TOP>ニュース > ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その1

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その1

マリアの闘病記から皆さんに伝えたいこと


マリア

2007年9月28日、鹿児島の崩壊した繁殖場からまさに九死に一生の幸運を受け、地元のボランティアさんの努力によってレスキューされ、「幸せになるんだよ」と、向日葵の首飾りをつけてもらい、東京へ送り出されることになった小さなラブラドールレトリーバーの女の子。鹿児島時代はボランティアさんにその白味がかった毛色からエクリュという名前でした。

当時、2歳半のマリアは、以来、わが家が里親として引き取り、以来、家族の中心となり、”一夜にしてわんダフルライフ”を謳歌し、家族とともに12年9カ月の日々、思い出を重ねました。そして、およそ14歳9カ月歳となった2020年6月12日、0時35分。わが家のリビングルームのマリアのお気に入りの場所で、カミサンとボクに看取られ、心静かに、安らかに第三の犬生に旅立ったのです。

2019年9月に発覚し、以来9カ月のあいだ、メラノーマという悪性黒色腫という非常に悪性で進行の早い口腔内皮膚がんと、家族一丸となって闘ったマリアの闘病記を、日々のメモと写真を頼りに書きました。

わが家の治療方針と動物病院や薬の選択、詳細な治療方法、薬の副作用、手作りの療養食づくり、食事の与え方、お散歩や介護の仕方、そして最後の緩和ケアなどについてお伝えしたいと思います。同じような病と闘っているわんことその飼い主さんにとって、少しでも参考になればという願いです。

口腔内に異変発覚

2019年の夏、この小学館PETomorrowの”わんこと行くクルマ旅”でフジプレミアムリゾートのフォレストヴィレッジを訪れ、素晴らしい富士、河口湖での緑溢れるプレミアムなリゾート体験をのびのびと堪能し、ジャックラッセルのララとともに悠々自適なシニアライフを送っていたはずのマリアでした。


2019年7月フジプレミアムリゾートにて

マリアの歯茎の異変に気付いたのは、それから2カ月が過ぎたころのことです。毎夜、寝る前に行っている歯磨きをしているときでした。左下の奥歯の歯茎がぷっくり腫れていたのです。マリアは2歳半まで劣悪な環境にいた繁殖犬だったので歯が弱く、数年前から、それまで大好きだったガムが食べれなくなっていたため、歯周病が進行していたことは事実です。

そのまま放っておくわけにはいかず、麻酔をした歯石除去を決行。術後、麻酔からの目覚めが悪く、目もうつろでふらついて歩いていたのを見て、もう二度と歯石除去はしないと決め、毎日の歯磨き習慣を決心したのです。

マリアは抵抗する事なく、歯磨きが寝る前の日課になっていたある日、口腔内の水膨れのように腫れたところから大量の出血があり、これは普通ではない・・・と感じ、翌日、近所のホームドクターを受診することにしたのです。それは2019年9月3日のことでした。先生は簡単な検査で悪性腫瘍の疑いが濃いという判断でした。そしてCTの設備がある大きな病院での検査をすすめられました。

我が家は、予防注射や毎月の持病の診察や投薬は近所のホームドクターにまかせ、それ以外の詳しい検査や麻酔を要する手術、入院は、自宅から遠くにはなっても、大きな総合医療センターにお願いしてきました。言うなれば、セカンドオピニオンです。もちろん、ホームドクターとの関係も良好に保つため、きちんとお話をして了承も得ています。

検査の結果やその後の治療は近くでないと通院も大変なので、病院どうしの連携もしっかりと取ってもらっているのです。そのおかげで、今まで早期発見によって、手遅れにならなかったことが何度かありました。

すぐに、マリアが長年お世話になっている総合医療センターのセンター長に連絡し、CTの予約をしました。とはいえ、検査日は早くても9月19日になってしまうとのこと。だいぶ先になりますが、今まで、絶大な信頼をしてきた総合医療センターの先生に診てもらう以外の選択肢はありませんでした。ホームドクターは「メラノーマでなければいいのですが・・・」と何度も心配してくれました。

ボクたちは、「マリアは14歳の高齢。特にレトリバーはがんに侵されることが多い犬種なので(先代のゴールデンレトリーバーのナナもそうでした)、とうとう来るものが来てしまった・・・」ぐらいにしか考えていませんでした。

その時点では、早期発見だから大丈夫と、それほど深刻に考えていなかったように記憶しています。そして、メラノーマの本当の恐ろしさ、これから9カ月におよぶメラノーマとの壮絶な戦いを強いられることなど、まだ知る由もなかったのです。

つづく…

文:青山尚暉

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その8 (11.29)

  • ニュース

おめでとう。犬用ケーキでお祝いするふたり (11.28)

  • ニュース

シュバッ!バシッ!ガウガウ~!!どうなってんの?笑 (11.27)

  • ニュース

犬はチンパンジーよりも人に似ているって本当? (11.25)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る