TOP>ニュース > 犬用肉の脂で飢えをしのぐ未来の大女優

  • ニュース

犬用肉の脂で飢えをしのぐ未来の大女優

虹の橋を渡る日まで

舞台公演がコロナですべてキャンセルされてしまい、本当にお金が無くなってしまった。家賃を払ったら貯金通帳の残高がゼロになり、劇団事務所で「明日から食べるものがホント無い」と大騒ぎしたところ、マネージャーが老犬シッターのアルバイトを探してきてくれた。

一人暮らしの高齢の飼い主さんが急に入院してしまい、家に老犬が残された。その犬の世話をするアルバイトで、散歩と食事、犬がいる部屋の簡単な掃除が主な仕事らしい。犬は大好きだし、働けるならば何でもやる。二つ返事で引き受けた。

マネージャーから「後援会の紹介だから、絶対に粗相のないように」とカギを渡され、その足で犬に会いに行った。玄関のドアを開けたとたん、元気な犬が猛烈に尾を振って私を大歓迎してくれた。こんなに喜んで歓迎してくれるとは思わなかったので、嬉しくて、仕事を忘れて遊んでしまった。

高齢犬というからヨボヨボの子を想像していたのに、脚はしっかりしているし、大きな声で吠えるし、普通に元気だったので安心した。万が一、私の不注意で犬にトラブルがあったら大変だと、ちょっと緊張していたのだ。

犬は初対面の私にもフレンドリーで、よほど寂しかったのか、喜んではしゃぎまくり、部屋中を駆け回る鬼ごっこがはじまった。広い家の中を遠慮なく犬と一緒に走り回っていると、コロナで先行き不安な気持ちが吹き飛ぶ。

遊んでいるうちにあっという間に時は経ち、食事時間になった。マネージャーから渡された飼育に関するメモを読む。それによると「定期的に犬用の肉が届いて、冷凍庫に保管される。それを解凍して細かく刻んで焼き、冷ましてからフードにのせる」と書かれていた。

犬用の肉を冷凍庫から取り出してみる。人が食べない特殊な犬用肉なのかと思ったら、袋にはなんと「栃木県産高級黒毛和牛」という金ぴかのシールが貼られていた。冷凍されて色は悪いけれど、焼いているうちにとてつもなく良い香りがする!

テフロンのフライパンの上でじゅうじゅうと音を立てている黒毛和牛って、こんなに良い香りがするものなのか。昔、ファンに連れて行ってもらった高級焼肉だって、こんなに良い香りはしなかった。この香りだけでご飯が何杯も食べられちゃいそうだよ。

犬が食べられるんだから、人にだって大丈夫なはずだよね?後ろめたさを感じつつも、細かく刻んだ肉をひとかけら、味見してみたら、高級牛肉の素晴らしい脂が口の中で爆発した。なんて美味しいお肉なんだろう!

これが本物の黒毛和牛なのかあ・・・口の中でとろけた脂が喉をゆっくり伝わり、胃粘膜にしみとおる。体中が肉にみたされて、まさに「五臓六腑にしみわたる」美味しさだった。

「ごめんね、あなたのお肉、ちょっとだけ試食させてもらったよ、ありがと」とフードの上に和牛をトッピングして犬に与えた。普通に美味しそうに食べている犬を見ていたら、なんだか切なくなってきた。黒毛和牛を食べ続けてきた犬と、和牛なんてめったに食べられない私。今まさに人生最大の財政危機に直面している私だけど、思えば生まれてからずっと、貧乏だったっけ。

貧乏でも、女優を夢見て上京してきて、劇団だけが自分の世界と信じてやってきた。でもその世界が今、危機に瀕している。「これからどうすればいいんだろう」ごはんを食べ終わった犬を抱きながらソファーに寝っ転がって泣きそうになってしまった。コロナで先が全く見えない。このまま劇団は解散してしまうのだろうか。私が舞台に立つ日は、もう二度と来ないのかな。

犬がくすぐったそうに身をよじって私の顔をなめてきた。臭いけれどいい匂いがする。口をペロペロなめてきたから、肉を食べたのがバレたかしら?「美味しいお肉、ごちそうさま、ありがとねー大好きー」と撫でながらキスしたら、もっとやれと身体を押し付けてくる。何て可愛い子なんだろう。黒毛和牛にふさわしい子だわ。

犬って幸せだな。飼い主さんがいなくなっても、こうやって愛してくれる人と楽しく過ごせる。目の前の幸せをがっちりつかんで、先の不安なんて考えない。

私も犬と同じように、バイトが見つかった今の幸せをがっちりつかんで、不安な将来を考えるのをやめてみようかな。飼い主さんが退院するまで、この家で犬と一緒に飼い主さんを待とう。

そうだ!次はフライパンに残った黒毛和牛の脂を使って、焼きめしにすれば良いんじゃないの?さすがに犬のお肉を横取りして食べるのは悪いから、お肉じゃなくて残った脂の方をいただいちゃおう。いつか犬用肉の脂を食べて飢えをしのいだエピソードを、おもしろ可笑しく話せる日がくるといいな。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼育放棄ゼロへの挑戦!アニマルコミュニケーションとは? (10.23)

  • ニュース

犬を迎え入れる前に真剣に考えて欲しいこと。 (10.22)

  • ニュース

18世紀フランスを恐怖に陥れたジェヴォーダンの獣、正体は犬? (10.21)

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その2 (10.21)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る