わが家自慢の看板娘(犬)でもあるのですから、躊躇することはありませんでした。

  

ボクたちは午前中に、「マリア、大丈夫だよ、なにも心配することはないよ。すぐに迎える来るからね」とマリアに声をかけ、体中を撫でてあげてから、病院にマリアを預けました。とはいえ、ボクたちはお迎えの午後5時まで時間をつぶさなければなりません。そこで、病院からクルマで20分ほどの距離にある大きなショッピングモールに向かい、そしていい機会なので、夫婦で映画鑑賞をすることにしたのです。ちょうど、愛犬家なら必見、誰もが涙を流したはずの「僕のワンダフルライフ」の続編となる「僕のワンダフルジャーニー」が上映されていて、ボクたちは迷わずその映画を観ることにしたのです。


「僕のワンダフルジャーニー」より

映画「僕のワンダフルジャーニー」のストーリーは、これからマリアの死と向き合うことになるかもしれないボクたちの不安を、ほんの少し和らげ、癒してくれました。愛犬は飼い主を信頼しとても愛してくれていること。犬は死を恐れていないこと。そして生まれ変わってまた会えること・・・。この映画から、ボクたちはこれから起こるであろう困難を、諦めずに乗り越え、この先も明るくマリアとともに過ごしていかなければという思いを、強く決意できたのでした。

そして、この先、なにかあっても、映画のように、また生まれ変わったマリアに必ず会えると信じることにしたのです。本当に、この日のこんなタイミングで観ることになった「僕のワンダフルジャーニー」のストーリーに、心底、救われたのでした。「僕のワンダフルライフ」とともに、愛犬家にとって本当に価値のある、マリアの想い出とともに、一生涯、ボクたちの記憶に残るであろう映画になったのです。

つづく

文:青山尚暉

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

1位はどの子?2020年全国の宿自慢の「看板犬ランキング」 (12.2)

  • ニュース

犬と猫の同居生活!いつから一緒に暮らすべき? (12.1)

  • ニュース

愛犬と行けるランチスポット「ビーチサイドカフェ鴨川」 (11.30)

  • ニュース

大雨の結婚式に現れた泥だらけの野良犬 (11.30)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る