TOP>ニュース > 20歳7ヶ月そばにいてくれた愛猫「たんたん」への想い

  • ニュース

20歳7ヶ月そばにいてくれた愛猫「たんたん」への想い

長い年月をともに過ごした特別な存在へ、「ありがとう」。

「自分の中で猫が特別な動物になるきっかけをくれた子。」こくさん(@mana04lemoned)は、20歳7ヶ月生きてくれた愛猫のたんたんちゃんを、そう表現します。

たんたんちゃんとの出会いで「猫」が特別な動物に

最愛のたんたんちゃんとの出会いは、思わぬハプニングから。

「初めて飼った猫のちゃちゃが賢くて、発情期に網戸を開けて脱走してしまい、たんたんを含む5姉弟を産みました。」

こうして家族になった、たんたんちゃんは温厚な性格に。

「悪いことは全くしなかったので、強く叱ったことはほとんどありませんでした。まれに強く叱ると、とてもショックを受けていて…(笑)。」外が大好きなたんたんちゃんのため、こくさんは晩年でもリードをつけてお散歩。生き生きと歩く姿を微笑ましく見守っていました。

猫が特別な動物になったのは、ちゃちゃちゃんが癌で亡くなった時、亡骸に寄り添うたんたんちゃんの姿を見たから。闘病中、2匹は一緒に寝ることはありましたが、ちゃちゃちゃんの癌が酷くなり、塞がらない傷口からリンパ液が出るようになると一緒に眠ることが少なくなったため、こくさんはたんたんちゃんがそれほどちゃちゃちゃんの病気を心配しているようには思わなかったのだそう。

しかし、亡骸に寄り添う姿を見て、その思いは一変。自分とは全く別の生き物で、お互いに好き勝手しながら同じ空間で暮らしていると思っていた「猫」という動物が、実は自分と近しい感情を持った生き物であることに気づいたのだそう。

「私と同じように感情があって、話せないけれどたくさんのことを感じてるんだなと。親がいなくなるのはどんなに心細いだろうとか、いつも一緒にいた存在がいなくなるのはどんなに悲しいだろうと考えたら、たんたんを守ってあげなくちゃ…と思うようになりました。」

“看取る覚悟”をくれた闘病生活

そんなたんたんちゃんは18歳の時、「甲状腺機能亢進症」になり、体に衰えが見られるようになりました。長生きしてもらえるよう、こくさんは体重と年齢に合ったご飯を与えたり、エアコンでの室温管理を徹底したりしていたそう。他の同居猫に構われずに過ごしたがることが増えてくると、別部屋で生活出来るようにも配慮。「そこで一緒に寝ていました。あと、景観の良いところに引っ越し、外を楽しめるようにもしました。」

だんだん、寝ていることが多くなっていったたんたんちゃんは耳も聞こえにくくなり、晩年にはこくさんの帰宅にも気づけなくなりました。そこでこくさんは帰宅すると、必ず近くで声をかけたり身体を触ったりして「ただいま」と告げていたそう。「そしたら、必ずハッとした顔で起き、まっすぐ目を見ながら『にゃ』と言い、ヨタヨタと近づいてきてくれました。それを見ると、この猫にわたしは愛されているんだなと感じ、嬉しかった。病気になってからは、“最期を覚悟する時間”をたくさんくれました。」

1日も欠かさず、絶対に撫でたり声をかけたりする。かまって欲しい時は出来るかぎり相手をする―。自分の中で愛猫に誓ったその約束を、こくさんはたんたんちゃんが亡くなるまでずっと守り続けました。

後悔はあるけれど、ただただありがとう

けれど、最期の瞬間はいくら心の準備をしていても、受け止められないものでした。前の晩から体調がすぐれなかったたんたんちゃんは強制給餌をしてもご飯が飲み込めなくなってしまったため、こくさんは動物病院へ行く準備をすることに。

すると、寝かせていた部屋から「にゃぁぁ」という声が。呼ばれたような気がして行ってみると、たんたんちゃんは息絶えていました。体調が悪くなることはしばしばあったけれど、まさか今日だとは…。亡くなったたんたんちゃんを前に、こくさんが思ったのは、「とうとうこの日が来てしまったんだ」という悲しみ。「茫然としました。混乱もあり、本当に死んだのか分からなくて、胸に耳を当てたり、名前を呼んだりしました。」

しかし、気持ちが落ち着くと、「本当によく頑張った」という気持ちやこれまで共に生きてくれたことへの感謝で胸がいっぱいに。「苦しい思いをしながらも、何度も危機を乗り切り、傍にいてくれてありがとうと思いました。傍にいて欲しいっていう気持ちにはきりがない。だから、もうこれ以上頑張らなくていいよと伝えました。」


(同居猫たちはお別れをするようにそばにきていたそう)

こくさんは自身の経験を通し、愛猫を看取ることへの想いを、こう語ります。「その時は突然やってくるので、日頃からやれることはできる限りたくさんやってあげて、毎日大好きって気持ちを伝える。その子にとって何が1番なのか考えて、それを満たしてあげられていれば、たとえ人間側に後悔は残っても、それでいいと思うんです。」

こくさんにとって、たんたんちゃんは今でも大切なパートナー。共に生きた思い出は、かけがえのない宝物です。「実はたんたんが旅立つ寸前、病院へ行く準備をしていたら彼氏が怪我をした子猫を拾ってトンボ帰りしてきて。エンジンルームにいて怪我をした可能性があり、ヒゲはちりちりで肉球は火傷。身体は切り傷だらけで、犬歯は一本欠けていました。

その子猫が来た直後、たんたんは息を引き取りました。もしかして、自分の死で悲しまないように…と考えて、子猫を送り込んだのかも。2週間前に出雲大社に行ったこともあり、出雲という名前になりました。」

20年間、一緒に暮らした私のことをたんたんはやっぱりよく分かっていた。そう笑うこくさんは忘れたくない大切な記憶を抱えながら、新しい命と向き合っています。

取材協力:こくさん(@mana04lemoned)

Twitter

https://twitter.com/mana04lemoned

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

いつも一緒だよ。ともに旅をする犬と猫 (10.26)

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その3 (10.26)

  • ニュース

どのタイプの首輪が愛犬にいいの?犬の首輪の選び方 (10.25)

  • ニュース

え!?一瞬目を疑う仰天犬猫写真10選 (10.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る